言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団ヒステリーに巻き込まれぬよう

<<   作成日時 : 2011/03/16 10:09   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

昨夜遅くに東海地方で大きい地震があり、同時に余震もあってこちらも揺れましたが、皆様ご無事でしょうか。
東北の被災地では厳しい寒さに見舞われているようで、週末まで続くとのこと、大変心配です。
極限状態の2日間は命取りです。
地震と津波を生き延びた人たちへ、一刻も早く救援を届けたいです。

NHKの朝の番組で携帯電話の不要不急な利用を、被災地以外の地域でも控えることで被災地での携帯電話が繋がりやすくなるということをやっていました。
また、物資については都心近郊でも生活必需品が棚から消えたり、燃料を少しでも確保しようという動きがありますが、製造と物流が止まっているわけではありませんので、慌てずに必要分と多少の備蓄分だけで節約していきましょう。ちょうど必要があって買わねばならない人まで買えなくなってパニックを誘発します。
トイレットペーパーとか1ロール使い切るのに何日かかるか、落ち着いてちゃんと計算すればわかるでしょうに・・・。

不安の一因として、地震のほかに原発の問題もあります。
現在も予断を許さない状況で推移していますが、報道が非常に切迫したどちらかと言えば感情的な伝え方をしているために、危機意識と緊張感で張り詰めている人たちが半ばパニックに陥りかかっている印象です。

昨日は朝から原発関連のニュースは悪い知らせばかりの勢いで、みんな固唾を呑んで見守ったような状態だと思います。
各地で放射線量の観測がなされて、ネットでも報道記事の見出しが躍っていましたが、通常の20倍だの40倍だのとまさに『見出しが躍る』といった状況。
ちゃんと記事の内容を読めば、さいたまの40倍にしても1222ナノシーベルト(1.222マイクロシーベルト)。
長期に渡って継続して数値が上がり続けていけばそりゃ心配ですが、一般として「被爆」を考える際に問題にならない数値です。
msn産経で出た記事(http://sankei.jp.msn.com/region/news/110315/tky11031514160001-n1.htm)を参照して頂くと分かりますが、1つの記事内で数値の単位が違うのは問題です(東京はマイクロシーベルト、さいたまはナノシーベルトの表記)。故意なのか数値の発表をそのまま使ったのかは知りませんが、不安を煽りすぎ。

万が一のことがあった場合の退避範囲がどのくらいになるのか、自分が住んでいる地域が福島第一原発から何キロ圏内にあるのかくらいは把握しておいてもいいでしょうが、もっと冷静な報道ができないものかと思います。
ちなみに、天気予報で風向きも知らせるようになりましたが、放射性物質の拡散については、放出された状態や高さ、気流があるとずいぶん変わるそうですね。

チェーンメールなんかも出回ってるみたいですし、報道各社があっちこっちの専門家に聞いて記事書いたりとかしてますが、専門家の見解にしても「どういう状況を想定してもらってきた回答であるのか」が分からないので、報道は本当にしっかりしてくれと。
NHKで対処法を流しているのは、現在の退避範囲の方向けですし。


某巨大掲示板にしても、スレッドの中まで読むと集団ヒステリーの様相です。
現在の原発関連については、ニュースのRSSくらいに考えています。
自分自身もそうですけど、惑わされることなく落ち着きましょうね。


現時点で重要なのは、原発とその周辺地域の対処、そして被災地域への支援が届いてないところ。
それ以外の周辺地域は不安もありますが落ち着いて、まずは自分たちが支援の妨げにならないように自重しましょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。通りすがりのものです。
私と同じように考えてる人がいて安心しました。

私は、単位の違いもそうですが、地域ごとに異なる基準値に対する相対値で何倍と言うのをいい加減にやめて欲しいと思っています。
このような事態になって、ようやく繰り返し絶対値としての意味を繰り返し報じるようになってきましたが。

妻や母、子供たちには繰り返し説明し、地元市原市での観測値か一時間毎に計測、公表されるので適切に理解するようになってきましたが、今日出社してみたら会社も若い人たちを中心に混乱気味でした。

みんな、このあとエネルギーをどうするかを含む自分たちの問題なのだから、ヒステリーを起こしたり、自暴自棄になったりせずに落ち着いて欲しいもんです。

私は…当日、何が起きてるかわからないまま、帰宅中にコスモ石油のタンクが爆発するのを近距離で見た時の方があせりましたよ。いつもの風景に爆弾が落ちたような爆炎が3度も上がって、広がった炎が迫って来るように見えたので(^_^;)
つよし
2011/03/16 22:17
>>つよしさん
はじめまして^^ コメントありがとうございます。

 >コスモ石油のタンクが爆発するのを近距離で見た
お怪我はなかったですか?ご無事でよかったです。

 >地域ごとに異なる基準値に対する相対値で
  何倍と言うのをいい加減にやめて欲しい
本当にその通りです。思っていても文章にできない辺り、私もかなり慌ててしまっているようです^^;

測定数値の公開は本当に大切ですが、数値の意味と「どう見たらいいのか」という理解が進まないと逆に危険ですね。政府には進捗状況などの把握をしっかりとして適切な情報発信を、報道には正しい啓発をしてほしいと思います。

現在も必死の努力が続いている中、こればかりは作業をされている人たちの無事と事態の収束を祈るしかできませんが、情報を整理してちゃんと理解していくことはできますから、私も努力したいと思います。

余震がまだ続いていますから、ご家族皆様でどうぞ気をつけてお過ごしくださいね!
ねこねこ
2011/03/17 07:06
お返事&ご心配いただきありがとうございます。
近距離と言っても直線で2キロくらいなので、ケガするようなことはありませんでした。
今も鮮明に覚えてますが、核実験の映像と一緒で、巨大な爆炎が上がってから数秒遅れで爆音…というより衝撃波って感じの音がするんですよ(^_^;)

さて、今週も終わりにさしかかると、メディアは繰り返し絶対値の説明をするようになりましたね。
自治体も24時間体制で計測値を公表するようになりました。
(手作業なんですよね。頑張ってると思います)
社内や街角の会話でも、絶対値で冷静に判断しようという声が聞こえてくるようになってます。
いい傾向だと思います。

むしろ、さんざん核実験やってきたくせに、これだけ情報が出てるなかでビビりまくってる米、仏、中の連中が滑稽に見えます。
特に米は自国内で薬局でヨウ素の買い占めが発生したそうで…
あとは国レベル、政府と役所がダメダメですね。自衛隊や消防、警察、自治体は頑張ってるのに。
緊急事態を脱したら、今回のダメなところを検証したら、色々世の中が変わりそうな気がします。
つよし
2011/03/19 10:04
>>つよしさん
距離があって本当によかったですねぇ・・。

公開されている計測値、うちでも参考にしています。
更新がどのくらいでなされるのか分かりませんが、今日の数値が文科省のHPで更新されていなくて、まさか週末だから止まってるとかじゃないだろうなと思ってます。

米西海岸での騒ぎは、報道記事を読んで
「本当にご迷惑と心配かけてごめん」
と思う反面、
「お前ら広島と長崎にやったじゃーん」
なんて思ってしまいました^^;

ただ、米国の機動力というのは今回本当に目を見張るものがあって、原子力に関する対策も進んでいるなとつくづく思いました。
日本のやり方は指揮官が責任とりたくない症候群らしくて、かつての大戦末期の人員投入を思い浮かべてしまい、胸が締め付けられる思いがします。
現場の方たちの無事をずっと祈っています。

落ち着いたら、今の政権と与党には絶対責任取らせましょう。多方面への検証作業が必要ですが、必ず良い方向へ変えられるっていう空気感を私も感じています^^
ねこねこ
2011/03/19 15:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
集団ヒステリーに巻き込まれぬよう 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる