言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 給食よ、どこへ行く?w

<<   作成日時 : 2007/11/18 23:55   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

今日は昼間暖かかったのに、夜になってめっきり冷え込んできましたね。
星がきれいに見えていて、冬の楽しみはこれに尽きると思いました(あと鍋とか熱燗とか^^)。
楽しみと言えば、子供の頃楽しみだったのは給食!
今は大量の廃棄が出る程、食べ残しが出ているとか。
そりゃ勿体無い。そこで、っていうのでこんなニュースが。

■給食で「国の基準」に反旗、足立区が独自献立作りへ
YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071117i5w5.htm
 法律や国の基準などで1食あたりの食品構成モデルが定められている学校給食について、東京都足立区は国の基準を離れ、来年度から独自の基準作りに取り組むことを決めた。


 区内の学校で年30万本以上の牛乳が捨てられるなど、大量の食べ残しが出る現状に、「自由な発想で子供がおいしく食べられる献立を」と思い立ったという。文部科学省は「基準を守ってもらえないのは遺憾」と難色を示しており、専門家の間でも賛否が分かれている。

 文科省は、学校給食実施基準の中で児童・生徒1人が1食で摂取すべき熱量やカルシウムなどの栄養所要量を定めているほか、その栄養をどのような食品からとるべきかという目安を標準食品構成表で明示。8〜9歳の児童の場合、1食で牛乳206グラム、米48グラム、小麦23グラム、豆製品20グラム、魚介類16グラム、小魚類3グラム――など25食品について摂取量を記載している。

 特に牛乳は、学校給食法施行規則で「ミルク」があるものを給食と定義しており、「牛乳なしの献立は認めない」(学校健康教育課)という姿勢だ。

 これに対し、足立区では、今年中にも区内の6小中学校をモデル校に指定し、来年4月から1年間、国の基準にとらわれない独自メニューの給食を提供する方針。食べ残し量を調べたり、子供や保護者にアンケートを実施したりして、その結果をもとに区独自の食品構成表を作るという。

 きっかけは、昨年度、区内の全109小中学校を対象に行った調査。年間で30万3122パックの牛乳が廃棄されたほか、約636トンの残菜も出ていた。「なぜ食べ残しが多いのか」と、給食の献立作りを担当している栄養士から話を聞くなどしたところ、国の基準に縛られ、数字合わせに汲々(きゅうきゅう)となっている現状が浮かび上がったという。

 国の基準に従うと、例えば牛乳は、週3回ある米飯の日にも出さなければならない。牛乳の代わりに温かいみそ汁をつけ、カルシウムは小松菜や小魚やチーズなどでとれないか。子供の嫌いな豆を半分にして、穀物や豆腐で補えないか――。担当者は「せっかく各校に栄養士がいるのに、項目や数値が細かすぎて腕の振るいがいがない。自由な発想で、子供の喜ぶ献立を工夫したい」と語る。

 同様の動きは他の地域でも出始め、東京都武蔵野市では、2年前から独自の食品構成表作りを試験的に開始。北九州市でも、保育園1園が昨年10月から、反対する市を説得して独自メニューに取り組み始めた。

 ◆文科省「食文化伝える目的」◆

 こうした傾向に、文科省は「給食には、必要な栄養素をとるだけでなく、子供の偏食をなくしたり、正しい食文化を伝えたりする目的がある。牛乳をなくすのは論外だが、その他の食品についても、子供が食べないからという理由で構成を大きく変えるのは遺憾だ」と強調。昨年10月に中学校2校で牛乳なしの給食を始めた三重県桑名市の場合、同省から「好ましくない」と指導を受け、結局、牛乳つきの給食に方針を変えている。

この話題、某所でも賛否両論でした。
ねこねことしては、「摂取が望ましい栄養素の種類と量」が満たされていれば、メニューや食材の構成はある程度融通をきかせてもいいだろうと思います。

ですが、大量の食べ残しや牛乳の廃棄は、メニュー構成が主な原因かって言うと、それは首を傾げます。

例えば、お子さんのいる友人にちらっと聞いた話ですが、好き嫌いのある子に対してきちんと食べるまで席を立たせないなどの指導は、「よろしくない」ということで最近はしていないとか。
聞いたときは「へぇぇ」と思ったくらいだったけれど、そういうのもあるんじゃないかなぁ。
(確かにアレルギーなどで「命に関わるから食べられない」ということも出てきて、昔ほど単純じゃないのでしょうが)

他にも、私立の学校での「超豪華グルメ給食」の話とかね。
実家の母から聞いた、夕食時になると若いお母さんたちでにぎわうお弁当屋さんの話とか。

そういうのを聞くと、結局のところ、食材を変えてみても偏食する子は食べないでしょうし、食べ残しが減らないどころか逆に「子供が食べそうなものだけ出す」ということの定着になりはしないかと、ちょっと心配になってみました。

それと、牛乳(上の記事だと、これが主な理由の感じですけどね)。
メニューと合う合わないよりも、一日一本必ず飲める機会だということを子供には大切にしてあげた方がいいんじゃないかと思います。
カルシウムだけではなく、良質のたんぱく質も摂れるんですから、育ち盛りの子供には良いには違いないわけで、給食だけでなく家でも朝晩飲むなら日に三回飲む機会を得るのだし、飲む機会が多いに越したことはないでしょう?


で、ふと思い出しましたけど、給食でその土地の特色を生かした郷土料理をメニューに盛り込んでいる学校って確かありましたよねぇ。
ってことは、今でも必要な栄養素の数値を満たしていれば、ある程度メニューには融通がきくのでは?

そう考えると、メニューを変えて食べ残しを減らす云々というのは、単に学校と家庭の緊密な協力による偏食解消の指導が上手くいかないことへの言い訳になってないかな?という気もしてきます。

メニューを変えることよりも、「出されたものはきちんと食べ、且つ飲む。食事に感謝し、残さない」ということを今までどおり指導できるようにすることの方が大切なんじゃないかなぁと思う次第。
同じ『完食』でも、いわゆる「大食いアイドル」みたいなあんな量を食べる見世物は、逆に食べ物に対する感謝の気持ちを失わせるようで、ねこねこは嫌いなんですけどね(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
記事作成の上で大切なこと
私が、何も知らずに記事を書いていて後になって知ったことがたくさんありました。その一つが以下のことです。無料でリピーターを自然に獲得する方法リピーターとは、自分のブログ、サイトにとって、濃い見込みのあるユーザーのことです。一般に言えば再訪問者とか言いま... ...続きを見る
ブログアフィリエイトで幸せになりたい!!
2007/11/29 03:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
給食よ、どこへ行く?w 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる