言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『古代ローマ1000年史』を観た(゚д゚)

<<   作成日時 : 2008/01/03 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

久しぶりにTBSを観たような気がします。
視聴率低迷というニュースもありましたが、これは面白かった。
ローマ帝国の興亡史は、かつてアイザック・アシモフが『ファウンデーション(銀河帝国興亡史)』シリーズでモデルにしたとも言われています。
その壮大な物語をどんな風に紹介してくれるのかと楽しみにしていました。


ちょうど観終わって、その歴史が伝えてくるメッセージの膨大さと、そのどれもが非常に大切であることにちょっと圧倒されてしまっています。

しかし、その発展における重要な要素だった征服地の「併合」をあれほど絶賛するとは、TBSに何かあったのでしょうか(笑)
確か、第2次大戦当時、日本が行ったのも「植民地化」ではなくそういった「併合」だったと思うんですが。
司会のみのもんたをはじめ、ゲストも皆それを「素晴らしい」と言っていたことに、妙に違和感を覚えました。違和感の理由は、単に「TBSの番組なのに」っていうだけなんですけどね^^;


ともあれ、その政治システムには驚きました。
ほぼ日本史オンリーでここまで来たねこねこは、ローマ史はほとんど知らなかったのですが、およそ2000年も前に王を議会と市民が承認する形の政治があったことを考えると、時代が進んだとは言え今でも政治は大して変わっていないのねと。
時に外敵から国を守るために専制君主になったり、また元老院と市民が決定権を持ったりというのは、その後ずっと繰り返されて今に至るんだなぁとしみじみ思いました。

番組の締めくくりでも言われていましたが、結局は「時代は違っていても、政治は人である」というのは変わらないんですねぇ。
その「人」の選び方や、「人」が示す範囲が変わるだけで。


平和を実現した最盛期と衰退期については、短い時間での紹介でしたが、そのキーワード
「ローマがローマでなくなってゆく」
には、ちょっと怖くなりました。

何しろ、「日本が日本でなくなってゆく」現象が最近の色々な事件でも感じられますし。
しかも「時代の流れが」で片付けられないような人為的な要素によって。

敗戦によって、日本は古来からの自分のルーツとの繋がりをほぼ失ったわけですが、島国であるが故にそこに住む人の精神性は破壊というよりも、ゆっくりとした喪失という現象になっているから余計にそう思うのかも知れません。


歴史から学ぶならば、流れに逆らうことはできないし、社会の変容は避けられないことですが、変わらない価値観というものはあるし、歴史上に善悪はなくあるのは結果だけであることを心に刻み込んで今後の様々な選択を乗り越えていくことしかできない、ということでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
そして日本にとっての元老院がマスコミ?
機能を果たさなくなって自己保身に走る・・・。

制作側の意図を無視すれば、色んな解釈が出来た
珍しくいい番組だった気がします。
日本にとってのキリスト教は・・・・で
良かれと思った事からほころびが広がる。
悲しいかな、歴史は繰り返すしかないんでしょうね。
ねむ
2008/01/04 22:33
そんなに良かったんですか。渡しも興味があったんですが、でも実家に帰ってましたからねェ。それに長いし。ついつい見逃してしまいました。
再放送してくれませんかねェ。
彦勘助
2008/01/05 11:43
あけましておめでとうごじゃります。遅すぎますね(苦笑)。今年もよろしくお願いいたします。
件の番組、今、一生懸命塩野七生さんのローマ人の物語を読み進めているのであえて見ませんでした(笑)。そんなよかったですかあ。やばい、みたーい。春休みの番組改変期位にやるかもなあ。ちなみにローマ人...は、まだ文庫本で2巻目です。カエサルどころか、ハンニバルにも届いてません(苦笑)
ファイブ
2008/01/07 12:57
>ねむさん
観る人がそれぞれに判断できるというのは、情報が情報のまま(構成による演出効果はあったとしても)であるということだと思います。
ニュース番組もそうならいいんですけどねぇ(笑)

歴史は繰り返しますけど、ここまで着実により良い方向へ進んできたと思うんですよ。でも、今は中世の宗教に立脚した争いじみたものが世界中へと広がっているようです。
この時代を抜ける時に、何を捨て何を残すのかよく考えたいですね。
ねこねこ
2008/01/08 00:19
>彦さん
再放送するんじゃないかなぁ。
長い番組なので、前後編とかで分けてやるかも。
ローマの町並みを再現したCGなんかも、結構作りこんだ感じでしたし、このままお蔵入りにはならないと思いますよ^^


>ファイブさん
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします^^

うわぁ、読んでるんですか!その辺りだと、これからエキサイティングになっていく感じでしょうか。

本に比べると情報量はやはり限られますけど、ビジュアルで観るダイジェストといった感じでしたよ。分かりやすかったですし。

私も本買おうっと^^
ねこねこ
2008/01/08 00:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『古代ローマ1000年史』を観た(゚д゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる