言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS HUBロケット打ち上げ成功おめでとう!

<<   作成日時 : 2009/09/11 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

昨晩夜中に種子島で打ち上げられたHUBロケットの打ち上げ動画ですっかり興奮しているねこねこです^^;
1週間後の国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングも、成功を祈っています!
ニュースの扱いが小さいとか、ネット中継が時間も時間だったので見逃した!という方は、是非是非ご覧になってみてください^^

H2B初号機 打ち上げ成功、無人輸送機 軌道に
YOMIURI ONLINE http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20090911-OYS1T00231.htm
 国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を届ける無人輸送機「HTV」を積んだ国産の新型ロケット「H2B」初号機が11日午前2時1分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げられた。食料や衣服、大型実験装置などを積み込んだHTVは打ち上げから約15分後に予定通り切り離され、軌道への投入が成功した。18日にISSとドッキングする。

 宇宙航空研究開発機構と三菱重工業が共同開発したH2Bは、全長56メートル、直径5・2メートル。従来のH2Aより一回り大きく、主エンジンはH2Aのエンジン2基を組み合わせ、発射能力を1・4倍にした。

 HTVは高さ9・8メートル、直径4・4メートルの円筒形。11月上旬にISSから離れ、大気圏に再突入して燃え尽きる。

 同機構は来年以降も2015年まで、HTVを毎年1機ずつH2Bで打ち上げる予定。現在、ISSへの輸送はスペースシャトル(米)やプログレス(露)などが行っている。スペースシャトルが退役する来年以降、HTVは大型装置を運搬できる唯一の輸送機になる見通し。




距離のあるところからの動画↓
スピードありますね〜
今のロケットって、こんなにスムーズに上がっていくものなんですね!



【参考】JAXA(宇宙航空研究開発機構)によるプロモーションムービー


JAXAでは今後のドッキングの模様もネット中継されるようですから、時間の都合のつく方は接続してみる価値はあるかもしれませんね^^


中学校かなぁ、卒業文集の「将来の夢」で『宇宙飛行士になりたい』と書いたねこねこですが、今ではすっかり文系脳(笑)
それでも、こういった成果を見ると夢を思い出しますし、一度打ち上げをこの目で見たいと心躍ります。

そしていつも思うのは、この打ち上げを支える技術力や製造力といったものですね。
細かい部品にも厳しい精度が求められる中、そういうものを個人でやっている町工場が作っていたりする、下から強力に支える高い技術は本当に日本特有の財産であると思います。


上の動画を見て思ったんですけど、ロケットの立ち姿が本当に美しいですね。
日本の技術者さんたちが技術の粋を結集して作ったものって、なんというか…伝統工芸品に通じるような美しさがあります(日本の仕上げにこだわる職人気質がひしひしと伝わってきますよ)。
運用においても、ひとつめの動画は打ち上げの際の緊張感がとても伝わってくるのですが、例えるならば十分に準備して臨んだ受験の時のような落ち着いた緊張感です。
いやもちろん、こういうプロジェクトは常にそうじゃないと困るわけですが(笑)、こういう緊張感てイイですよね。気持ちいい^^

米スペースシャトルの退役後、新しい技術の投入まで、国際貢献としての価値も非常に高いですし、これからも応援したいと思います。
いや〜、「いい仕事」を目の当たりにするのって、気持ちいいなぁ。
ねこねこに子供がいたら、もー絶対見せますこれ(笑)


ところでこのJAXAも独立行政法人、こういったものも公共事業のひとつですけど、まさか見直すとか言わないですよね、民主党さん?(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
HUBロケット打ち上げ成功おめでとう! 言うだけならなんとでも。/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/10 02:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ロケットも素敵ですけど、今回の打上げで機動投入に成功したHTVも素敵です。
一見、地味な宇宙ステーションへの補給システムなので、マスコミとかはあまり取り上げちゃくれませんが、衛星軌道への補給は長期宇宙開発の第一歩です。
これが効率よく回り始めれば、地上ではなく衛星軌道上に宇宙探査機建設基地を設けることができ、月面基地建設までの道のりを飛躍的に縮めることが出来ます。
もちろん短期的なメリットとしての国際貢献もありますし、日本がISSへの補給を請け負うことで、高額なISSの家賃・光熱費を相殺してもらうことも可能です。

ウチの息子には、いつか絶対に種子島で、実際の打上げシーンを見せてやりたいです。(私も見たいしw)
Tonapa
2009/09/13 09:11
>Tonapaさん

>高額なISSの家賃・光熱費を相殺してもらうことも可能
あっwこれは思いつかなかった(笑)
今回、相当な低予算開発で大幅なコストダウンに成功してますし、今後7年間で運用の効率化が図られれば、米スペースシャトルの後継機と連携してこれまでできなかったことができるようになりそうですね。
軌道上はもう各国の衛星などで相当混雑しているみたいですけど、宇宙探査機建設基地と合わせて観測基地なんかも軌道上に置けるといいですねぇ。

本当に子供に見せてやりたいNo.1だと思いますよこれ。
でも、子供に見せたいものは親が見たいものだったりするのは世の常ですね(笑)
ねこねこ
2009/09/14 14:24
ねこねこ様
一連のぶしつけな私の投稿に対して、なるほどと思えるご回答をありがとうございました。
これはお願いですが、私の二重投稿は、見苦しいのでどちらかを削除して下さい。
さて、今回の打ち上げ実験についてですが、ねこねこ様は本当に実験が成功したことをご自分の目や耳で確認されましたか ?
私は、宇宙開発、防衛、土木・建設などの巨大プロジェクトは、それらのほとんどが利権がらみで、かなりの部分ででたらめだと考えています。
政府やマスコミが発表してそれらしき映像を流せば多くの人々が騙されてしまうことに味をしめた権力者たちは、自分たちの私腹を肥やすために大きな嘘をつきます。
例えば、
映画のスタジオで撮影した映像を放映して人間は月に行っていないのに人間が月面に着陸したと言う。
ミサイルの迎撃実験は成功していないのに、標的になったミサイルを自爆させて成功したと言う。
自分たちでビルに爆弾を仕掛けておいて遠隔操作で飛行機らしきものを突入させたときにビルを破壊して、テロ攻撃によってビルが崩壊したと発表する。
そして、信憑性を高めるために前もって撮影しておいた捏造映像をたまたま居合わせたアマチヤカメラマンが撮影したことにしてマスコミで報道する。
また、それらの発表や報道に同調して日本国民を騙す。
道路、ダム、橋などの建設において、本当はそんなに膨大な費用はかからないのに必要だということにして予算を取る。
自分たちに都合の悪い言論人たちを痴漢などの冤罪をでっち上げて罪に陥れて刑務所に送る。
これらは全て、自民党のお家芸でした。
もう一度お尋ねします。
今回の打ち上げ実験についてですが、ねこねこ様は本当に実験が成功したことをご自分の目や耳で確認されましたか ?

吉田
2009/10/10 11:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HUBロケット打ち上げ成功おめでとう! 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる