言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 漁業の危機。座して支援を待つよりも…?

<<   作成日時 : 2008/07/16 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

昨日は全国の漁港で一斉休漁ということになりました。
大手新聞社が配信する記事を見ていても、地域発で全国各地の漁港が静寂に包まれる様子が報じられています。
そして、今朝は市場の様子が配信されています。

■鮮魚なく…市場は開店休業 価格はジワリ上昇 一斉休漁
msn産経 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080715/biz0807152057014-n1.htm
 全国で一斉休漁が行われた15日、鮮魚の水揚げが止まったため、半ば「開店休業」になる魚市場が出るなど、“漁業ストライキ”の影響が広がった。休漁前日の水揚げが入荷された市場でも、魚の価格が上昇するケースがあった。仕入れ業者らからは「早く、いつもの市場に戻ってほしい」という声が上がった。

 三浦半島周辺では14日から多くの漁船が休漁を始めた。いつもは朝から活気づく漁港も15日は人はまばら。係留されたままの漁船がズラリと並んだ。

 旅館や鮮魚店などが地元の鮮魚を求めて仕入れに集まる小田原市公営水産地方卸売市場では、漁船からは鮮魚が1匹も水揚げされず早朝の競りは中止に。閑散とした市場の中で、いけすに蓄えられた鮮魚や冷凍物などの取引だけが行われたが、仕入れ業者はいつもより少なく、関係者は「半ば開店休業のようだった」と話した。

 宮城、静岡などの市場でも鮮魚の水揚げがストップしているため、15日早朝の競りが中止されるなどした。


 競りが行われた市場では、魚の値上がり傾向が見られた。長野市の長野中央卸売市場では、14日の漁で水揚げされた鮮魚が入荷したが、競りでは、サバが1キロ当たりで、いつもより約50円程度高い550円前後の値を付けた。

 東京・築地の中央卸売市場では鮮魚類全体の入荷が減少。サバは前日より68円高い259円、マイワシは238円高い1090円の値を付けた。市場関係者は「15日の休漁で、16日の水揚げがなくなる。その前に買いだめをしようという動きで、値が上がった可能性もある」と分析した。

 一方で、スーパーなどの小売店では、事前にいけすなどに蓄えた商品や冷凍物などを陳列し、大きな影響はなかった。

原油高による燃料高騰に対する“抗議”なのか、燃料高騰でどうやっても“漁に出ることができない”のか、漁を休みにした地域や個々の漁師さんによっても違うのでしょうが、燃料高騰は一因であって根っこのところにもっと本質的な問題がありそうです。

今朝の情報番組でやっていたのは、「魚の価格決定」について。
本当にねこねこ自身が無知だったわけですが、決定権が末端の小売店にあると知って驚きました。
そりゃ、生産者側のコストが上がったら生産者ばかりが赤字になりますね。
さすがにそれは放っておけないので、流通システムの各セクションでそこを吸収しようと努力する。
でも、小売店が価格を決めている以上はそれも限界があるわけで、結局システム内の関係セクションが全員負けるシステムになってしまっているわけです。

現在の魚の流通システムって、実は非常に日本ならではの優秀さ。
鮮度を保つためにどういう経路を辿っても、末端まで24時間以内に届くようになっています。
その良さを損なわずにシステムを見直すことはできないものでしょうか。
政府に求めるのはそこだと思うんです。

とりあえずの対策は必要でしょうが、燃料代の補填と言い出したら他業界にも必要になります。
例えば航空業界と同じで、運輸業界には「燃料サーチャージ制」を指導しているそうですが、それによってこれまで企業や業界内で吸収されてきた燃料コストが流通コストにダイレクトに反映するようになります。
ということは、今回のようなケースで1箇所に補填して操業ができるようになったとしても、それ以外のところでのコスト高により更に末端での価格が上昇するわけで、それを販売価格の決定権を持っている小売店が抑えようとするとその差分は結局漁師さんへ返って来るんですね。
最悪の場合、流通経路で発生する燃料高騰によるコスト高の全てを、漁師さんたちが一挙に被ることにもなりかねません。
なにがしかの燃料対策という補填だけで。
それは、今よりももっと深刻な、漁業の危機を招くと思うんです。

とは言え、原材料費が上がり、製造コストが上がり、流通コストが上がり…物価高は天井知らずになる可能性もある中、政府は何をやっているかと言えば、とりあえず問題箇所の対症療法的な手当てです。
この問題は小手先のことで何とかできるようなものではなく、もっと危機的な状況であると政府が認識していることをアナウンスしてほしい(まさか認識してないってことはないハズです)。
そのアナウンスがあるだけで、どれほど不安が和らぐことか。

昨日のニュースでこういうものがありました。
■原油価格は上昇する見通し=イラン大統領
REUTERS http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32742520080715
 [テヘラン 14日 ロイター] イランのアハマディネジャド大統領は14日、同国の核開発プログラム阻止に向けた同国への攻撃の脅威などを含むさまざまな要因によって、原油価格は上昇するとの見通しを示した。イラン国営テレビで語った。

 同大統領は「原油価格は誰もが知るさまざまな理由で上昇する見通しで、そのうちのひとつは、われわれの核プログラムに対する軍事攻撃の脅威だ」と述べた。

 原油価格は過去最高値を下回っているものの、9日にはイランのミサイル発射実験を受け、同国の核問題をめぐる西側諸国との対立が懸念され2ドル上昇した。

 米国は、イランの核開発をめぐる問題への懸念が外交的に緩和できなかった場合のイランに対する武力行使の可能性を排除していない。

 また、イスラエルは前月、軍事飛行演習を実施し、イランの核施設攻撃をめぐる憶測を呼んだ。

 イランは、攻撃を受けた場合、イスラエルと中東の米軍基地に対し報復すると言明している。

入手できる限りの情報を駆使して、おそらくは長期的な見通しを立てようと政府も動いているとは思います。
原油価格高騰が更に長期にわたるものであり、価格が落ち着くことが見通せないというのなら、物価統制令に基づく統制価格導入も実施されるべきではないでしょうか。
尚且つ、日本はエネルギー確保の為に原子力発電をより高度なものに練り上げる必要が出てきます。
原油価格が更に高騰するのなら、いつまでも統制価格は維持できないでしょう。これまで企業が吸収していた部分を国民全体が税金によって吸収することになるわけですから、吸収幅は現在よりも出てきますが永久に耐えることはできません。

そして、更に政府や行政のコストも、引き続き無駄や不正を排除することが必要になります。
現在日本に存在する問題全体と、この問題は繋がっています。
今日は通常通り水揚げが再開されたそうですが、漁業関係者の皆さんが苦しいことには違いありません。
また、漁業関係者のみならずあらゆる業界がもはやぎりぎりの状況です。
月内にも何らかの対策をするという福田総理の発言もありましたので、政府の対応に注目したいと思います。


原油価格が下がればいいんですけどね。
でも、ラビ・バトラの本によれば、原油バブル崩壊が資本主義の崩壊を引き起こすって言うし…
どうなっちゃうんだろう?という不安に政治が応えてくれるといいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
目指すは政権後退!
 この週明け、原油価格高騰により「漁に出るだけ赤字」の状態に陥った漁師たちが、漁協の指導で全国的に一斉休漁するということがあった。  魚介類もご多分に漏れず食料自給率が落ちていて、今では全体量の四割が輸入に頼っている。そのおかげというのも困った話なのだが、いわ ...続きを見る
偕楽園血圧日記
2008/07/18 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
主宰のゆさこをゐちです。
トラックバック有難う御座いました。
本件は、業務上関る部分が多く、何ともしがたい気持で記載致しました。
極論からすれば「政府・流通・消費者」が殺した第一次産業。
その根底を世間で少しでも察して欲しいと思うのです。
どうしちゃったの この日本?
URL
2008/07/16 12:28
■一斉休漁・・・・・-やはり海洋開発は必要か?

こんにちは。このままでいくと、魚がとれなくなって、食卓から姿を消すとか、消さないまでも高級品になっておいそれと食べられなくなるかもしれません。しかし、私は、人類の英知をもってすれば、この問題も解決できると信じています。こには、長くコメントできませんので、その解決方法など、私のブログに掲載してありますので、是非ご覧になってください。


yutakarlson
URL
2008/07/16 14:01
>ゆさこをゐちさん
こちらこそ、コメントありがとうございます。
漁師の方の様々な事情は、ほとんどの方が理解していると思います。それを無駄の一環としてあげつらう短絡的な批判をする記事もありますが、それこそが漁業の未来を奪うものです。

今回の操業休止の最大の成果は、私のような『1パック680円也の数切れの国産魚の刺身を今夜のおかずに加えるか、スーパーで真剣に財布と相談する』主婦にも問題点を考えさせてくれたところにあります。
それがすぐに漁師さんたちの窮状をどうこうできるものにはならないでしょうが、決して他人事に考えているわけではありません。
漁業関係の方々には、ピンチをチャンスに換えてこの難局を何とか乗り切ってもらいたいと思っています。
ねこねこ
2008/07/16 17:37
>yutakarlsonさん
こんにちは^^
記事を興味深く拝読致しました。

海洋牧場の構想は、それこそSF小説から実現可能な養殖技術まで色々出ていますよね。
それを何故政府が農業と同じだけ支援しようとしないのかが謎です。
国家財政を注ぎ込むだけの科学的裏付けがまだ足りないのか、いわゆる「族議員」というものが水産関係では存在しないのか。
水産庁が省昇格というハナシもあってもいいのになぁと思うんですよね、日本は海洋国家ですし。利権と切り離せないところが難物ですが、それなら少しはプロジェクトとして進みそうな気がします(本当はそんな利権なんかと関係なく大切に育てることができるのが一番ですが)。
ねこねこ
2008/07/16 17:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漁業の危機。座して支援を待つよりも…? 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる