言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS ウソを吐かれたら、どうしますか?

<<   作成日時 : 2009/12/08 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

めっきり寒くなりました。
本日の夕方のTVは、亀井vs菅と押尾容疑者逮捕でずいぶん尺取ってますね〜。
一方で某掲示板では、日米関連と国債発行額についての情報が熱いようです。
特に目を惹かれたのが日米関係についてのニュース。

米、同盟協議「延期」を鳩山政権に通告
YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091208-OYT1T00777.htm
 来年の日米安全保障条約改定50周年に向け、「日米同盟の深化」を目指して日米両政府が始めることにしていた新たな協議について、米政府が「延期」の意向を日本政府に通告してきたことが8日、政府関係者の話でわかった。

 米軍普天間飛行場移設問題で、米側が強く求める日米合意の履行を鳩山政権が見直す姿勢を示していることが理由だ。「同盟深化」の協議は、将来の両国関係強化の象徴と位置づけられているもので、普天間問題の混乱は、日米関係全体に深刻な悪影響を及ぼし始めた。

 関係者によると、「延期」は、4日に都内で行われた普天間移設問題に関する閣僚級作業部会の後、日本政府に通告された。米側は「普天間移設問題が解決されるまでは協議に応じない」と理由を伝えたという。

 日本政府は4日の作業部会で、普天間移設の結論を来年まで先送りする意向を米側に伝えた。これに、米側が強く反発したものとみられる。

 日本政府は、普天間問題の作業部会とは別に、米側と外務・防衛担当閣僚級の同盟協議を年内に開始したい意向だったが、延期が不可避となった。

 同盟深化のための協議は、先月13日の日米首脳会談で鳩山首相が提案し、オバマ大統領が同意。来年11月に予定される大統領の再来日まで、1年間かけて議論を進めることになっていた。

 首相は大統領との共同記者会見で、「日米同盟は安全保障のみに限らない」と述べ、防災、医療、教育など幅広い日米協力を重視する形での同盟の再構築を目指すとした。また、日米地位協定や在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の見直しも日本側が提起するとみられていた。

 協議は、1996年の日米安保共同宣言に続く、新たな共同宣言を出すことを目指していたが、鳩山政権が普天間移設問題をこのまま先送りした場合、新共同宣言の策定も困難になる可能性が強まっている。

 オバマ政権の極めて厳しい姿勢が明らかになったことで、首相が望んでいる、コペンハーゲンでの国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)首脳級会合(17、18両日)の際の日米首脳会談の実現も、調整の難航が予想される。


これが、発足からたった3ヶ月の現内閣の外交成果です。
まるで太平洋戦争勃発前夜のような勢いですね。

これまでの普天間移転についての鳩山首相の発言は、六カ国協議での北朝鮮の発言と経過が酷似していることに有権者は気付いているでしょうか。
結局米政府は、日本に対しても
『○○を履行しなければ協議に応じない』
という、北朝鮮への対応と同じ方針にシフトしたことがこの記事で読み取れると思います。

米中関係がこれまでになく深まる傾向を見せているのに合わせ、日米関係をこれ以上なくグダグダにして、六カ国協議での中朝のように日米関係も中国に仲介させて極東でのそのプレゼンスをより重要なものにしようという戦略であれば、非常に成功していますね、この政権。
国会が閉会すれば、小沢氏が大訪中団を率いて渡中しますし。

そこで、ひとつ問題になってくるのは、果たして有権者が先の衆院選でその戦略を支持したのか否かというところ。
外国人地方参政権についてもそうですけど、民主党ってブレずにまっすぐ目指していることは、なんとなく後ろに隠している傾向がありますし。


国内的には、政府の日米安保を軸にしてきた日本の安全保障政策に代わる戦略が示されていない故に、沖縄の人たちからも
「移設交渉ではなく、閉鎖交渉を」
という声まで出てきている始末。


夕方のスーパーニュースでは、この件に関する尺は約6分(短っ)。
木村太郎氏が
「駐留なき日米安保が鳩山政権の方針なんじゃないかと思えてきました」
などと言っていましたが、それならば選挙で有権者に対して説かれるのは、いかに駐留なしで日米安保を機能させるかという戦略であるべきです。

国外に基地があり、条約だけを結んでいるという状況では
有事の際の相手国の条約履行をどうやって担保するのでしょう。
有事における対峙国が同盟国に対して強力なロビー活動をすれば、条約が履行されない可能性は極めて高くなりますから、綿密な諜報活動とそのデータを元にした積極的なロビー活動をこちらも展開することになります。
さて、そのコストは現在のいわゆる「思いやり予算」とどちらが高いんでしょうね。


ねこねこが、この政権を「イヤだな」と思う感覚は、騙し系の営業電話をイヤだなと思う感覚と似ています。
大事なことは最後に言う、それを聞いたときには既に断れないといったやり口です。

給付を大々的にぶちあげて、増税が結局は先にくるやり方もそう。
庶民派をアピールするだけして、実は巨額の資産保有どころか献金隠しと脱税が疑われる総理大臣。
官僚を排して政治主導を前面に押し出しながら、政治主導で何をするのかはいつまでも表明しない内閣。

それと同じで、ホンネの部分では在日米軍を排して中国と安全保障を確立していきたい(もしくは中国−ロシアの核の傘に参入させてもらいたい)のに、まだ言わないの?といった疑念が沸いてきます。
反対する声を完全に排除できるシステムができるまでは言わないのかなぁとすら思いますね。

いいじゃないですか、本当のことをきちんと有権者に伝えて支持を受ければ。

資金を集めるだけ集めたら、特定の立場の人たちだけに還元しますよと。
巨額の資産を保有しながら、庶民と同じ程度の消費をすることで個人資産がうなってますよと。
政治主導だけど戦略の発表はできませんから、当面は官僚にルーチンやっててもらいますよと。

それで選挙に勝てるもんなら勝ってみろ(笑)


ちなみに、ねこねこは日本国内に置いておくべきは米軍だと思うんですね、今の段階だと。
日米安保条約というものが生きているからというのが第一の理由。
仮に安全保障を中国と構築するのなら、まずはどのような条約を締結するのかが焦点になりましょうし、具体的にどんな戦略の元にシステムが構築されるのか、これまで全く俎上に上ったことがありませんから。

そして、人民解放軍よりも米軍の方がマシだなと思う第二の理由としては、人民解放軍は中国共産党の私兵だということが挙げられますね。シビリアンコントロールの外にあるということです。

米軍はシビリアンコントロールの下に運用されているという点で、共同運用するにあたって日本と条件が同じです。
日本の実戦運用に関するノウハウの蓄積が戦後されていないというハンデはありますが、組織運営上の基本条件が同じことは重要だと思います。
実際に運用されるまでに、二重三重の安全弁がかけられているのが議会制民主主義国の軍隊ですから、あくまでも「私兵」である軍隊よりも条約下で動かしてゆくのには適しているんじゃないでしょうかね。
(まぁ今の日本の状態を見ると各国共通の失敗例のひとつでありましょうし、大勢の愚者が選ぶ国家運営の責任者よりも、突出した聖人君子による統治の方が国が富み強くなるのかもとは思いますがね、それは中世の価値観でしょう)


民主党は中国詣でをするのは結構ですけど、税金を使った(まさか全部私費とかないですよね?w)大訪中団の目的をきちんと国民に開示した上で、安全保障に関することも含まれるなら、上記の政治システムによる軍隊運用の差異まで有権者に説明してから行ってもらいたいものですねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ウソを吐かれたら、どうしますか? 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる