言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 非核三原則が法制化されないのは妥当

<<   作成日時 : 2009/08/10 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

昨日は長崎原爆の日でした。
一日遅れてしまいましたが、改めて犠牲者の方々への祈りを捧げるとともに、現在もその影響に苦しむ方々へお見舞い申し上げます。

TVでは酒井法子容疑者の話ばっかりですね。
ここまで特集組んでやることなのかと、それが始まるとTVは消しているねこねこです(笑)
選挙に関連して流されてしかるべき情報が、この時期に有名人の麻薬の話題よりも尺が短いとか、本当に今のニュースショウは困ったものです。

ところで、昨日長崎原爆の日に、鳩山民主党代表が「非核三原則の法制化」について言及したようです。

非核三原則の法制化検討=慎重姿勢を転換−民主代表
時事ドッドコム http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2009080900069&j1
 民主党の鳩山由紀夫代表は9日、長崎市内のホテルで被爆者団体代表者と懇談し、非核三原則について「唯一の被爆国として守っていくことが重要で、その一つに法制化という考え方もある。しっかり検討したい」と述べ、法制化を検討する考えを表明した。
 鳩山氏はこれまで「逆に法律が変えられる危険性も持つ」として法制化に慎重な姿勢を示していた。しかし、衆院選後の連立相手に想定する社民党が法制化を求めていることから、「鳩山政権」が誕生した場合の政権運営を考え、軌道修正したものとみられる。
 鳩山氏は懇談終了後、記者団に「法律よりも強い『国是』の方が守られると思ったが、法治国家として法制化が必要だと皆さんが判断されるなら一考する十分な価値がある」と説明した。 
 懇談会では被爆者団体側が「自公政権との差別化を図るためにも非核三原則を法制化してほしい」と要望。鳩山氏は「自公政権との差別化というのはその通りだ。要望の強さをうかがい、法制化を検討していく」と約束した。
 鳩山氏の発言について、社民党の福島瑞穂党首は9日、長崎市内で記者会見し、「よかった。長崎に来て核廃絶への思いを肌で感じたからではないか」と評価するとともに、「政権が代わり、新たな政治になった時にきちんとやっていきたい」と述べ、社民党として法制化を重視する立場を重ねて示した。

以前言ってたことと違うね〜というのはいつものことなのでとりあえず置いといて。

結論から先に言うと…
法制化することで憲法9条と並ぶ宗教になります(笑)
民主党はこの法制化を検討するにあたって、国防に関する明確なビジョンはあるのでしょうか。
福島瑞穂氏にはそういうビジョンはないでしょうから、やるならかわりにちゃんと提示していただきたいですね。
日本の隣に核大国がある(半島じゃないですよwその奥ですね)ことも含めて、鳩山代表がどう考えているのか知りたいものです。
米国の核の傘から離脱して、中共の核の傘に入れてもらおうとでも言うかも知れませんけど(笑)

これに対して、毎日の記事はいかにも麻生総理が核軍縮に反対しているかのような記事を配信していますが、そっちの見解のほうがよほど現実的だと思いますよ。

核兵器:先制不使用、首相が否定的見解 鳩山・民主代表、「三原則」法制化前向き
毎日.jp http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090810ddm001010077000c.html
 長崎市で平和祈念式典が開かれた9日、現地を訪れた与野党党首から「核」をめぐる発言が相次いだ。

 麻生太郎首相は会見で、核軍縮の一環として核兵器の先制不使用を米国に求めることについて「核兵器を保有している国が『先制攻撃をしません』と言ったとしても、その意図を検証する方法はない。日本の安全を確保するうえで現実的にはいかがなものか」と否定的な見解を示した。首相は6日に広島市でも米国の「核の傘」が必要との認識を示している。

 民主党の鳩山由紀夫代表は被爆者団体から非核三原則の法制化を要望され「確かに法制化というやり方もあろうかと思う。しっかり検討することを約束したい」と述べた。4日の記者会見では「法制化すると逆に変えられる危険性も持つ」と否定的な考えを示していたが、軌道修正した。

 鳩山氏はまた、核持ち込みを認める日米間の密約について「政権を取れば調査して米国とも議論し、事実関係を公表したい」と改めて強調した。

 民主党に非核三原則の法制化を申し入れていた社民党の福島瑞穂党首は会見で、鳩山氏の発言について「長崎に来て核廃絶の思いを肌で感じたのでは」と評価。麻生首相の発言に対しては「核廃絶に向けた世界の潮流や人々の思いからかけ離れている」と批判した。

 共産党の志位和夫委員長も記者会見し「日本政府が米国の核巡航ミサイル退役に反対している」と批判した。米国は攻撃型原潜に搭載する核巡航ミサイルについて核弾頭を更新しない退役措置を検討しているが、米議会の「戦略態勢委員会」が5月の報告書で「アジアの同盟国の一部が退役を憂慮している」と指摘。志位氏は「核密約に基づき核兵器を持ち込む体制の継続を日本側が求めている」と述べた。
※強調部分はねこねこによる

世界の潮流や人々の思いと言うなら、福島氏は何故北朝鮮や中共、新興国の核兵器を批判しないのでしょう。
また、非核三原則についてのいわゆる「密約」というものを、「どうぞ日本に持ってきてください」という裏約束だと誤解させる志位委員長の発言もいかがなものかと思います。

核兵器に対する日本の姿勢は、自衛隊の位置づけと似ているなぁとねこねこは思います。
建前としてひとつの決まりがあって、現実に即さない部分をいかにそれに添うように解釈するかというところで。
基本的に国防全体に関して万事そんな姿勢でやってきたわけで、そのまま法制化に向かうことでどれほど国全体の安全が脅かされることか。

現在核兵器を保有する国々に、少しずつでもそれを放棄することを監視しながら実行させるシステムも上手く機能していないばかりか、そういった仕組みなど歯牙にもかけない国々が新たに保有している現在、とりあえずの安全を担保できる方法も明らかにせずに自縄自縛しようとする…今回の鳩山代表の発言は、「国の安全を現実的に考えるよりも、まずは議席数確保を現実的に考えた」シロモノで、とても“はいそうですかそれはいいですね”とは言えませんねぇ。


仮に先制核攻撃をしないように、米国にだけ約束させようとしてもそんなもの何の効果があるでしょう。
最悪、核の傘をはずされて日本が身動きをとれなくなる可能性だってあります。

現在まで、基本的に核兵器は「使用することを前提としない抑止力」という部分もあったわけで、新興国の核保有によってそれが曖昧になりつつあります。
核軍縮の一環としてと言うならば、核保有国が一堂に会する国連で決議させる方向でやるべきです(紛糾するのは目に見えていますが)。
それができれば、世界的な核軍縮・核兵器廃絶への大きな一歩になると思いますけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
空想は本の中でやろう
 八月になったということで、NHKがここぞとばかりに「戦争! 戦争!」とやっている。  が、その主眼はすべて「かつて日本はこんな酷い国だった」を印象付けるためのものばかり。これから先の未来の平和を考えるためには必須になる「当時の状況の俯瞰視点」がことごとく欠けて ...続きを見る
偕楽園血圧日記
2009/08/11 21:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「世界の潮流や人々の思いと言うなら、福島氏は何故北朝鮮や中共、新興国の核兵器を批判しないのでしょう。」

もう、おっしゃる通りで(笑)昨日東京地域では放送されていない「たかじんの何でもいって委員会」にて、あるゲストが、“六カ国協議の進展によって東アジアの非核化が..”おいおい、中国がいるよ中国が。ロシアの端っこもあるしよーって突っ込みいれてしまいました。
きれいな核、汚い核ってなところなんでしょうか、福島さんには(笑)私は、全くもって理想論者が語る空想的核軍縮なんてことはできないと思ってまして、非核三原則の法制化など寝ぼけ眼でしか見れないのですが、実際そんなことするつもりなんでしょうか?というか、これ、逆に非核三原則が、ただのキャッチフレーズだと認めちゃったことになるんじゃ(笑)あれだけ金科玉条あげてたのに、いいのかなあ。

麻生総理も選挙では負けるかもしれませんが、言ってることは全くもって当たり前のことで、それを批判されちゃうんだからおかしな国ですねえ(苦笑)そういやまた漢字の読み間違いであげつらわれてたし。

のりPについては...世代なもんで...(笑)実は一般ニュースより興味津津です(苦笑)

あっ、地震、大丈夫でしたか?(汗)
ファイブ
2009/08/11 13:01
「今の日本は、三原則に『議論すら許さず』を付け加えた比較四原則状態である」
 漫画家のしりあがり寿さんという方が、前にそんなような事をおっしゃっていましたね。
 まあ僕も実のところはコスト的な理由から核所持には反対だったりもするのですが、かといって「反論は絶対に許さん!」というのはやっぱり何か違う気がします
くす。
2009/08/11 18:22
>ファイブさん
ご心配ありがとうございます。うちのほうも結構揺れましたけど(私の睡眠を妨げるくらい:汗)、こちらは無事でした。

安全保障の分野で不安すぎる民主党ですが、何よりも議席数のためなら社民党みたいな政党でも意見を呑んでしまうところに、いかに理念や信念がないかが見えますよね。
ここまで普通に記事になっていて、有権者がそれに気づかないならば、日本は民主主義国を名乗る資格はないような気がしてきました(笑)
民主主義が成立するためには、有権者の勉強や知ろうとする努力は必須ですもの。

酒井法子については、あまりにも大々的な報道になってるので、政治関係の情報で何か隠したいことでもあるのかと思ってしまいましたよ(笑)
ねこねこ
2009/08/12 13:15
> くす。さん
憲法改正に関することでもそうですけど、両極端なんですよね。
護憲論者も改憲論者も、そこに議論の余地がないような主張をする傾向にあると思います。

それと核の問題って根っこは同じです。
どうして安全保障の問題になると、こうも両極端に振れるのかが不思議でなりません。
議論して世論が形成されて一番いいところに落ち着く、そういう形が出来上がるのは一体いつのことになりますやら。
ねこねこ
2009/08/12 13:19
『北朝鮮と台湾の関係』 核廃棄物

核開発などで何かと話題に上る北朝鮮と台湾の以外な関係をまとめてみましたので
ご参考まで。

 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm

 http://72.14.203.104/search?q=cache:Dgo-61n9W8sJ:nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
 
  日本財団 図書館
  1997/06/10 世界週報

  必ずしも足並みがそろわぬ米側の対応

  加えて、四月一二日、李登輝総統は、イギリスの賓客との会見の中で、
  北朝鮮問題とそれに関する台湾の対応策に言及したといわれる。
  だが、かねてから話題となっていた台湾の核廃棄物を北朝鮮で処理する問題については、
  既述のギングリッチ米下院議長ですら李登輝総統との会見で抑制を促したもようである。

 http://ritouki-aichi.sblo.jp/article/31540733.html?reload=2009-08-27T15:15:16
  愛知李登輝友の会ブログ
   2009年08月23日
    のコメント欄をご覧ください
おなか一杯
2009/08/29 13:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
非核三原則が法制化されないのは妥当 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる