言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民にとっての試金石

<<   作成日時 : 2010/11/11 04:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

尖閣事件の映像が流出した件。
流出させたと報告した海保の方が、現在事情聴取を受けています。
また関連して仙石官房長官の「厳秘私的メモ」が報道に流れたり(どこが厳秘w)、右往左往中の菅政権ですが、ねこねこはこれを国民にとっての試金石であると見ています。
またとりとめのない文章にはなりますが、ここで少し書いてみます。

まず、考えるきっかけとなった衆院予算委員会での質疑。
自民党の小泉議員が質問に立っています。
※2部に分かれています。全体で約30分
1/2


2/2


非常にシンプルで分かりやすく、端的な質問に対し
非常にわかりずらく、焦点のぼやけた回答なのは
もうしょうがないと思って注意深く聞いてみたんですが
もう一歩突っ込むことができればよかったですね。

はぐらかすような回答と、困り果てた菅首相が
ヤジに関して議長へ苦情を申し立てる。
質問は、日本の国会議員であれば…いえ、日本で暮らす日本国民であれば、誰もが即答できるようなことです。
つまり、
『仙石メモにもビデオ公開のメリットとして挙げられていた、公開によって中国の非を明らかにできることは国益だと思うか否か』
ということ。

菅氏は、それが国益ではないと明確な理由とともに答えることはできませんでした。
ですが、国益であるがそれよりも優先すべき事由があった、とも明確に答えることができていません。

今回は、残念ながら勝手にしゃしゃり出てきていた官房長官の答弁に時間をとられて、そこまで突っ込むことができなかった小泉議員の負けといえば負けなんでしょうが、国益よりも優先すべき事由がこの内閣にあった、それは何であるのかを答えさせ、国民の目に晒すことができればよかったですね。
質問を終えた小泉議員の表情が不完全燃焼な感じでしたし、手元の資料、多分その後に続く質問があったっぽいですから。
(これまでの内閣の言動で、国民も分かっていますがねw ほら、誤解かも知れないじゃないww)


ところで、仙石長官という人をねこねこは報道される情報と、ある程度ネットで閲覧できる経歴しか存じ上げないわけなんですが、この人は小役人な感じですね。
誰を上役と考えているのかは別として、その権威を借り自分の権限を過大評価し本来の職務を逸脱しがちなことを言う。

今回の事件の映像流出に関しても、やっきになって犯人探しを指示したそうですが、やればやるほど国民の目に明確になってくるのは、現政権の情報管理能力のなさ。
何も情報管理なんて、得た情報をどう扱うかだけではありません。
情報が入ってきたときに、組織内でどう処置されるかということから始まるわけです。

このビデオ映像を、現在彼らが言うような機密情報であると最初から目していたのであれば、許可なく存在を明らかにした外相がいるというのは内閣の統率が取れていないことになりますし、情報管理が中国人被疑者逮捕の時点でできていません。上に報告行ってないわけですから。

尚且つ、司法手続きの重要な証拠であるという割には、あっさり中国人被疑者を釈放しているわけで、その際に証拠となり得る映像の取り扱いを現場ときちんと取り決めていない。

更に、行政に関わる人間を越えて、立法府の人間に限定的とはいえ公開していて、記録媒体の持込を禁じたところで彼らは特権階級ではなく一般国民の代表ですから、どういう選抜をしたにせよ国民に対して「公開しましたよ」というポーズを取っています。
つまり、その時点で行政で保有している機密情報ではなくなるわけですが、ここでも情報の取り扱いについて現場ときちんと取り決めされていない。

要するに、この時点で何とかなると思ってたんでしょうね、この内閣。
実際海保で「誰でも見ることのできる情報」になっていたようですし、
現場に対して、情報の保持を明確に指示していなかったと思われます。

指示したけれど、現場が受け入れなかった、というならまた別の話ですよ?

この段階で現在普通に入手できるニュースや、これまでの内閣の動き(仙石氏は官房長官、つまり内閣のスポークスマンですから、発言が臨場感を伴って沢山報道されてるのは情報取得には有難いですね^^)を繋ぎ合わせると、こういう流れだとねこねこのような一国民は理解したわけです。


さて、このグダグダな情報管理の手法から見えるものは、この政権は「民主党政権をとにかく延命したい」というところでしょう。ボスが別にいるんですね。
明確な目的を持って、有能な人物が政権奪取まで漕ぎつけたのであれば、今のどっちつかずの状況にはなっていないと思うんです。
即座に情報を掌握しに動くでしょうし、それができなければ抵抗勢力というものを徹底的に潰していくわけで、彼らは立法府を一時支配していたんですから、安倍元総理のやったような法案通しはできたはずです。

よかったですね、彼らが無能でw
日本国民にはいま少しの猶予があるように思います。
でも、そんなに長くはないでしょうね。



今回、自ら映像を流出したと申し出た海保の方は、現在の法に照らしてきちんと裁かれなければなりません。
今国民が求めている情報だったからよしとする、ということはあってはならないことです。
公務員である以上、議会と行政の決定には従わねばならない、そういう原則が崩れることで、日本は第二次大戦前夜の民主主義がまだ幼い時代へ逆戻りです。

その上で、公務員による情報管理に穴があるのなら、総理大臣以下の行政官も全て含めて管理対象となる法整備を。

法整備を行うに当たって、「自党の政権に都合が悪い情報は機密情報とする」という現内閣が行政を任され、現与党が立法府にいることが正当であるか否かを国民は考えなくてはいけませんね。

長くなりましたが、そういう意味で今回の件は国民に対する試金石であるとねこねこは思う次第。
また第二次大戦当時のように突っ走ってしまうのか、それとも、ここで民主主義と法治の概念を一般国民が自分のものとするのか。

大仰なことはいらないと思います。
現在は情報がまだ国民に届く時代です。
ねこねこも真剣に考えていきたいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にそうですね。我々国民自身に投げかけられている問題と。
私は、やはり海上保安官は相応の司法判断を受けるべきと思います。法治国家であるからそれは当然なことかと。それとは別に、何故機密としたのか、そして中国人船長釈放の是非、そして現政権の責任のあるなしをしっかり国会でやってもらいたい。仙石氏の発言は民主主義への挑戦と思います。本人はそう思ってないんでしょうけど。まあ、機密機密というくせに、半年前に日米沖縄密約暴いた暴いたと大騒ぎしていたのは一体なんだったのか。政治主導といいながら、政治職と執行職は異なるって?突っ込みどころ満載ですな。
神戸は昨日からえらいマスコミ騒ぎです。実は海保が職場の近くなもんで、しょっちゅう行ってます。できれば一声かけてあげたい。
すいません、感想でした。駄文失礼しました。
ファイブ
2010/11/11 23:17

今の民主党の代わりに自民党がいたとしても恐らく大差なかったであろうと思う。黒船がやって来たときノラリクラリしていた時の様に。

 日本人のDNAがそうさせるのだと思う。
合理的な判断でなく、いつも穏便に済まそうとして落とし穴に嵌ってゆく、哀れな国民性。

 島国根性は今も健在です。特に、お年寄りは考えが古い。小泉は残念ながら役不足。税金の無駄使い!!
sunrise
2010/11/12 17:42
>>ファイブさん
コメントありがとうございました。
共同通信の調査で、国民の88%が「ビデオは機密ではない、公開すべき」と答えています。
法的なことは法に則ってきちんと判断する、それが当然ですが「一声かけてあげたい」気持ちはみんな持っているでしょう。
それが利用されないように、司法の独立が確保され感情で物事が左右され過ぎることなく評価されていくといいのだと思います。

マスコミ騒ぎ、大変ですねぇ。取材のためならと結構傍若無人な記者もいるようですし、どうぞ気をつけてくださいね。


>>sunriseさん
大差ないのは見た目上。
実際現実的にどれだけの差があるかを、ちょうど国民が目の当たりにしたところかなと思いますよ。

農耕社会で培われたDNAである穏便に済まそうとする国民性が、日本の社会を円滑に回してきた習慣は、日本の利点でもあります。
対狩猟DNAへも同じやり方をしてドツボに嵌って今日に至っていたのを、正常な状態に戻そうとした最後の2つの政権が潰されたのは残念でしたね。島国根性が打開できたのに。世代は交代しますしね。

小泉議員が税金の無駄遣いなら、今の民主党幹部と自民党の古参こそ税金の無駄遣い。
ねこねこ
2010/11/13 19:38
 返信ありがとうございます。私なら海保長官、総理仙石と分散して質問せず、一人に絞り、ずばり切り込むのが得策と考えます。30分の質問で大したことできません。彼は無能です。
sunrise
2010/11/14 10:46
仙石官房長官への質問ではなかったのに、誰に対する質問なのか、なし崩しになったところは痛かったですね。

官僚である海保長官には「事実確認」を、菅首相に対しては「責任」をと切り分けたやり方は妥当です。
相手がきちんと答えるべき事実を掌握していれば、30分で事足りるものをのらくらと逃げられたのは小泉議員の負けです。
ですが、政治とは結果であっても、今の国民は過程を望んでいることをよくご存知な小泉議員らしい質問でしたね。
ねこねこ
2010/11/15 19:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国民にとっての試金石 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる