言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 与党になったからって何やってもいいわけじゃないですよ?

<<   作成日時 : 2009/08/31 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

衆院選が終わりました。
有権者の大勢は民主党を与党に押し上げることで政治が変わると判断したようです。
これから大きなリスクを負うことになるのを覚悟の上で支持されたのだと解釈して、今後の行政をよく見守っていきたいと思います。
(ねこねこの地元では、自民候補者さんが小児科の医師で、小児科医療に関して色々とご意見をお持ちだったので支持しましたが、残念ながら民主党の候補者さんが議席を獲得したようです)
ところで、開票速報を尻目に今回の選挙関連のニュースを改めて見ていたねこねこは、なんじゃこらと思う小沢氏の発言を見かけました。
28日に高知県いの町で行われた街頭演説でのこと。

「いい政府、皆さんの1票で」=小沢氏、初の街頭演説
Yahooニュース(時事通信ソース) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000122-jij-pol
 「あの白人社会の米国でさえ、黒人の大統領を選んでまで変化を求めた。いい政府をつくるのは皆さんの一票一票だ」。民主党の小沢一郎代表代行は28日、高知県いの町で衆院選公示後初めて街頭演説を行い、同党への支持を訴えた。
 小沢氏は「小泉政権以来、改革の美名の下に国民生活を窮地に追い込む政治が行われてきた。政権交代が必要だ」と強調。「自民党に一票を入れておいて政治に文句を言う資格はない。投票を棄権する人たちにも、政治に文句を言う資格はない」と、強い口調で民主党への投票を求めた。
 小沢氏は18日の公示後、候補者の選挙事務所回りなどに徹し、これまで街頭でマイクを握ることはなかった。29日は福岡、石川両県で街頭に立つ予定だ。

「投票を棄権する人たちにも、政治に文句を言う資格はない」というのはその通り。
選挙権がありながらその権利を自ら放棄しているわけですから、当然文句言える筋ではありません。
ですが、自分たちを支持しない者は政治に文句を言う資格はないとはこれいかに(笑)
自党に投票した者はこれからの政治に文句言うなっていうならまだわかりますけど(それはそれでやっぱり問題ですがw)、小沢氏流でいくとねこねこは選挙権剥奪されそうです(笑)

まぁ、演説の勢いというか民主党の追い風というか、勢いとか熱気とかそういうものに背中を押されてついホンネ、といったところでしょうか。
どこの独裁国家のつもりなんでしょう。
(この高知県第2区では、自民党候補が議席を確保しています。支持の理由は色々でしょうけれど)


さて、失言とも取れるホンネがちらりちらりとしながらも、報道されることなく無事選挙を勝ち抜いた民主党ですが、さすがにこれはないだろう!ということを早速はじめましたね。

09年度補正予算を執行停止へ=概算要求も見直し−民主
時事ドットコム http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=eco_30&k=2009083000622
 民主党は政権発足後、麻生内閣が経済対策として策定した2009年度補正予算の執行停止に踏み切る。31日に締め切られる10年度予算の概算要求も見直す方針だ。首相直属の「国家戦略局」を新設し、政治主導で予算の組み替えに着手する。補正予算の執行停止や組み替えで生じた分は来年度予算に振り向け、マニフェスト(政権公約)に掲げた「子ども手当」など目玉施策に優先配分する考えだ。
 民主党の鳩山由紀夫代表は30日夜、民放の報道番組で「(補正予算は)本格的に見直していく必要がある」と述べた。
 補正予算の執行停止や概算要求のやり直しは極めて異例で、予算編成作業の遅れは避けられない。12月下旬が通例の政府予算案決定が来年にずれ込む懸念があり、「越年編成」となれば景気に悪影響が及ぶのは必至だ。民主党政権は景気をにらみながら、難しい課題に取り組むことになる。 
 財務省は民主党の衆院選勝利を踏まえ、補正予算の執行停止に向け、関係省庁と調整に入る。5月末に成立した補正予算は総額約14兆円。主な執行停止対象は、官公庁施設整備費(2兆9000億円)や「国営漫画喫茶」と批判されたメディア芸術総合センター(117億円)といった公共事業のほか、「緊急人材育成・就職支援基金」など46基金への計4兆3700億円の支出。長期的な対策効果を得るため複数年度分が計上されており、未執行額が多い。
 ただ、地方向け基金に関しては、自治体が「複数年契約を交わしたケースもある」(財務省幹部)といい、事業の実施や契約済みなどを理由に執行停止に応じないケースも想定される。また、失業率が過去最悪を更新するなど雇用情勢が一段と悪化する中、「経済情勢を考えれば、停止しにくい事業もある」(経済官庁幹部)のが実情だ。

執行停止って…国会で承認されたものを次の政権を担うからといって信任も受けていない時点で何とかできるものなのでしょうか。
それとも、内閣発足の手続き全部無視します、民意は我にあり!ってとこなんでしょうか。

しかも、公約を果たすための財源を、既に成立したものの組み替えで一部賄おうというのは、それを成立させる国会審議はお前たちもやってたんじゃないのか!
まさか審議拒否とかだったんですかこれ?
まったく行政監視の役割を果たしていなかった、反対だけしていれば仕事をしているように見えた、を自ら白状してどうするんだ。

概算要求に関してはこれはもう仕方がない面もあるかもしれません^^;
いつもなら、大臣の首が挿げ変わるだけだろとばかりに淡々とルーチンをこなしてきた官僚ですが、さすがにこれには動揺しているようです。
官僚政治を壊すなら壊すで、今までそれで滞りなく進められていた行政の事務業務を同じように進められる仕組みを担保してからにしてもらいたいですね。行政に入る議員さんが不眠不休で働くとか。
でないと、社会に対する影響が大きすぎます。
選挙に勝って万歳三唱している議員さんたちを見て、腹立たしかったのはそこです。


今回の補正予算執行停止でどれが滞るかは分かりませんが(上記記事だと46基金ということですし)、自民党の選挙パンフに記載されたものだけでも結構あります。
【資料】※PDF文書です
http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/pdf/2009_keiki03.pdf

パンフの記載から抜き出してみると
 ・エコカー減税
 ・エコポイント
 ・公立小中学校の耐震化/エコ化(太陽光パネル設置)/パソコンや電子黒板の導入
 ・雇用調整助成金拡充(中小企業の雇用維持)
 ・訓練・生活支援給付金(雇用保険を受けていない人の求職支援)
 ・失業者への住宅・生活資金貸付
 ・地域公共投資円滑化のための交付金
 ・子育て応援特別手当拡充
 ・安心子ども基金拡充(新待機児童ゼロ作戦)
 ・授業料減免と奨学金の緊急支援
 ・地域医療再生基金創設(地方の医師不足解消支援)
 ・子宮頸がん・乳がん検診無料化
 ・介護職員の処遇改善助成金
 ・住宅取得資金の父母等からの贈与税減税

いくつかは組み替えられて継続されるものもあるのかも知れません。
例えば安心子ども基金拡充資金あたりは同分野ということで、子ども手当ての資金へスライドする可能性もありますし、授業料減免や奨学金の緊急支援なども同じですね(子ども手当ての終わる16歳以降を見込んでの公立高校授業料無料だと思いますし)。

ですが、ワークシェアリングを推進する中小企業に対する助成金などは、既に担当部署まで作って対応を進めている企業もありますから、今回の影響が悪い方向に出た場合、今後施策に対する企業の取り組み速度が遅れるなどの影響も考えられます。
また、選挙前後に混乱を招かない為に、こういった思い切った施策ができなくなるケースも考えられますから、民主党の支持がいつまで続くかはわかりませんが、継続するなら自分たちの首を絞めることにもなりかねません。

いくら霞ヶ関を政治主導にすると言っても、結局手足となってルーチンをこなすのは官僚ですから(意思決定権限を政治家がきちんと持つというだけのこと)、いきなり信頼を失うようなことにならなければいいのですが…。
ルーチンが上手く機能しなければ、どんな高邁な理念の下に組みあがった施策(そんなものは期待してませんけどw)でも、実際に機能することはできませんからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そしたら、私も当分政治には参加できませんね(笑)

矢継ぎ早に色々されるのは仕方ないんでしょうけど、継続性とかそういうものも考えていただきたいですね。というか、政権与党になるのなら、ただ単に自民憎しとか自らの独自性とかで物事を進めるのって問題じゃないかと思いますよね、普通。まあ、しかし自衛隊海外派兵ひとつとってもすぐ変節できる人たちだからなあ...

それにしても、あれだけ「一党独裁」だの「唯我独尊」だの批判していたのに、自分達がそうなったことについて、どう考えておられるのでしょうかね。個人的にはお手並み拝見というよりは、チクチクチクチクチャチャをいれていきたいと力んでおります(笑)
ファイブ
2009/09/02 22:37
>ファイブさん
民主党が選挙で勝って、素人でも易しく書けるネタに事欠かなくなりましたが、それってレベル下がったってことですよね(笑)

この件て、マスコミでも突っ込んでないですけど、民主党がいかに行政と立法の混同をしているかという証明だと思うんです。
行政の停滞は社会の荒廃に直結しますから、いい加減にしてほしいですね。

っていうか、継続性云々以前に「これから補正予算の内容を精査します」とか言い出してるんですが、成立前の審議中にやらなかったのかよとマスコミがどこも突っ込まないのが恐ろしいです^^;

この調子だと、民主党がこれから法案通す時も「審議なんてお飾り、文句いうな」であやしげな法案をどんどん通しそうですね。どっちが独裁なんだか。
ねこねこ
2009/09/03 11:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
与党になったからって何やってもいいわけじゃないですよ? 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる