言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局やったのは、国益を損じたことだけか( ゚д゚)

<<   作成日時 : 2007/11/06 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

先月後半にひどい風邪をひいて、咳がぬけないねこねこです^^;
月後半を仕事仲間に借り作りまくって、なんとか乗り越えたと思ったら、もう11月なんですねぇ。
めっきり寒くなって、リビングにホットカーペットが登場しました。
猫たちが平べったくなる季節がまたやって参りました(笑)
そんな中、民主党の小沢代表の件で、日曜日あたりからニュースがやかましいですね。
「大連立」がどーしたこーしたと言ったと思ったら、それを断らずに交渉のテーブルに着いたかどで小沢代表が辞めるの辞めないのと…。
本当にあの党は、「議論や交渉をすること自体」を禁じる傾向にありますなぁ。

■民主・小沢氏が辞意撤回・続投要請受け
NIKKEI NET http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071106AT3S0601X06112007.html
 民主党は6日、党本部で役員会と常任幹事会を開き、辞意表明した小沢一郎代表に関して自民党との連立を認めないことを前提に続投を求める方針を確認した。鳩山由紀夫幹事長らは同日夜、国会近くの事務所で小沢氏と会談し、あらためて続投を要請。小沢氏は「恥をさらすようだが、みなさんの意向を受けてぜひもう一度頑張りたい」と辞意を撤回した。

 同党は6日午後に衆参両院議員を当選期別に集めた懇談会を開催。執行部が先の自民党との党首会談や小沢氏が辞任表明に至った経緯を説明し、代表続投を求める執行部方針を了承した。一部からは「政権担当能力がないと党を批判した人を慰留する必要はない」「小沢氏が自ら国民に謝罪し、説明して再出発すべきだ」など小沢氏を批判する意見があった。

辞めても辞めなくても、どっちでもいい。結論から言えば。
行政に携わっている党じゃないんだから、支持者に謝罪すればいいんじゃない?

辞めれば左派が牛耳って社会党になるだけだし、それで保守系議員さんたちが動くだろうから、政界再編への一歩になりそうだし。ちょっと前に平沼新党の観測気球が産経で挙がってましたから(メンバーによっては本気で支持したいとちょっと思ったw)。

最新記事だと辞めないで決定みたいですけど、これって2パターンあって、小沢氏の発言力が増す(半ば独裁?)場合と、小沢氏の言動に対して左派が監視を強めることで、発言力(もしくはメディアへの露出)が抑え込まれる場合。

前者の場合は、結局小沢氏の集金力がモノを言う感じでしょうか。ここで辞められたら、福田総理が総裁選直後から「たぶん時期みてやるよ?」と言っている衆院選を戦いきるカネが工面できない!とか^^;
これまでも民主党は『選挙互助会』的な印象が強かったので、これは特に党の印象も変わらず、現状と大して変わらないと思うんですよね。
てことは、今後の自民党の方針如何でゆるやかに動いていく、今の流れと変わらない。

後者の場合は、結果的に党内保守派の不満は募ることになるでしょうから(前原氏をいかに前面に押し出そうと、そこまでのガス抜きになる人じゃないしなぁ。だって、正論を言ってるだけだもんw)、辞めたときと流れは似るんじゃないかなぁ…。


などと、勝手に妄想してみましたが(笑)
結局書いてみて改めて思ったのだけど、大差ないってとこでしょうか^^;
やっぱり時流というのは留まることはなくて、流れが急になるか緩やかになるかの違いだったりするのかしら。
そりゃ緩やかになった方が、国民生活には影響が少ないですけどね。
急な方がいろんなものが壊されて良いところも壊れるけれど、悪いところも根こそぎ壊れたりするんですよねぇ。
悩ましいところです。


だけど、こんな「どっちでも大差ない」ことに対して、海上自衛隊のインド洋からの撤退より扱いが大きいのはナンデなのかなぁ。
ほんと、日本のマスコミって外交軽視っていうか、国益軽視っていうか。


給油活動継続を支持していた一国民からは、単に国策妨害した挙句、内部事情でごたごたしているという印象しかないんですが。
自民党も新法なんか持ち出さないで、マスコミ煙幕をかいくぐってでもさっさと継続を参院で否決させて、衆院に戻して可決すりゃよかったんじゃ?

…と、「議会での議論をすっとばしたほうが良かったんじゃないのか」と思わせるような党は、政権担当能力がないどころか、政党としての存在価値すらないですって。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
民主党・小沢代表、辞意撤回
民主党の小沢一郎代表は6日夜、鳩山由紀夫幹事長らに対し、辞意を撤回することを伝えた。鳩山氏らが続投を求める意見が党内の大勢を占めていることを伝え、改めて翻意を促したところ、小沢氏は「恥をさらすようだが皆さんの意向を受けて、ぜひもう一度頑張りたい」と慰留を受け入れる考えを表明。4日から続いた小沢氏の辞意をめぐる混乱はひとまず決着がついた。ただ、党内には小沢氏への批判も強まっており求心力低下は必至。民主党が受けた痛手は大きく、当面の政局は与党主導が強まるとみられる。民主党は6日午... ...続きを見る
京都日記~独り言~
2007/11/07 10:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
完全復活ですか?季節の変わり目はご用心のほどを。

下世話な私は、アノ秘書用住宅(用地?)の名義はどうするつもりかなあ
などと、全然視点の違うところを気にしてました。
アレを持っていくか、残していくかで民主の財源は大きく変わるでしょうから。
良くも悪くも、民主党に小沢さんほどの力量の人物はいない。
それが改めて露呈したようなもので、民主党には良い事無しかな。
国会は欠席するは、議員の仕事はしないは・・・許せませんけど
マスコミは見えない部分だけに興味があるようで
突っ込みどころが違うだろって感じ。

ガッカリなのは国中【公】ってもの全部に対してですね。
つまんないニュースは飽きちゃいました。
ねむ
2007/11/07 11:15
>ねむさん
お心遣いありがとうございます^^
今は治りかけの喉がかゆくてかゆくて^^;

いやー、下世話だなんてそんな。気になりますよねぇ。
慰留とか言って、ホントは
「辞めるんならアレ置いてけ〜」
くらいのハナシはしてたカモ知れませんね。
いや、それが惜しくて辞めるの止めたわけでもないでしょうけど(笑)

小沢氏と互角にやりあえる人、確かにいないでしょうねぇ。
鳩山幹事長が既に「衆院選で負けたら、(自民党から?)連立の話が蒸し返されるかも」ってTVで言っちゃってるみたいですし。単なる考えなしなのか、小沢氏にやっぱり取り込まれてるのか…^^;
ねこねこ
2007/11/08 22:05
健康第一。ご養生のほどを。ご無理なされませんように。でも更新が復活してよかったです。心待ちにしていたもんで。
今日の新聞見てたら、なんだか小沢っち逆切れしていたようで。曰く‘大臣クラスも国会休んでいるのになんで俺だけいじめられんねん!?’いや、この前まで与党も野党も一緒、関係ねえ、悪いものは悪いんじゃーって言ってたくせにどの口が言うんだか(笑)っちゅうかこれを言うなら逆に野党なら休んでもいーじゃんってことだと思うんですが。そんな人は要らないなあ(笑)
まっそろそろ我々国民世論も世の中そんな精錬潔白なもんじゃないってことを噛みしめんといけませんかも。談合華盛りの土建屋勤務が言っても何も説得力はありませんが(苦笑)。
ファイブ
2007/11/10 15:56
>ファイブさん
ありがとうございます^^
ここのところ、更新が途切れがちでごめんなさいです^^;

えぇ〜!そんな逆切れしてたんですか(笑)
選挙のために国会休んでいいのだったら、審議に参加する議員さんは誰もいなくなりますよね。
大臣が休む場合は公務でしょう。
「会期中の地方出張は、理由に関わらず禁止」とか小学校みたいな決まりを作らなければダメなのかしら^^;
なんという低レベルな(笑)
選挙区の考え方も変えなければいけないでしょうね、有権者側から。
ねこねこ
2007/11/10 20:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
結局やったのは、国益を損じたことだけか( ゚д゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる