言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS お帰りなさい!お疲れ様でした!(゚∀゚)

<<   作成日時 : 2007/11/24 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日は夜になっても外が明るいなぁと思っていたら、お月さまがまんまるでした。
月明かりがとても明るくて、キーンと音がするような冷たい空気の中、白々と光っています。
ねこねこは、38回目の誕生日を迎えまして、どういう40代を過ごしたいかなぁ…なんて、お月さまを見上げながらしみじみ考えてしまいました。
そんな中で、先の見えない「国の政策」というものにもイライラさせられっ放しなんですが、そのうちの一つ、給油活動について昨日のニュースになりますが、インド洋で給油活動をしていた海自補給艦が帰港しましたね。

■海自補給艦「ときわ」が晴海に帰港、インド洋から撤収
YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071123it04.htm
 テロ対策特別措置法の失効に伴い、インド洋での給油活動から撤収した海上自衛隊の補給艦「ときわ」(8150トン、乗組員約140人)が23日、石破防衛相や家族ら約360人が出迎える中、東京・晴海ふ頭に帰港した。

 隊員と家族は、7月の出発以来、約4か月半ぶりとなる再会を喜びあった。

 ふ頭での帰国行事で防衛相は「高い技術と旺盛な士気をもって任務を完遂し、無事帰国したことをうれしく思う。新テロ対策特別措置法案の早期成立に全力を尽くす」と訓示した。行事には、政府・与党から防衛相、町村官房長官、自民党の伊吹幹事長、公明党の太田代表ら約50人が出席。また、インド洋での海自の給油活動を再開するための新テロ特措法案に反対している民主党からも、長島昭久、大島敦、吉良州司の各衆院議員と白真勲(はく・しんくん)参院議員の4氏が出席した。

 現場で総指揮を執ってきた第6護衛隊司令の尾島義貴1佐は「今も現場では一緒にやってきた各国海軍の仲間たちが活動している。後ろ髪を引かれるところはある」と記者団に語った。

ひとまず、任務お疲れ様でした。
いつもながら、高い技術力と士気で任務をされる自衛隊の方々には頭が下がります。
次の任務に備えて、英気を養って頂きたいと思います。



それに引き換え、民主党の議員はどのツラ下げて出迎えに参加してるんだか(#゚Д゚)y-~~イライラ
先日見かけた記事ですが、福田総理について「無策のお願い一辺倒」という記事。

■無策の福田首相「何とか頼む」一辺倒
nikkansports.com http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20071123-286636.html
 福田康夫首相(71)は22日、首相官邸で民主党の小沢一郎代表(65)ら与野党党首と会談し、新テロ対策特別措置法案の今国会内成立に協力を呼び掛けた。しかし、具体的な打開策を持ち合わせない“丸裸”の状態で、「何とか頼む」とお願い一辺倒だったという。小沢氏ら野党側は要請を拒否し、会談は物別れに終わった。法案の会期内成立は極めて困難な状況で、与党側は会期再延長による14年ぶりの越年国会で、衆院での再議決を目指す構えだ。

 小沢氏によると、福田氏は「インド洋での給油活動再開のため全力を尽くす」として会期内の法案成立に協力を求めた。小沢氏は「基本的に考えが違う」と拒否。参院選で与党が惨敗した7月29日以降、安倍晋三前首相(53)の辞任などで2カ月が費やされたと指摘し「参院で自民党の希望通り審議しても、日数は限られている。その原因をつくったのはあなた方だ。自民党の勝手なゴタゴタで時間がなくなったことをきちんと認識してほしい」と指摘した。

 痛いところを突かれた福田氏だが、それでも「何とか頼む、何とか頼む」の一点張りだったという。小沢氏は「いくらお願いいただいても、ほどほどに折り合いをつけることはできない」と、応じなかった。

 ほかの野党党首も、福田氏の“お願い作戦”を暴露した。共産党の志位和夫委員長(53)は「ブッシュ(米大統領)から『ぜひに(給油再開を)』という話はなかったが、国際貢献なので何としても法案を通したい、ぜひご理解を」との発言を紹介。法案審議入りが難航する一因、額賀福志郎財務相(63)の疑惑に誠実に対応するよう迫ると、福田氏は「司法の場に移った話で、私に警察権はない。私に何をしろって言うの?」と開き直ったという。

 社民党の福島瑞穂党首(51)も「協力をお願いしたい」と要請され、国民新党の綿貫民輔代表(80)は「なかなか思いようにいかない。国会が動かない。良い知恵はないか。困った」と愚痴をこぼされた。野党からは「事態打開への真剣勝負というより、手を尽くした、話し合ったという単なるセレモニーだった」(関係者)との声が出ている。

 福田氏は、会談について「有益だった。話したことを全部(野党が)聞いてくれるなら、こんなにいいことはない」と述べ、物別れは織り込み済みの様子。今後は会期の延長幅が焦点になるが、法案の衆院再議決なら野党は首相への問責決議で対抗する構えで、国会は解散含みで動きだした。

これだって、無策と言いますが「ただ反対なだけ」で対案もなしの相手でしょ。
たまに対案を出すと思えば、現状無理難題な素っ頓狂な案が出てくるわ、衆院で可決された法案を審議する気もないわ、憲法に則って衆院で再可決するとなれば首相の問責決議で『対抗』しようとするわ(憲法の規定に則っていることに対して、一体何の問責なんだw)、まるで駄々をこねる子供が相手では、話し合ってどうこうするという対策も立てられようハズもなく。

挙句の果てに、さんざん関係のない話で審議妨害のようなことを繰り返し、いざ参院へ審議が移れば審議せずに会期末を迎えて廃案、などと言っていた党が「時間がなくなったのはそっちのせい」ですか…

しかも、「事態打開への真剣勝負というより、手を尽くした、話し合ったという単なるセレモニーだった」とは大笑い。どんな案を提示したって、事態打開に協力する気もないくせによく言う。
協力する気もないとハナから分かっている相手なんだから、「セレモニー」としてでも話し合う場を設けた、相手に話し合う気がなかった、という確認に時間割いたことだって、身も蓋もない言い方をすれば「時間と税金のムダ」。

いい加減にしてほしい。

そんな「子供集団」から帰国行事に誰が来たところで、現場で働いた自衛官の方々はともかく、ニュースで観るだけの国民は「何しに来たん( ゚д゚)?」と思いますわな。


給油活動から撤収しただけでも日本の国際評価に関して大きなマイナスだと思いますし、シーレーンの安全確保に関してもコスト高になることに対して、それに替わる活動を提示できないのは何故なんでしょう(政権交代できたら〜なんていう「今できないこと」じゃなくて)。

結局は、給油活動に見合うだけの「今すぐできて役に立つ」妥当な貢献が他に見当たらないからじゃないのかと。
あんまりな野党の言動と、あんまりな状況に、そろそろそう思い始めた人も少なくないと思いますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分はまだ餓鬼ですが

餓鬼でも 今の内閣は腐ってると感じます

消費期限切れのおじさん集めてもしょうがないと思うのは

自分だけでしょうか!?
コタロウ
URL
2007/11/25 01:16
>コタロウさん
コメントありがとうございます^^

年齢に関わらず、今の状況は「ちょっとどーだろ?」と思うんじゃないでしょうか。
内閣が、というよりも、日本の政界全体が澱んで濁っているのではないかと(政治の世界でまったくの清流というのはあり得ないとは思いますが)。

「一見鮮度が高そうな」方々が相当数いても、しょうがないことになっているのは民主党で証明済みなので(笑)、やっぱり選ぶ側が目利きをしないといけないんですよね。
同じ古いものの中でも、消費期限切れのものと熟成しないと食えないものは見分けなくっちゃ。
難しいですけどねぇ。
ねこねこ
2007/11/25 01:38
>38回目の誕生日を迎えまして

えっ!お誕生日だったんですか?
おめでとうございま〜す!!( *^-^)_∠※PON!.:*'°☆

だから昨夜の月はキレイだったんだ!(o⌒ー^)y


福田さん、やっぱりねェ・・・ってトコですね。旧態然とした総理大臣ですわ。まぁ相手もほとんど『自民党』みたいな小沢さんですからね。どうしてもこういう態度になったんでしょう。っつーか自民党って裏ではこういう会話が当たり前になされているんでしょうね。
理屈もクソもない。ただ相手の『情に訴える』みたいな。相手もしがらみ、損得を考えて「仕方が無いですなァ」なんて。ああ、やだやだ!
もっと国民の立場で、また、日本の国益を考えて行動し、対処してもらいたいものです。いつまで経っても『天下の自民党』が抜けないんでしょうね。対する小沢・民主党は・・・五十歩百歩、かな。到底2大政党にはなり得ない。なんでこんなのしかいないんですかねェ。ホント、消費期限切れもいいトコですな。
彦勘助
2007/11/25 17:46
>彦さん
ありがとうございます^^
そちらも月がキレイでしたか。なんだか嬉しいなぁ^^

うん、元々日本の政治って平安時代から「根回しとセレモニー的表決」で成り立ってる部分て結構あったようなので(表決にかける時は、既に大勢の意見は決まっているという)、『日本的な手法』を引きずっているとも言えますけどね(笑)

ですが、国民が主権者になったにも関わらずそれでは困りますよね。
昔のような「殿上人」気分では…。

特にこの給油活動に関する世論は、新聞社やTV局の調査でも7割方が継続に賛成しているそうですし。
それが政治に反映しないのは、参院選直後にやたら「ミンイ、ミンイ」と言っていた野党の言動にも反していると思うんですけどねぇ^^;
ねこねこ
2007/11/27 16:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お帰りなさい!お疲れ様でした!(゚∀゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる