あ~、女系天皇って、こーいうことかぁ。としみじみ理解した件。

お正月番組(1/4放送)で、こんなん↓やってましたね。
【美しき劇的人生と素顔 世界のプリンセス 全部お見せいたします!2】
他の番組と切り替えながらちょっと見てました。
司会がみのもんた氏。
石田純一氏が麗しいプリンセスにヨダレ垂らしかねない表情で出てましたが。


いや、各国のプリンス、イケメン揃いですねぇ。

俗物と言うなら言え(笑)

面白いんだからしょうがないじゃないですかー。
色々なしがらみやら伝統やら格式やらの呪縛から逃れられない美男美女に

萌え


・・・あぁ、失礼いたしました。

いや、今日はそーじゃなくってな。
この番組で取り上げてたイギリスの王位継承者の多さにびっくりしたって話。
 イギリスの王位継承権の不思議に迫る!イギリス王位継承権は何と885位(現時点で)まである!継承権60位はノルウェー国王182位はスウェーデン国王など。他国の国王がイギリスの王位継承権を持つ、という不思議な現象も。ヨーロッパ王室が親戚どおしであるのがわかる。


違う違う^^;
ヨーロッパ王室が親戚どおしって言うよりも、英国王室の王位継承が女系だからみたいですね、これ。

すごーく簡単に言っちゃうと、女王様のご息女が他国の王室へお嫁に行って、そのご子息またはご息女(これが女系の血筋ね)が自国の皇太子(王太子)→ご即位となると、ご生母さまの祖国の王位継承権を持ったままご生母さまの嫁ぎ先の王位を継承するっていう事態になってるって訳で・・・。
最終的に、大元の女王様のお血筋であれば王位継承権は保存されちゃうんですよねぇ。

せめて日本みたいに内親王(皇女)が嫁いだら皇籍離脱、とかであれば、ここまで末は広がらなかったでしょうねぇ。
他国で即位したら、自国の王位継承権は消滅する、とかさ。
いいのか、決めなくても?

・・・いいのか、イギリスとかの周辺は、そこまでしなくて。
今更他国を乗っ取ろうとするような無分別な隣人がいないから^^;


男系だと何故そういうことが起こらないか、と言うと、
“女王様”が先代父王の直系ご息女ではありますが(つまり、日本で言う“女性天皇”)、
女王様のお子様が男子であろうと女子であろうと、ご即位はできないから。

んじゃ、誰が王位(皇位)を継ぐか。
       それは、
女王様の父王の兄弟かそのご子息。
いなければ祖父王の兄弟かそのご子息かそのご子息のご子息(孫)。

あくまでも、ピンチヒッターなんですよねぇ、女性の場合・・・。



・・・なぁんて、色々考えちゃいました。
皇室典範改正云々でよく例に挙げられる、イギリス王室やスウェーデン王室の継承形態をあれこれ調べてて、さわりだけでもうかれこれ4時間経ってます。
ほんと、ラビリンスに足を踏み入れたアリスの気持ち。

海外の王室は、確かに参考にはなるでしょうけど、
日本の皇室は日本にしかない特質を備えていると、ねこねこは思います。
だからよその国でこうだからうちもこれで上手くいくはずだ みたいなのは、ありえない と思うのよね。

自分ではうまく説明できないんですけど、日本の皇室について述べた秀逸とも言える論文を見つけました。

【あっという間の「皇位継承の儀」-「らしさ」がまったくない!】
山折哲夫(やまおり てつお)氏(国際日本文化研究センター教授)

今上天皇のご即位の儀に絡んでの論文です。
今回の件は、なんだかここから始まっているような気がします。
皇室典範改正と政治の関わりについて、ご興味のある方は是非“平成”が始まったところまで戻って読んでみてくださいね^^


何よりも興味深かったのは、最近の寛仁親王へのインタビュー記事かしら。
msnニュース掲載インタビュー
【寛仁親王:「一度切れた歴史はつなげない」女性天皇に異議】


あぁ、最後になりましたが、ねこねこは女性天皇容認、女系天皇反対の立場です。

この記事へのコメント

ファイブ
2006年01月09日 21:26
そもそも欧州の王室と東洋の東端の皇室を同じ土俵で語るのは無理があると私も思いますですハイ。ただいまだにこの件、私は理解できなくて困っておりますが、ともかくやはり男系はそのままでいくべきではないかと。何も根拠はないんですけどね(苦笑)。

一時期更新がとまってらっしゃいましたが、ようやく復帰のご様子、うれしいです(笑)。あっ、別に早くしろーなんて意味ではありませんので(汗)。私自身はこの右下のボタンおしてちょちょちょいでブログが開設できると聞き、どうしようか、2~3週間迷い続けております(苦笑)。
ねこねこ
2006年01月10日 01:27
>ファイブさん
そうそう、欧州の王室と日本の皇室、根本的に違うんですよねぇ。
ひとつの側面としては、王室ってのは統治者の流れですけど、皇室の場合はむしろ神官の流れなんじゃないかと。

記事中で挙げた論文の中で主に述べられているのは、“何を”“どうやって”継承していくのかが見えにくくなっている、と思ったのでご紹介してみました。

私も男系で継承すべきだと思います。
根拠ねぇ(笑)、書くと精神論まで行きそうだし長くなりそーなので、もうちょっと勉強して書けそうだったら書きますね^^

>復帰
本当に更新が止まってる間ご心配かけていたようで、ごめんなさいでした^^;
ありがとうございます。
いつもコメント下さる方にそう言って頂けると、私もすごく嬉しいです。

ブログ、ファイブさんも是非ちょちょちょいって始めちゃって下さいな^^
ウェブリブログはアクセス制限とかがかけられないので、先日みたいな騒ぎになると大荒れすることもあるかもですねぇ。
あっちこっち機能を調べて、どこにするか決めてもいいかも。
開設待ってまーす^^
彦勘助
2006年01月11日 16:19
私もそうそう詳しくはないのですが、千年以上も続いたものをほんの一年間で、しかも皇室関係者・専門家でもない人間が決めてしまっていいものか?・・・な~んてね。良く分からん(笑)。

ファイブさん、ブログはじめるんですか?いつから?ねェ、ねェ??
ファイブ
2006年01月11日 18:02
うっ..やべ..いや、言ってはみたものの、この右下クリックして6回くらい見たんですが..どうしましょう(笑)
ねこねこ
2006年01月12日 03:40
>彦さん
男系維持派の方のサイトでは“2600年続いている”っていう記載が多いですね。

今は「政治的な問題になっているから何も言いません」っていうスタンスの天皇陛下のご意向を聞くべきなんじゃないかしらねぇ。
要するにお家騒動なんですし。

お立場上、この件については自らお話しにはならないでしょうけれど、寛仁親王殿下がメディアのインタビューでご意見を公にされたことだし、近いうちに周囲からそういう奏上があるんじゃないかなー、なんてシモジモの者に過ぎない私は読んでるんですけども。

いい機会ですよ。日本が何をどのように受け継いで行くのか、それともその精神性をなし崩しに失ってしまうのか、皆が大いに考えればいいと思います。
今期の国会で改正案は通らないような気がします。小泉さんを信じるなら、不敬極まりないですけど、何か取引のブラフ。

・・・なぁんて、妄想でした^^;

>ファイブさん
よしよし。もうひと押しだな(ニヤリ
氏茶
2013年07月25日 01:01
英国で順位がすごいことになっているのは、女系云々だからではありません。日本で言えば、源氏や平氏みたいな人にも継承の可能性を認めているからです。
日本は、天照大神(女神)様から始まっているので、男系にこだわる必要はありませんよ。
ねこねこ
2013年07月25日 10:51
>氏茶さま

コメントありがとうございます。
源氏や平氏に当たる家はどうやって王家の血を継いでいるのでしょう。

まあでも、それと日本の継承が
「男系にこだわる必要がない」
こととは関係ないですよね。
こだわる必要がないなら、男系継承はどこかの時点で終わってます。実際に傍系に逸れてまで男系で継承してきたのです。

それと、天照大神が系の根拠じゃないですよ。
「男系」が定まるのは3代目からです。

この記事へのトラックバック

  • 「文藝春秋」における寛仁親王殿下のインタビュー

    Excerpt: 10日(昨日)発売の月刊誌「文芸春秋」に、ジャーナリスト桜井よしこさんとの対談形式による寛仁親王殿下のインタビューが掲載されました。 このインタビュー「天皇さま その血の重み ~なぜ私は女系天皇に反.. Weblog: 桜スタジオ racked: 2006-01-11 12:12
  • 天皇問題 ⑯

    Excerpt:  新・へっぽこ時事放談さんのブログを拝見していたら、皇室典範改悪賛成派の人からの、質問のようなものが出ていた。 簡単に言うと、改悪反対が「雅子さまを苦しめている」というのだ。この件に関しての私の.. Weblog: 時事問題ショートコメント! racked: 2006-01-13 04:58
  • 怒り心頭・羽毛田宮内庁長官の不適切妄言 天皇問題⑰

    Excerpt:  羽毛田長官は、どこまで不敬不遜、無知蒙昧、傲岸低劣なる、エセ官吏・売国奴なのだろう!  13日の新聞によると、羽毛田は、三笠宮寛仁さまの文芸春秋インタビューをとらえ、「憂慮せざるをえない」などと、.. Weblog: 時事問題ショートコメント! racked: 2006-01-15 15:30
  • 『語られなかった皇族たちの真実』

    Excerpt:  本日は旧暦十二月十日。師走、芹栄う。 今読んでいるのが「語られなかった皇族たちの真実」、著者は旧皇族竹田宮家四代目に当たる竹田恒泰つねやす氏。竹田家初代当主竹田宮恒久つねひさ王の妻は明治天皇第六皇女.. Weblog: 悪の教典楽天市場店 racked: 2006-01-15 17:42
  • プラダ トート

    Excerpt: あ~、女系天皇って、こーいうことかぁ。としみじみ理解した件。 言うだけならなんとでも。/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-10 02:50