言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 色々考えたとりあえずの結果…なのですが(´ε`;)

<<   作成日時 : 2007/06/17 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

フジの『報道2001』のサイトで、表示されている「今週の調査」。
首都圏の成人男女500人を対象にした電話調査ということで、サンプル数が少ない為、あくまでも「何となくの傾向」程度ではありましょうが、なるほど、安倍内閣の支持率は相当落ちたらしい。

【参考】
報道2001 今週の調査


面白いなぁと思ったのは、以下の設問同士の関わり。

1.あなたは次に行われる衆議院選挙では、どの党の候補者に投票したいですか。
   自民党 17.6%(↓) 国民新党 0.2%(↑)
   民主党 23.2%(↑) 新党日本 0.2%(−)
   公明党 3.6%(↓) 無所属・その他 0.6%
   共産党 2.6%(↓) 棄権する 1.8%
   社民党 1.0%(−) まだきめていない 49.2%

2.あなたは、安倍内閣を支持しますか。
   支持する 29.2%(↓)
   支持しない 61.4%(↑)
   (その他・わからない) 9.4%


今の段階でどちらの党に投票するか決まっている人たちは、それぞれの党をずっと支持してきた、いわゆる「ガチな人」たちかなぁと、勝手に思ってます^^;

ところで、面白いのはどこかっていうと、「安倍内閣を支持しない」という人たちが6割を超えるのに、選挙でどの党に投票するかについては、約半数の人たちが保留にしているっていうところ。

支持率低下がすぐに投票の動向に直結しないというのは、主要の自民・民主両党ともに、「決め手に欠ける」ということでしょうかね。
民主党がこれまで積み上げてきた「信頼性のなさ」を考えると、決め手に欠けるのは、「あぁ、いつものことかなぁ」とは思うのですけど(笑)。
自民党が決め手を欠いてしまったのは小泉内閣〜安倍内閣発足までははっきりと有権者に見えていた「明確な目的」というのが見えにくくなっているからなのかなと思います。

そんな状態で、このまま参院選に突入しても、また投票率が下がるばかりだなぁ…などと思っていましたが、なんのなんの、安倍総理頑張ってます。

■国会会期延長幅、来週半ばまでに判断…首相・自民幹部
YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070616i303.htm?from=main3
 安倍首相は15日夜、首相公邸で自民党の中川幹事長、青木参院議員会長、片山参院幹事長と国会会期末の対応について協議し、焦点の公務員制度改革関連法案について、23日までの会期を延長をしてでも成立させる方針で一致した

 延長幅を含めた最終的な方針については、野党の出方なども見極めたうえで、来週半ばまでに判断することでも一致した。

 政府・与党では延長幅に関し、12日間とする案が浮上しており、その場合は参院選の投開票日は、当初予定されていた7月22日から1週間ずれ込み、7月29日となる。

 一方で、政府・与党内には、野党の対応次第では、小幅の延長でも同法案の成立は可能だとの見方があり、延長幅を5日間にとどめる案も出ている。

 15日の首相と中川氏らの会談では、社会保険庁改革関連法案などその他の重要法案についても、成立を図ることを確認した。

公務員制度改革関連法案も、社会保険庁改革関連法案も、今回大騒ぎになっている年金支給の不備の大元の原因を正すための大切な第1歩かと。

今国会で成立させられなかったら、自民党が参院選で負けるか、投票率が激しく下がって組織票がハバを利かせるかどっちかですね(そうすると公明の宗教票vs民主の組合票みたいな感じになってしまい、一般人には何の得もない)。

で、野党の対応次第ということですが、ここで会期延長に反対、もしくは両法案の成立を妨害することが、自民党に「決め手」を与えないもっとも早い(短絡的な)方法ではあるのですが、それをやったら、有権者は納得しないでしょう。
社会保険庁いい加減にしろ!と思っている人は多い。

じゃぁ、どうするか。

…そこで、マスコミ使って、「政府が悪い」の一大キャンペーンなのかなあと。
有権者の視点を、できるだけ問題の本質から逸らしておきたいという。

ねこねこの中では、そんな風に繋がってしまったワケなのです。

年金に関しては、「納入を証明できない分について、税務関係のデータを引っ張ってきて確認したらどうなのか」という意見が民主党の議員さんから出てました。
これについては、安倍総理も「まさにそういう対応をしなければならない」と答えていて、こういった具体的な方策のやりとりを聞くと、「国会のあるべき姿だよなぁ」と強く思うんです。

今すぐ対策しなければならない事案について、椅子取りゲームを超えたところでよりよい方法を出し合って生かす。こういうことを積み上げていくことで、民主党だって、有権者に「ちゃんと国民のことを考えて応分の仕事をしているな、投票した甲斐があったな」と思ってもらえるのに…と思いましたよ、ホントに。


ねこねこは、これまで色々一般の報道や政治関係のブログさんを見て考えましたけど、今回の参院選については引き続き現政権と自民党の支持でいきます。
今の日本は変えなければならないところがまだ沢山あって、それができるのは安倍政権だからです。
今現在、見ていて国民が不安になるくらいの材料が次から次へと出てきていますが、どれもこれも戦後60年の間に溜まりに溜まった膿が噴出している状態なんだと思います。
何故今これだけ噴出しているかっていうと、安倍政権になってから、変えるべきところを変えようと具体的に着手したからなんだろうと。

対症療法でごまかしてきた、あるいは薬で痛みを散らしてきたものを、ようやく患部摘出手術の執刀が始まったところ、という感じでしょうか。麻酔なし(国民生活や政治をストップできない)の手術だもの、そりゃ痛いわよ。

不安に振り回されることなく、手術の行方をよく観察して、あらぬところまで切っていないか、助手が逆効果なことをしていないか、きちんと見続けることが大切ですね。


安倍総理という人は、ぱっと見た印象やこれまでの言動から受けるイメージより、はるかにタフでタヌキ(笑)です。(例えば産経の阿比留氏のブログに書かれている、アンタッチャブルに踏み込んだ経緯とか、年金問題の絡みで『国民背番号』を持ち出してくるところとか)
こんな中途半端なところで立ち止まることなく、まだまだ走ってもらわなきゃ困るなと思ってます。

「走りすぎ」を監視してストップをかけるのもまた、国民の大切な役目だと肝に銘じつつ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
万が一、民主党の政権となっても
スムーズに改革が進められるとは思わない。
期待できない事を国民は知っている。
【帯に短し、襷に長し】どころか
煮ても焼いても食えない・・・。
考えるだけドンヨリしちゃいますねえ。
ねむ
2007/06/17 18:51
 メディアが仕組んだような選挙結果にはならない、ということですか。市民レベルの常識は、意外と健全で保守的なんでしょうね。あなたの見解に敬意を表します。
 それにしても、健全な保守二党政治は、いつできるのでしょうか。
罵愚
2007/06/18 04:26
>ねむさん
むしろ、民主党が政権を執ったら、改革とは逆行すると思います。
その支持母体が…というのもありますが、「大多数がそこそこ食える現行の国民生活」に影響を及ぼさないためには、状況を動かさないことが必要だからです。そして、解決すべき問題は従来どおり先送りされ、「生活維新」という政策に沿って目新しさを出すために、カンフル剤やらモルヒネやらが投与され…はっと気付くとあらゆる治療がもはや手遅れという(今既に手遅れと仰る方もいますが、まだ間に合うと感じています。患者=日本の体力が回復してきているから)。

今この国に必要なのは、根治治療なんですけど、それには一定期間、苦しい闘病生活を送らなければならない。それをはっきり言ってくれる政党が存在しないのは、国民にとって不幸ですよね。
ねこねこ
2007/06/18 19:21
>罵愚さん
恐れ入ります。ご無沙汰しておりました。

メディアの情報の信頼性が失墜した為に、逆に情報の受け取り手が自分で考えるようになってきたというのも大きな要素だと思います。
これまでだったら、「まだ決めていない」よりも「棄権」・「関心なし」という答えが多かったのではないかと思いますし。

 >健全な保守二党政治
今後10年以内に、規模の大小に関わらず政界再編は起こると思います。早ければ、憲法改正が実現段階に入ることをきっかけとして起こるのではないでしょうか。
その時の政権や情勢にもよると思いますが、政界再編が収束に向かう際に有権者の意識改革が進んでいれば実現、またはその基礎が確立されるのではないかと思います(我ながらこれはかなり楽観的な見方ですが^^;)。
ねこねこ
2007/06/18 19:33
 どもです。(^o^)/

 同じ報道2001の調査の中では、問4の数字がワタシ的には一番興味深いです。つまり、年金問題に関する野党+マスコミの「政府が悪い」ネガティブキャンペーンにも関わらず、国民は何がいちばんいけないのか、ちゃんと判ってるんですよね。もちろん長官の任命権者としての厚生労働大臣(ですよね?)や、その上に立つ首相にもそれなりの責任はあるでせうけど。

 たぶん、安倍首相は歴代の首相が封印し続けていた“パンドラの箱”を開けているんだと思います。今は様々な災厄が飛び出してきて混沌としてますけど、それが過ぎればきっと「希望」が残ってる、そう思いたいですよ。と自分に言い聞かせてみるテスツ。(^◇^;)
KWAT
URL
2007/06/19 01:06
ねねがフジは表示された。
BlogPetのねね
URL
2007/06/19 15:18
>KWATさん
こんにちは^^

多くの人が今回の件で、議員やら大臣やらのやらかすことは、回りまわって有権者の責任になるけれど、その指示の下に働いているハズの「公務員」や「官僚」というものが、勝手にいい加減なことをしているのは「どーいうこった?」と改めて認識できたのカモ。
任命権者の責任を問うなら、過去に遡るしかなくなると思いますけどね。
不備が明らかになったということは、今の大臣がきっちり仕事してるってことですから。

 >パンドラの箱
まさに!
…イメージ的にはミミックなんですが(笑)

というか、ねこねことしては、その箱が入れ子になっていないことを望んでいます^^;

次は住民税だー。UPしたことで有権者が注目しますから、地方議会の予算組みのヘンなところがぞろっと出てきそうですよ。
ねこねこ
2007/06/19 15:20
パンドラの箱⇒入れ子の箱ときて
ロシアのアノ人形が頭をよぎりました。
北方領土は確実にアノ人形の中か・・・。

膿を出し尽くせば・・・きっと未来は・・・。
安倍さんもキツイところでしょうが
暫く踏ん張ってもらいたいものです。
最後のふたを開けるまで。
ねむ
2007/06/19 15:45
>ねむさん
マトリョーシカの、一番ちっさいのの中に…(笑)

頑張ってほしいですね、安倍総理。

だけど、私たちも心得なければならないことがひとつ。
膿を出し尽くしても、一生懸命働いて、一生懸命生活しなければならないことは、変わらないこと。
そういうのもあって、生活が変わるようなイメージを押し出したり、革命幻想みたいなものを掲げる政党は信用できないのです^^
ねこねこ
2007/06/20 16:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
色々考えたとりあえずの結果…なのですが(´ε`;) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる