言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS ムダを排除と言いますが…

<<   作成日時 : 2009/09/02 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

9月に入りました。
今日はねこねこの住むあたりは一日涼しくて、早くも秋の気配です。
午後にはトンボが飛んでいるのを見かけました。
以前はこれから暑くなっていくという初夏の雰囲気が一番好きでしたけど、最近初秋の夏の暑さを洗い流していくようなひんやりしたこの感じがとても好きです。
年取ったのかなぁ(笑)

さて、前回ねこねこがこれアリなのか?と思った補正予算の執行停止について続報がありました。

補正組み替えは年明け 民主、秋の国会は執行停止のみ
47NEWS http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090101000076.html
 民主党は1日、政府、与党が国際金融危機を受けた景気対策として成立させた歳出総額約14兆円に上る2009年度補正予算について、秋の臨時国会では当初表明していた組み替えを行わず、未執行分約3兆円の執行停止にとどめる方針を固めた。組み替えは来年の通常国会に先送りする。

 4月に廃止された生活保護支給の母子家庭への加算(総額約180億円)は、鳩山由紀夫代表が「社会的に困っている人のために大事な予算を使う」として復活を表明していたことから、臨時国会に第2次補正予算案を提出して実現する方針だ。

 補正組み替えに踏み込まないのは、来月にも開かれる臨時国会には、作業が間に合わないことが明白になったため。民主党関係者が非公式に財務省に照会し判明した。

 民主党はこれまでに、09年度補正予算に117億円が盛り込まれた「アニメの殿堂」と批判する「国立メディア芸術総合センター」(仮称)事業などを廃止することを表明。臨時国会で補正予算組み替えを行い、母子加算などの財源に充てる方針だったが、変更した。

 補正予算には、複数年度にわたる事業を行うためとして46基金に総額4兆3600億円を支出することが盛り込まれている。一部は既に執行されていることから、執行停止の対象となるのは3兆円程度と見込まれる。

 民主党は来年1月に開かれる通常国会で、執行停止を解除し、補正予算組み替えを行う方向。党政策担当者は「秋の臨時国会では、雇用など緊急を要するものに対応する」としている。

なお、10月に召集する臨時国会での第2次補正予算案には、生活保護の母子加算手当て復活を盛り込んで、10月からの半年で90億円ほど予算を取るそうです(http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090901-OYT1T00111.htm?from=navr)。

この未執行分3兆円の内訳が知りたいですね。
そして、国会審議で承認された予算というものを次期政権政党であるという理由で執行停止できることに対する疑問が解けません。
まず執行停止、9月に首班指名と組閣、10月に臨時国会で補正予算審議というスケジュールですが、この空白の1ヶ月でどれだけの影響が出るものなのか、内訳によっては影響がごく一部に留まることも考えられますから、公表できるものなら公表して新政権に対する信頼度を上げる努力をしてほしいですね(公表して逆に下がることもあるでしょうけれど)

ただ、財源問題に関しては、ようやく具体的な説明をしてくれる議員さんがいらっしゃいました。
今朝「とくダネ!」に蓮舫氏が出ていて、来年度予算からの財源確保の展望をかなり具体的におっしゃってました。
今日は特に子ども手当てに焦点を絞って(いつからもらえるのかという問い合わせがあったというニュースを踏まえてだったと思います)の話でしたが。

記憶だけで書きますが、
『子ども手当ては全予算207兆円の1割弱。どこの企業でも経費1割削減というのは行っていますから、必ず無駄を排除すればできます。』
ちなみに予算207兆円は一般会計と特別会計を合わせた額。
 【参考】 「一般会計」と「特別会計」の違いとは
    Wikipedia 一般会計 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E4%BC%9A%E8%A8%88
           特別会計 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E4%BC%9A%E8%A8%88

特別会計の無駄(いわゆる埋蔵金ですね)に手を突っ込むのは、かなり専門的な知識が必要なのは以前から言われていることですが(下手に手を突っ込むと取り返しがつかないことに)、それを民主党はやってのけると言っているんですね。
確かに無駄もあるでしょう。あるでしょうが、国民がふと気づいたら受益者負担の原則総崩れ、どこの金がどこに使われたのか更にわかりにくくなって必要なものに全く予算が回らなくなった、なんてことのないように透明性をもって何をどれだけ削ってどこに使うかを明確にしていってほしいですね(多分ムリだけど)。

また、その無駄に関して
『細目を財務省にお願いして提出していただいた。派遣の人件費が、人件費でなく施設整備費に計上されるなどいい加減』
ともおっしゃってました。

当たり前です(笑)
項目が施設整備費であることが妥当かどうかは分かりませんが、派遣であって直接雇用じゃありません。
かなりカンタンに言ってしまうと、労働力(技術・特殊技能)を商品として購入するのが派遣契約ですから、派遣された者(実際に働いた者)は派遣先(この場合は官公庁)ではなく派遣元(人材を派遣した会社)から給料もらいます。つまり、人件費として計上するのは派遣元。

特に官公庁関係の仕事は短期ものが多いです。
場合によっては登録派遣に仕事まわってきたりします(通常の派遣契約としては業務従事日数が足りなかったりして。まぁ実際行ってみると、この職員の動きで人手が足りないとか言ってるんだぁwと思うこともしばしばありますが。ムダ言うならそこですねw)。
派遣ユニオンは、支援を求める前に先生方のそこらへんの認識を改めてもらってはいかがでしょう。このままではかゆいところに手が届く支援は望めませんよ。
(タイゾー議員がやったニート・フリーター支援の際の認識違いに通じるものがありますね、ここらへん)

その他の公共事業などを無駄とする件については、具体的に何が無駄という話もされてませんでしたし、何をどう無駄と判断するのかは分かりません。
ですが、今朝もしこの番組を見ていて「なるほど〜」と思い「1割だけならできるのかも!」と思ってしまった人は、過剰な期待はしないほうがいいかも知れませんね。


ところで、公共事業がそんなにムダかっていうと、今の景気の状態だとそうでもないと思いますよ、ねこねこは。
もちろん箱物建てた後の収益見込みとかそういうものは必要ですが(収益取れないものをいっぱい作ってその後維持費でマイナス、税金で賄って…っていうやり方をしたから批判されてるわけで)。

土建業界の構造(必ずしもそれが最良というわけではありませんが)から、これほど一気に上から下までまた広範囲に渡って金が流れる構造の業界は他にありませんからね。
土建屋が動くと、外装・内装・電気・ガス・水道はまず確実に金が流れる先ですし、そうするとそこに付随する生産系業界にも流れることになります(資材を自分とこで作ってるとかごく稀ですし)。
これまでの景気対策によって社会がぼちぼち落ち着いてきたところに、カンフル剤的に金を流すには効果範囲としてはどの業界よりも最適ですし、何よりもインフラに関わる業界に金が流れます。
要は市場の作用を利用することでインフラを正常に機能させるための別途財政出動がとりあえず不要になる(または先送りにして他のことに先に使える)という面があることが、一切語られないのが不思議ですね。

もちろんそればっかりじゃダメですし、税金を使う以上は経費対効果や公益性、今は採算までちゃんと考えないとだめですよ?
ですけど、何かって言うと「公共事業は悪者!」と言ってどの公共事業がどう悪いのかが全く国民の目に見えてこないのは、本当に違和感あります。


ひとつ言えるのは、面白いことに不安要素が多いほど見ている者は勉強するってことでしょうかね。
自民党政権ではお任せしきっていた部分を「変える」っていうんで、民主党の支持層も非支持層も分からないところをどんどん調べて勉強するようになっていると思います。
今回下野した自民党の先生方は、野党として与党の政策を対案やきちんとした理論で批判していくことによって、国民の政治に対する認識を一段成長させ鍛え上げるという役割をも負っていることをお忘れなく。


【蛇足w】

とはいっても、旦那さまに「どう思う?」と聞いてみたときの言い分がかなり乱暴で笑ったんですけどw
いわく
「各家庭にちまちま小額配るより、2000億くらい○島に渡していいもの作れ!って言ったほうが経済効果ありそう」

ちょwwおまwww
そりゃ極論だよwww
(鹿○にとって2000億なんてはした金っていう突っ込みはナシの方向でお願いしますw)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやいや、K島でも2000億は端金じゃありませんよ。いや、同じ業界だから言いますけど(笑)。でも確かに建設業への就労人口は約800万、結構な経済効果はあると思います。私のような下っ端でさえ、日本の雇用を支える建設業界という自負は若干なりともありますから。

本当に、公共事業というひとくくりで全て悪、みたいなまとめはやめてほしいですね。自分のブログでも書いたんですが、低レベルでの観念のみの発言が多すぎて話しにならないと思います。

ところで、鹿島(あっ、実名だ:笑)は、2000億あったら。。。。トンネルかな、ダムかな、再開発かな?(笑)
ファイブ
2009/09/03 23:03
>ファイブさん
21年7月現在の統計で建設業は520万人となっていますが、それでも全国の就業者数6270万人の1割弱がひとつの業界にほぼまとまっているというのは大きな数字です。
ここに製造業やサービス業の一部がからんでくるということと、元請けの企業から下請け・孫請けの個人まで一気に資金が流れることを考えると、やはり景気対策でまずここを動かすというのは重要なんですね。

以前地元にある能楽堂がムダだとTVで批判されたことがありました。伝統工法にのっとった建物を建てるという価値、能や狂言などの公演(月毎の公演や季節ごとのイベントを実際やっているのに)を誰でも身近に見ることができるという利点や教育効果というものが全く考慮されていませんでした。

あっw実名出したら他の大手さんからクレームが(笑)
再開発あたりどうでしょうねw
太陽光発電を各戸に入れるのが流行ってますから、いっそ町全体に発電システム入れて、電力会社と各戸取引じゃなくて電力会社と町の取引という集約システムみたいなものもプロジェクトとしてやってみてほしいです(あ、2000億じゃ足りない予感w)
ねこねこ
2009/09/04 13:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ムダを排除と言いますが… 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる