言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 他の議員と小沢氏の違いはあるか?

<<   作成日時 : 2009/11/02 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

夕方、東からきれいな満月が昇ってきたと思ったら、あれよあれよという間に雲が湧き上がって大嵐になりました。
急激に気温が下がって、何事かと思うような強風。
氷のような空気の冷たさに、温暖化というよりも氷河期?という気がしてみたり(まぁ相関関係のある両者ですが)。
さて、大嵐が吹き荒れるのは永田町も同じですね。
日米同盟が危うい上に、日本の政治自体がその形態を大きく変えようとしています。

陳情はまず小沢氏へ? 民主が窓口を一本化 “直訴”は禁止
msn産経 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091102/stt0911021958008-n1.htm
 民主党は2日の役員会で、国会議員や地方組織、自治体、業界団体の政府への陳情は原則として省庁は受け付けず、民主党幹事長室に窓口を一本化する方針を決めた。政府と調整し、早期の実行を目指す。自民党時代の「族議員」や予算獲得のための自治体幹部らによる年末の「霞が関詣で」の一掃を狙ったものだ。小沢一郎幹事長率いる幹事長室の影響力が強まるのは必至で、来夏の参院選に向けて業界団体を取り込む思惑もありそうだ。

 小沢氏は同日の記者会見で、「利益誘導型政治、政官癒着の原因をなくすのがわれわれの主張だ」と述べ、新しい陳情システムの意義を強調した。

 陳情は、高嶋良充筆頭副幹事長、細野豪志副幹事長らが優先順位をつけ、各省庁担当の副幹事長が政務三役(閣僚、副大臣、政務官)へ取り次ぐが、議員の同席は認めない。結果は幹事長室経由で陳情者へ伝える。

 政府は、自治体や団体の個別案件については直接陳情を受け付けない。しかし、「(省庁幹部との)提言や面会は認める」(民主党幹部)としている。

 また、地方の業界団体の陳情は、都道府県連でとりまとめ、中央の幹事長室へ上げさせる。地方組織強化の効果も狙っている。

 ただ、膨大な陳情を幹事長室がさばききれるか不透明なうえ、政府に対し直接、陳情ができなくなる自治体からは戸惑いの声も出てきそうだ。
※強調部分はねこねこによる


利益誘導型政治、政官癒着の原因をなくす と言えば聞こえはいいんですけど、
ならば陳情の受付を一切なくせばいいのにと思うのはねこねこだけでしょうか^^;

先の衆院選でも、地元の候補者さんが「県道○号の建設推進します」と言ってらして、「そこはどっちでもいいです」と申し上げたねこねこですから(いや待ち望んでる人もいらっしゃったでしょうが)、そういうことを前面に押し出す選挙はもうお腹いっぱいなのは確かです。

しかし、政治となれば話は別です。
陳情の中にはそういった「一部の利益を誘導させようとする」ものも多々ありましょうが、例えば対馬の現状を訴えたり拉致被害者の家族の声を届けたりといった安全保障的なものに密着するものもあります。

それぞれの議員さんの専門分野によって、陳情する側はどこ省の誰さんに話をもっていくか検討するわけで、それが持ち寄られて省内や党内で集約される議論があり、必要があれば立法され国会で審議されますよね。

それが議論の余地なく、党の役職者が「優先順位をつけ」るとなれば、一体基準はなんでしょう?


これで陳情する側がきちんとデータを揃えてプレゼンテーションするとか、陳情に効果がないならもうしないとか、そういう流れになればまたちょっと違うのでしょうが、民主党のこれと思う議員さんに話を聞いてもらえなければ自民党へ、票も持っていきますよという話になってしまっては本末転倒です。

ましてや政権与党に話を持っていくのが一番手っ取り早い案件ならば、話を聞いてもらうためにあの手この手になりかねないのは容易に想像がつくのですが、そこで何かしらの不正がないかどうか誰が監視するのでしょうね。
しかもあの手この手が使える陳情ばかりが議員さんに届き、それ以外は耳にも入らない状況になりませんか。

政官癒着やら言いますが、陳情団体との癒着がこれまでの議員さんに発生することで利益誘導政治が広がったというのなら、これまでの議員さんと小沢氏の違いって何でしょう?
そこに癒着が起こらない保証はないし、いわゆる『族議員』が何かしようとしてもこれまでは国会という場で必ず審議を受けていたものが、民主党政権における行政立法一体化の構想の下ではその監視機構も働かないわけで、これでは以前よりも状況は悪くなりかねません。

それとも、小沢氏が全て掌握していれば大丈夫、とでもいうのでしょうか(笑)
霞ヶ関詣でが小沢詣でに変わるだけで、もっと状況は悪いように見えますが。


中国の話になりますが、陳情者が話を聞いてもらうために地方から出てきて、それを待っている間に数年経ち住み着いたバラックがスラム化するという新聞記事を読んだことがあります。
狭い国土の日本ですからそこまではと思いますがw


そう言えば、民主党の議員さんたちが選挙後のインタビューで
「広く国民ひとりひとりの意見を聞いて働きたいです!」
と抱負を述べておられたのは、一体どうなってしまうのでしょう。

国民のために働こうという士気の高かった議員さんにも、その支持者さんにも、お気の毒なことです。
選挙戦の最中にここまではちょっと予想できなかったんじゃないでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
すっきりどころか闇の中へ
+++++++++++++++++++++ ...続きを見る
偕楽園血圧日記
2009/11/04 22:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
他の議員と小沢氏の違いはあるか? 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる