言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 肝心の役所のムダはどーしたのさ?( ´∀`)σ)д゚)

<<   作成日時 : 2006/06/17 08:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

国会が閉会しました。
民主党は重要法案の廃案を画策していたようですが、
ほぼ全て秋の臨時国会で継続審議になる模様です。
耐震偽装の問題については改正建築基準法、
ライブドアから始まった一連の事件についても金融商品取引法が成立、
とりあえずの格好はついた感じでしょうか。
でも、重要なものが軒並み先送りになってしまっています。


■小泉首相最後の国会が閉会 重要法案先送り
Sankei Web記事 http://www.sankei.co.jp/news/060616/sei086.htm
 第164通常国会は16日、衆参両院の本会議で継続審議の手続きを行い、18日の会期末を前に事実上閉会した。
 小泉純一郎首相にとって最後となる国会で、構造改革の「総決算」と位置付けた行政改革推進法など内閣提出と議員立法を合わせて96本が成立したが、重要法案の多くが次期国会以降に先送りされた。

 政府が今国会に提出した法案は91本。成立した82本には与野党が全面対立した医療制度改革関連法のほか、金融商品取引法も含まれる。成立率90%は例年に比べ高くはない。議員立法ではがん対策基本法や北朝鮮人権法など14本が成立した。

 継続審議は教育基本法改正案や防衛庁の「省」昇格法案、社会保険庁改革関連法案など36本。昨年の特別国会で継続審議となった「共謀罪」新設の組織犯罪処罰法などの改正案も結局、再び継続審議。与党と民主党の双方が提出した国民投票法案も持ち越した。

防衛庁の「省」昇格法案は、継続審議狙いで先日提出されたばかりですから、これはいいとしても、教育基本法改正案やら国民投票法案やら、組織犯罪処罰法改正案やら、与野党共に提案した法案が軒並み継続とは。

こういった重要な法案が慎重に審議されるのはよいことですが、
実際に慎重に審議した結果の継続だとは思えないから始末が悪い。
ほんと、真面目にやってもらいたいもんです。

なおかつ、今回社会保険庁改革関連法案が先送りになってますけど、
これを先送りにしておいて、谷垣財務相の消費税目的税化の発言は
ちょっとどーなの?と思いました。

■消費税の目的税化を明言 谷垣財務相「社会保障安定財源に」
中日新聞 記事 http://www.chunichi.co.jp/00/sei/20060616/eve_____sei_____005.shtml
 谷垣禎一財務相は16日午前の閣議後の記者会見で、消費税率を引き上げる際には「社会保障の安定財源と位置づけ、国民の理解と納得を得ることが望ましい」との見解を示し、消費税の社会保障目的税化を目指す考えを表明した。谷垣財務相は「財政の硬直化を招く」として目的税化には慎重だったが、少子高齢化で社会保障費の増大が必至となり、方針を転換した。

 谷垣財務相が消費税を目的税化する方針を明確に示したのは初めて。同日午後の政府の経済財政諮問会議でも、こうした考え方を表明する。

 消費税率の引き上げ時期や上げ幅について谷垣財務相は「高度な政治判断だ」などとして態度を明らかにしなかった。税率引き上げの際、食料品などに軽減税率を適用するかどうかは「そのときの消費税のボリューム(税率)に関係する」とし、今後の検討課題との認識を示した。消費税を目的税化する方法についても「制度設計はこれから考える」と語った。

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は14日、「経済動向に左右されない安定的な社会保障の財源が必要」とする建議(意見書)を提出、事実上、消費税の社会保障目的税化を求めていた。

社会保障の財源は、もはやすぐにでも欲しいくらいなのでしょう。
それは、何となくわかる。

だけど、社保庁の改革をきっちりやらないで、増税だけされるんじゃ
国民の理解はともかく、納得は得られないんじゃないかなぁ。

消費税の引き上げは家計を直撃するので、上がるのは仕方ないとしても、納得いくだけの理由がほしい。食料品に軽減税率適用したところで、生活物資ってのは食料品だけじゃないんだから。他の物が高くなれば生活費はどかっと上がる。
そうすると、一般家庭の主婦は遣り繰りのために少しでも安いものを求めて、また西へ東へ奔走するわけです。品質とにらめっこしながら(笑)
だけど、やっぱり「安かろう、悪かろう」の物は家族に提供できないんですよね。家族の生活環境と健康に責任ありますので。


だったら、会期を延長すれば?って話なのでしょうが、延長して審議したところで、重要法案が力いっぱい政局利用されることは目に見えてるしね。

谷垣氏に言いたい。
そりゃ順番が逆だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金融商品取引法とは
金融商品取引法の豆知識です ...続きを見る
お得情報の豆知識
2007/03/25 10:09
社会保険庁口コミ情報
社会保険庁口コミ情報集です。 ...続きを見る
社会保険庁口コミ情報
2007/04/17 02:21
金融 商品 取引法
金融商品取引法(きんゆうしょうひんとりひきほう(改正法の施行までは証券取引法(しょうけんとりひきほう));昭和23年4月13日法律第25号)とは、「国民経済の適切な運営及び投資者の保護に資するため、有価証券の発行及び売買その他の取引を公正ならしめ、且つ、有価証券... ...続きを見る
金融@金融
2007/04/25 01:55
読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス
読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス安くて質の良い保険プランを!中立な情報と中立なFP(ファイナンシャルプランナー)の無料相談で!月々の保険料、必要以上に払いすぎていませんか?あなたのその保険料ホントはもっと安くなる!?失敗しない保険選びの為に絶対に知ってもらいたい保険のカタチ三角のマジック安くする秘訣!三角のマジックとはリンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら ...続きを見る
生命保険比較
2007/04/30 18:54
金融商品取引法
金融商品取引法は、証券取引法などを抜本的に改正し成立したものです。さまざまな金融商品について開示制度、取扱業者に係る規制を定めることなどにより、国民経済の健全な発展と投資者の保護を目指して成立した法律で、証券取引法と金融先物取引法が、一元化されることにな... ...続きを見る
たーしの徒然なるままに
2007/06/15 10:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お金の掛かることばかり通して
削減できる(はずの)議題は先送り。
やってられませんわ。全く。
小泉さん、閉会後の民主党への挨拶で
民主党の要望どおり、会期延長はしませんでした・・・。みたいな事言ってましたね。
サービス残業でもして、国民が生活しやすいようにキチンとして欲しかった。
もう面倒なんですかねえ。
最後だし・・・。
眠り姫
2006/06/17 21:45
どこだったかで、
「小泉さんは9月で首相を辞めちゃうから、それ以降の事は興味ない。もう飽きちゃったんでしょ」
みたいな意見を見たことがあって、なんとなく納得しちゃいました。
彦勘助
URL
2006/06/18 10:04
>眠り姫さん、彦さん
小泉総理が「もー飽きた」っていうのは、ちょっと違うと思いますよ。
小泉さんの“ケンカ政治”における引き際判断だと思うんです。改革もそうですけど、既存の政治のあり様とのケンカをずっと任期中にしてきたわけで、今後もこの流れを上手く継承させたい。重要法案が後に残るのは、流れが後継者に引き継ぎやすい・・・そんな考えもあるんじゃないかと。真意は分かりませんけどね(笑)

に、しても社保庁改革だけは法案通してから閉会してほしかったなぁ。
ねこねこ
2006/06/18 12:53
なるほど、そういう見方もありますか。
彦勘助
URL
2006/06/18 16:51
うん、さすがに一国の総理大臣務めてる人間が、そこまでお気楽無責任とも思えなくて・・・(笑)
ねこねこ
2006/06/18 17:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
肝心の役所のムダはどーしたのさ?( ´∀`)σ)д゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる