言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校無償化と高校教育見直し

<<   作成日時 : 2010/11/09 15:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

尖閣での事件の陰で、朝鮮学校を含む高校無償化の法案が通りました。
朝鮮学校も無償化対象なら私学も対象にならないとおかしい、という気がします。
今後そういった訴えが取り上げられていくんでしょう。

朝鮮学校については様々な記事が出ていて、
審議過程やらにも相当問題があるんですが、
高校無償化に絡んでいるのか、ちょっと気になった記事がありました。


高校教育見直しへ有識者ヒアリング 文科省
日経 http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819695E2EBE2E2988DE2EBE3E3E0E2E3E29180E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2E0E3E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

 文部科学省は9日、高校教育の役割や教育内容を見直すため、有識者からのヒアリングを始めた。学習指導要領の簡素化を進めて各校が自由にカリキュラムを組めるようにすることや、座学中心の授業を実習を重視した形式に転換することなどを視野に入れている。

 同日開かれたヒアリングの初会合で、鈴木寛文部科学副大臣は「高校進学率が98%に達し、生徒も多様化したが、高校教育の枠組みは以前と大きく変わっていなかった。高校授業料の無償化制度が始まったのも機に、高校のあり方を抜本的に見直したい」と述べた。

 有識者からは「高校での学びに意義を感じていない生徒が多い。普通高校で職業と関連した教育をより強化するとともに、専門高校の増設や地位向上を進めるべきだ」といった意見が出された。

 ヒアリングは公私立の高校関係者や大学教授、企業人ら3〜5人程度を呼ぶ。メンバーは毎回入れ替え、今年度末まで月1〜2回ペースで開催。高校や生徒を取り巻く現状や課題などについて幅広く意見を聞き、教育内容の見直しに役立てる。



高校の職業訓練校化をしたい、とも読めますし
朝鮮学校の独自カリキュラムに対する配慮、とも読めますね。

高校の職業訓練校化は、考え方によっては就業年齢の若年化と
それに伴う婚姻・出産の若年化という傾向を生み出すことになり
未来的な労働力確保のための移民受入れ政策を表明している
現政権としては一貫していると思います。

ですが、それも就業先があってこそ。
高校卒業での就職を一般化させて大学教育をあるべき姿に戻すというビジョンがあればいいのですが、企業がただ安く使える労働力を求めて若い人の就業を不安定な状態に置くのであれば、移民政策との兼ね合いもあり、後々雇用問題を元にした社会的混乱の火種になりかねません。

また現在の専門学校の位置づけが高校へスライドすることによって、専門学校のカリキュラムをより高度な専門化へと見直す必要も出てくるでしょうし、経営困難な状況に陥る学校も出てくるでしょう。

どちらも中途半端であれば、教育制度の混乱を招くだけなので
この見直しの意義と長期的な教育ビジョンというものを
菅内閣にはきちんと国民へ説明していただきたいと思います。
 多分、長期的ビジョンなんて持ち合わせていない、
 あるいは“日本国民には説明できない”内容でしょうが。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高校無償化と高校教育見直し 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる