言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS もういい加減にしてくれ…

<<   作成日時 : 2007/09/13 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日、安部総理が辞意を表明し、今日は慶応病院に入院したというニュース。
病状に関しては、ストレスによる胃腸の疾患が出ているのでは、という簡単な情報しかないんですが、検査入院という感じもありますので、詳しいことが発表されるのはまだ先かなぁと思っています。
このブログの記事でも安倍氏のビジョンに期待して応援記事を書いてきたねこねことしては、正直言ってかなりショックです。
昨日、第一報を目にして目を疑い、確定した報道を見て口もきけないほどの怒りを覚え、さらにその後の報道での野党の言い草を見て火に油を注がれたような感じになってました。


今日の夕方の報道を見ても、新たに憤りを感じるんですが。

何が腹立つって、ザ・ニュースペーパーのコント。
小泉氏と安倍氏の「そっくりさんコント」をまさにリアルタイムネタでやっていて、ずいぶん笑い声が起こっていましたが、あれで笑える人の気が知れない。

あんなの、風刺とは言えない。ただの貶しです。
辞書には『嘲笑的に言い表す手法』とも書かれていますが、あのコントは事象を嗤いに仕立てているだけで普遍的な「おかしみ」や「批判」が何もありませんから。


今日になって、総裁選に関して色々な人の思惑が交錯しているようですが、小泉チルドレンはいい加減にしろ。
以前小泉氏が彼らを前に行ったスピーチの文言をよく思い出せ。

小泉さんは出馬しませんよ。命がけであそこまでやった人なんですから。
神がかり的な勝負強さも、本当に命がけだったから。
それに、改革に関して安倍氏がやろうとしていたような「国の形」に関する明確なビジョンはないと思うんですよね、これまでの話からすると。

小泉さんを担ぎ上げようとするチルドレンは、もっと国民と小泉さんがやったことをよく見た方がいい。
そして、「政策論争を十分に時間をとって国民に見えるようにやれ」と言うのなら、小泉さんの出馬に囚われずに、政策によって支持する人を決めるべき。
平沼氏の復党を巡って、党執行部をずいぶん批判したようですが、小泉さんが仮に出馬したからと言って当時と状況は変わっています。自分たちをかばってくれると思うのは間違い。
「改革」をダシにして保身を図ると思われるようなことは止めたほうがいいでしょう。それこそ、国民はバカじゃないんです。

親の心子知らずとは、本当にこのことを言うんですなぁ。


俄然注目度が上がっている福田氏は、今回の状況を「貧乏クジ」と言ってますが、貧乏クジというなら安倍氏こそです。
あの小泉さんの超絶人気の直後ですからねぇ。
この状況よりよっぽど貧乏クジだったんですってば。

どなたが総理をおやりになっても今回はいいチャンスだと思いますよ。上手くやれば英雄。ただのリリーフに成り下がりさえしなければ。


でも、国民の立場で見れば、実際「もういい加減にして」。
与党も野党もマスコミも。
実際この3者がグルで、また国民の政治に対する関心を低く抑えようとしているのなら、相当な効果を上げることでしょうけれど。


テロ特措法の期限、洞爺湖サミットと国際的に重要な局面が続くこの時期、小泉さんをワンポイントリリーフにという声もあるようですが、国全体の利益を考えるとそんな声に賛同されては困ります。
この局面を有効な形で今後につなげていくことができる人材が必要です。
なおかつ先日安倍氏がインド国会で行った演説。あの立派な演説を無にしない人。

でなければ、日本の損失は計り知れない。

野党となぁなぁで一見国内的には「事が収まった」ように見えて、実は国際的に信用を失ったなんてことになったら最悪です。


自民党の方は色々な思惑がありましょうが、是非しっかりとした人を選んでいただきたい。
でなければ、今後投票できる党が本当になくなってしまいそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
安倍さんに期待していた人のショックは大きい。それにしても随分とお粗末なことをしてくれた。残念ながら総理の資格がなかったということか。祖父の岸元首相は泣いているだろう。麻生への禅定が「安倍再登板」の台本だったようだが、すべてがお仕舞いになりそうだ。次期政権は福田康夫さんのようだ。小泉以来の自民党政治は軽かった。福田さんには重厚で安定した政権を期待したい。
Dragon
2007/09/13 22:01
>Dragonさん
コメントありがとうございます^^ 重複していた分は削除させて頂きましたので、ご了承くださいませ。

いや〜ほんとにショックです。
でも、それをもって「総理の資格がなかったのでは」とは言えないと思いますよ。広いビジョンもお持ちでしたし、高い理想を掲げることのできる近年稀な政治家だったと思います。
次の総理にも、是非理想を高く掲げてほしいです。
それでこそ、国民の政治に対する意識が向上するんです。
小泉政権以降の理想を高く掲げる政治って、その是非はともかく「軽いもの」だとは私は思いません。国民が理解できなければ意味がありませんから。

自民党内では福田氏が優勢のようですが、お二方ともようやく出馬を表明したところです。
「次期政権は〜」
なんて、まだ分かりませんよ(笑)
まぁ、一般国民が投票できることではないので、派閥の動きがそのまま出ちゃうんでしょうけど。

しかし、支持する方は“さん”づけで、批判的に見ている人は呼び捨てですか。分かりやすいですね^^;
ねこねこ
2007/09/15 12:20
昔、学生運動をやって今は朝鮮大好きの
左翼のおじさんと話す機会がありました。
快く・・・ではないのですが・・・。
アノ手の方々は『アベ!』と蔑むんですよねえ。
これで【イラク特措法】が破棄される・・・と大喜びでした。
まあ何の根拠があってそう思うのかめでたい事で。
小沢さんに期待してるような事言ってます。

団塊の世代は問題ありです。
もちろん尊敬に値する方々もいます。
ですが、安保闘争だとか過激に活動していた人たちは
その大半が労働者の組合運動をかき回し
おかしな弁護士を大量に育て
日本人の大事なものを壊してきたような気がします。

その場には、総連関係に繋がりを持つ人もいて
耐え難い数時間でした。
ねむ
2007/09/15 17:32
>ねむさん
どーして学生運動やってた人って、朝鮮大好きになっちゃうんでしょうね^^;

そういう人を呼び捨てにする大人が、他者に敬意を払えない子供を育てるんじゃないかとふと思ってみたり。

と、いうかそれはお疲れ様でした^^;
私も機会があったら、そういう場所でこっそりお話を聞いてみたいなぁと思いつつ、やっぱり耐え難いだろうなぁ。
ねこねこ
2007/09/17 13:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
もういい加減にしてくれ… 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる