言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 焦らず、急げ!憲法改正 く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

<<   作成日時 : 2005/09/14 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて。“選挙祭り”が大騒ぎのうちに一段落。熱気冷めやらぬマスコミも、そろそろ次の祭りを模索中か。

ねこねこは今の日本を取り巻く状況って、幕末に似た内憂外患の状態だと思っています。
この“内憂”の部分は小泉首相によって道が拓かれ、これから道を整備して誰もが歩ける道にできる可能性が見えてきました。
色々な枝道があって、スムーズには進まないと思いますが、はじめの一歩を踏み出したと言っていいでしょう。

そんな“内憂”にどたばたしていた8月、“外患”はどうなっていたかというと・・・

東シナ海に中国軍機 電子情報収集、空自が緊急発進
Sankei Web記事 http://www.sankei.co.jp/news/morning/14iti003.htm

いよいよこちらも待ったなしの状況ですね(;・・;) ・・・・
ちなみに石油採掘に関連して、中国側の領海では軍艦が展開を完了している模様。
日本も民間企業へ試掘許可が出ましたが、
この状況で民間だけでやるのかよ、ぉぃぉぃ。
ただし、護衛と哨戒の為自衛隊を出動させれば、イヤでも緊張感は高まる。

イザと言う時に、身動きが取れないような事態は避けたいですなあ。


ところで、ねこねこは次なる祭りは“憲法改正祭り”とにらんでおります。
政治家やお偉い学者さんの間で議論されるだけでなく、『国民の判断』っていう現実的なところまで降りてくる兆し。

巨大与党 憲法改正に弾み 新議員7割超が9条改正容認
Sankei Web記事 http://www.sankei.co.jp/news/morning/14iti001.htm

どんな風に改正したいと思ってるんだろ、この7割強の議員さんたち。

ねこねこ的には、『ロボット三原則』みたいな感じがいいんじゃないの?とか思ってるんですけど。
【ロボット工学三原則】Wikipediaより引用
1. ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。(A robot may not harm a human being, or, through inaction, allow a human being to come to harm.)
2. ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。(A robot must obey the orders given to it by the human beings, except where such orders would conflict with the First Law.)
3. ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。(A robot must protect its own existence, as long as such protection does not conflict the First or Second Law.)

SFと言うなかれ。この三原則を提唱した小説家アイザック・アシモフは物理学者でもある。
陽電子頭脳という高度な人工知能を搭載したロボットが、人間社会の労働分野において重要な存在になるという部分はSFだけれど、その前提となるこの原則は非常に現実的。
ロボット−人間 の関係をあれこれ置き換えてみるとなかなか面白い。

夫−妻 とかさ ξ\(^。^ )))))オーホッホッホッホッホ〜♪
・・・いやこれは冗談ね・・・

軍隊という組織を制御することは、超高度な人工知能によって自己判断が可能なロボットを制御することに似ているのではなかろうか。


ともあれ、戦後60年。ようやく過去を見つめるというタブーから解放されようとしている。
喜ぶべきことでもあり、悲しむべきことでもある。
日本だからこそできる“新しい武力・軍隊のあり方”を真剣に考えるチャンスかな。

少なくとも、現在憲法9条が近隣諸国にとっては日本の弱点であることは確かで。
これまでのような“どう解釈するか”という議論から脱却して、根本的に
「自衛ってナニ?」「平和ってナニ?」「軍隊ってナニ?」「戦争ってナニ?」
っていう議論がより多くなされていけばいいなぁと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
焦らず、急げ!憲法改正 く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!! 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる