言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『はだしのゲン・前編』を観た 。゚(゚´Д`゚)゚。

<<   作成日時 : 2007/08/11 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

昨晩は、フジでやってた『はだしのゲン』で号泣。
原爆が投下された直後のシーンで、旦那さまが「実際、あんな感じだったんだろな」とぽつり。
昨晩と今夜と前・後編でやるそうですが、ねこねこは後編を観る勇気がありませんorz


そして、原爆投下は人類史上最悪の犯罪であると改めて思いました。

そこにどんな理由があろうと、どんな国に対してであろうと、
「実際に核兵器を使う」
ことは、世界中のどの国にも許されないことであると思います。


核廃絶への道は長く険しく、今はとても実現しそうにない夢物語ですが、早く国際機関が原子力の管理力を確立して、全ての国が「兵器としての核」を手放す道が見えるといいですよねぇ。


なおかつ、以前にも書きましたが、日本が核武装を議論するなら、数世代に渡る人体・環境への甚大な被害を他国の一般民衆に与える可能性を手にすること、その決断はたった一人の『その時のその国のトップ』が『その瞬間』にすること、それをたった一人に委任することができるのかを念頭に置いて議論すべきだと思います。

そうなると、心情的に「だったらハナから議論を封じてしまえばいいじゃないか」という気もしますが、日本においてそこまで考えての議論をすることが、現在核兵器を所持し配備している国々に対する問題提起になるという面もあります。
そして、「与える被害」について「国の戦略的なことだけではなく、一般民衆の実感・実経験を踏まえた」考え方ができるのは、今のところ世界中で日本だけ(今後そんな国が増えても困りますが)。


…と、ここまで考えてつくづく思ったことがひとつ。

日本ていうのは、本当に「世界で稀有」な国なんだなぁと。いつの時代も。

国土は狭く資源もない、人口は多いのに、全員が食える量の食料も作れない。
本来なら貧しい国になる条件は十分すぎるほど揃っています。

それなのに、先進国・大国の一部に名を連ね、活発な経済活動の下社会全体の水準としては豊かであり。
その歴史的経緯や経験の蓄積においても、他国で例を見ない程特殊です。

核兵器のようなネガティブなものでも、その経験は人類全体において唯一無二の経験であり、やはりそういった経験を基に世界に対して情報を発信する責務を嫌でも背負っているという。


うちの旦那さまがよく言ってます。
「日本は、ガラパゴス諸島なんだよね」
って。

ガラパゴス諸島だったら、その独自の生態系を「価値あるもの」として様々に守ることができますが、「国家全体」を世界遺産に登録することなんぞできやしないんじゃ?と思うので、守るべきものを自分たちの手で守らねばならないと思うんですよね。

どっかの国の出先機関になっている団体さんに惑わされることなく、国民ひとりひとりが、
「何を守り、何を変えていくべきなのか」
をよく考えることが大切です。

原子力・核もまた同じ。
特に原子力なんかも、おかしな団体に利用されてなきゃ、もっと技術は進歩してるんじゃないかとすら思いますもん。
原爆被害についてもそう。
他国や団体に利用されてなきゃ、外国人に付け入られる隙を与えずに、自分たちで経験を噛み砕いて消化し、普遍的な価値観としてもっと世界に発信できるのじゃないだろうか。

他国に利用されるのではなく、利害を超えて賛同する人々を所属国家に関わらず受け入れて価値観を共有する。
そういう方向へ向かうためには、例えば、ドラマを観て
「酷いね、悲しいね」
だけではなく、ではどうするかということまで考えて見るのもアリじゃないかなと思います。


戦後100年を迎えたとき、日本はどんな姿勢でいるべきなのか。
昨夜は泣きながらも、そんなことまで考えさせられました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
はだしのゲンの視聴率【子役コラム】
はだしのゲンの視聴率が出ました。<Yahoo!テレビより>・千の風になってドラマスペシャル第3弾・はだしのゲン・後編 フジテレビ 20.5% ・千の風になってドラマスペシャル第3弾・はだしのゲン・前編 フジテレビ 18.2% ということで、どちらも高視聴率ですね。ドラマ全... ...続きを見る
子役情報と子役オーディション
2007/08/15 05:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
小学生の頃、体育館で
文部省推薦?映画『はだしのゲン』見ました。
アニメだったか実写だったか忘れてしまいましたが
本当に怖かった事は憶えています。

私は、日本が核武装ではなく、
核を破壊(分解)させる技術を
開発するべきだと思っています。
無能力化させる何かが・・・。
あんな危険なものが【世界最大の破壊力】として
70年近く君臨しているなんて嫌です。
安全に核爆弾や危険物を無能力化出来れば、
(レーダーに引っかかった時点で鉄くず、として処理とか)
これ以上の防衛戦略はない!と
夢を見ています。
ねむ
2007/08/12 01:50
>ねむさん
 >核を破壊(分解)させる技術
以前どこかで、そういった技術が実用化にむけて研究されている、というのを読みました。SFじゃなかったと思うんですけど…よく覚えていないんですよねー^^;

そういう技術が出てきたら、たとえばミサイルの筐体が改良されるとか、しばらくはいたちごっこになるでしょうが、金属の新しい未来も拓けそうですね。

しかも、あらゆるミサイルに関して適応できれば、世界中が専守防衛を軸とした国防を選択できるようになるという夢も見れます。
…いいなぁ、それ。
ねこねこ
2007/08/12 08:46
昇格するの?
BlogPetのねね
URL
2007/08/18 09:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『はだしのゲン・前編』を観た 。゚(゚´Д`゚)゚。 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる