言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS あの戦争の総括を自らする時期ではないのか( ̄-  ̄ )

<<   作成日時 : 2007/12/14 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

情報戦で負けが込んでいる日本ですが…
米下院で採択された「慰安婦非難決議」が、オランダ、カナダに続いて欧州議会でも採択されたそうですねぇ。
その内容に変わらぬ憤りを感じますが、日本の外交は負けが込みすぎていることが心配になってきました。

■欧州議会でも慰安婦非難決議
msn産経 http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071214/erp0712140800000-n1.htm
 【ロンドン=木村正人】第二次大戦中の旧日本軍の慰安婦問題で日本政府の対応を非難する決議が13日午後、フランスのストラスブールで開かれた欧州連合(EU)の欧州議会本会議で採択された。現地の情報によると、出席した57人のうち54人が賛成票を投じた。同じ趣旨の慰安婦非難決議は今年7月に米下院、11月にはオランダ、カナダの下院でも採択されている。

 立法機関である欧州連合理事会の「諮問機関」と位置付けられる欧州議会の決議に法的拘束力はない。しかし、決議は加盟27カ国の民意を表しており、日本政府は国際社会に対し、元慰安婦の女性らへの謝罪や補償などの取り組みをこれまで以上に説明する必要に迫られそうだ。

 決議は、日本政府は歴史的、法的な責任を認めて謝罪し、元慰安婦の女性と遺族に補償すべきだと求めている。

 この問題では、安倍晋三首相(当時)が今年3月、慰安婦募集をめぐる「強制性を裏付ける証拠はなかった」と発言。自民党や民主党の国会議員らが6月、米紙ワシントン・ポストに「狭義の強制性」を否定する意見広告を出している。

 日本政府は1951年のサンフランシスコ講和条約や2国間の取り決めで補償問題は決着済みとの立場だった。しかし、慰安婦問題が外交問題に発展したため、93年に旧日本軍の強制性を認めた河野洋平官房長官談話を発表した。95年に元慰安婦らの支援を目的にした「アジア女性基金」を設立、今年3月に韓国、台湾、フィリピン、オランダ、インドネシアの364人に対する「償い事業」を終了している。

その要旨というのが以下だそうで。

■慰安婦決議の要旨
中国新聞 http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2007121301000714_Detail.html
 【ブリュッセル13日共同】欧州連合(EU)欧州議会が採択した従軍慰安婦決議の要旨は次の通り。

 ▽事実認定など

 一、第2次大戦終戦まで日本政府は軍に対する性的労働のため、慰安婦徴用に関与。

 一、20世紀最大の人身売買の1つ。

 一、数十件の訴訟が日本の法廷で棄却。

 一、1993年の河野洋平官房長官、94年の村山富市首相の談話を歓迎。

 一、日本の一部政治家が談話を希薄化、無効化する意見を表明。

 一、日本の一部学校教科書が慰安婦問題を矮小(わいしょう)化。

 ▽対日要求

 一、公式な被害認定、謝罪を行い、明確な形で歴史的、法的な責任を負うことを日本政府に要求。すべての元慰安婦、遺族らへの賠償を要求。

 一、慰安婦問題が存在しないとする主張に対する公式な否定を要求。

 一、日本の国会に賠償請求の障害を除去する立法措置を要求。

 一、日本国民と政府に、自国の歴史を十分に認識することを奨励し、将来にわたる教育を要求。

この要旨を読むと、欧州の議会が独自に作成して採択したとはとても思えません。
たとえ「東洋の黄色い人種」という認識が、欧州で未だに根強いとしても、建前上彼らが主権国家の立法措置や教育にまで踏み込んでくるとは思えない(欧州で日本が主権国家として認められていないというなら別ですが)。

どこの国も、色々な要素で目を曇らされて、日本が敗戦時に連合国側の各国と結んだ条約、戦後行った補償事業などは忘れ去ってしまうものなんでしょうかね。


しかし、責任の一端は日本政府にもあるでしょう。
「人権」という言葉の持つ“政治的な強さ”に惑わされて、事実関係の発信や国際的な条約の「どの部分に関わりのあることなのか」をアピールできない(仮にしていても、悪意ある叫びにかき消されていては、アピールしたことにはならない)ことも要因のひとつです。

かと言って、他国の冷静な判断を当てにしても、それは無駄というものではないでしょうか。
どこの国の政治家も、自国民に選ばれます。
この問題は、どんなにデータを並べようが、うっかり日本の肩をもてば、自国民に「人権軽視」のレッテルを貼られかねないテーマです。その上、流通している情報は限られています。

彼らがもし国際的な条約について思い出したとしても、できることは相手にしないことだけ。
(実際、この欧州議会での採択にしても、朝鮮日報の記事では『出席議員57人中54圧倒的多数』と書かれていますが、定数は785だそうです。)
なので、この件については、情報の発信と意見を述べるのは、日本の役目です。

■欧州議会が慰安婦非難決議 「20世紀最大の人身売買」
asahi.com http://www.asahi.com/international/update/1214/TKY200712140315.html
 旧日本軍による従軍慰安婦問題について、欧州連合(EU)の欧州議会は13日の本会議で、日本政府に公式の謝罪などを求める決議案を賛成多数で可決した。議会の定数は785だが、決議案への投票数は57で、賛成54、棄権3だった。決議に拘束力はない。

 1930年代から第2次大戦にかけて、日本政府が公式に慰安婦獲得を命じたとし、20世紀最大の人身売買だと認定。そのうえで歴史的、法的責任を認め、被害者に賠償金の支払いを求めた。

 決議案は最大会派の欧州人民民主党や第2会派の欧州社会党など5会派の議員が提案。米国やオランダ、カナダの下院も同じような決議を採択しており、それに追随した形だ。

ただし、このまま放っておけば、投票数も増えてくるかも知れない。
そうなる前に、今までよりも、もっともっと日本は日本の見解を伝えなければいけない。
ところが、その見解すらも、これまでは「被害者側の視点のみ」あるいは「連合国側の視点のみ」で組み立てられてきたわけで。

まだ、あの戦争全体を「自分たちで」総括することができていない以上、基点がないのは無理もない。でも、もう60年ですよ?そろそろ自ら総括して基点をはっきりさせてもいい頃合だと思うんだけどなぁ。


上の要旨にある『対日要求』に関しても、誰も「なかった」なんて言ってないし、学校でもきちんと教えられています。歴史を十分に認識し始めた結果、「何だかおかしい」と思い始めただけであって、望むと望まざるとに関わらず、そういう務めをした女性がいたことには痛ましいことだと思っているんですよね。

ただ、これ以上の賠償(または補償)の必要がないと思っているだけで。


もうさ、正直に言えばいいんだよ、政府は。
「締結された条約と、これまで拠出した○○億円をもって、補償は完了したと考えています」って。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハトのふんで滑って転んで7億ゲット!!
米ニューヨーク在住の元ホテルのドアマンの男性(56)が、 地下鉄の駅構内の階段上にハトのふんがあったため滑って転び、 けがを負ったとして同市交通当局を訴えていた裁判で、 613万ドル(約7億円)の賠償金を勝ち取りました。 ...続きを見る
くろみゆ日記(くろみゆの楽Tube),あ...
2007/12/29 15:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このニュースは私も注目していました。アメリカ・カナダと基本的には同じみたいですね。曰く『河野談話で・・・』。
日本という国はいつまで大人しくしていなければらないのか?世界では『奥ゆかしい』なんてのは通用しません。自分たちの主義・主張はきちんと述べるべきです。
冗談じゃねェや、日本抜きで国連運営やってみろ!ってんでェ!

>「締結された条約と、これまで拠出した○○億円をもって、補償は完了したと考えています」って。

賛成!!
彦勘助
2007/12/15 14:17
 日本の歴史的役割は、欧米がつくりあげた人権や自決権の価値観を植民地住民にも供与させる、人種差別撤廃だったとおもう。国際社会が、この日本の歴史的実績を評価してくれない最大の原因は、日本人自身が、それを自覚していないし、子弟にその事実を教えていないからだとおもう。
罵愚
2007/12/16 04:27
年末のバタバタで、レスが大変遅くなりまして申し訳ありません。

>彦さん
北朝鮮との国交正常化(個人的には結構どーでもよくて、韓国主導で統一してくれれば面倒ないなぁくらいに思ってますがw)の話し合いをするなら、今のうちに「どういう戦後処理をしたか」をきちんと国内外で再確認するべきだと思うんですよね。
河野談話もそうですけど、これまでの政治家が積み重ねた「小さな負」が今どれほどの重さになって国民にのしかかっているか、政治家さんたちは分かってるんだろうかと^^;
ねこねこ
2007/12/31 11:58
>罵愚さん
 >日本の歴史的実績を評価してくれない最大の原因は〜
本当にその通りだと思います。
何事も2面性がありますが、あの戦争ほど片面を見ない・見せないようになっていることって他にありませんよね。
歴史から学び、後世へ知恵として残すなら、まず功罪を正しく自分たちで知ることが大切だと思っています。
ねこねこ
2007/12/31 12:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あの戦争の総括を自らする時期ではないのか( ̄-  ̄ ) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる