言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS まさか票が入るとは思わないけど…

<<   作成日時 : 2007/07/02 09:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

早いもので、もう7月。今年も半分が駆け足で過ぎていきました。
来月あたり、リアルで引越しを予定しているので、相変わらずドタバタしています。
政治の世界は参院選に向けて各党が動いていますが、数日前フジモリ元ペルー大統領が国民新党から比例代表で出馬するというニュースがありました。
これ…先方からの希望だったのでしょうかね。

■国民新党から出馬決定のフジモリ氏、民主にも売り込んでいた
SANSPO.COM http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200706/sha2007062903.html
元ペルー大統領のアルベルト・フジモリ氏(68)が、参院選に国民新党の比例代表候補として立候補することが28日、正式に決まった。外国の元国家元首が日本の国政選挙に出る初のケースだが、民主党がフジモリ氏側から出馬打診があった経緯を明かすなど、波紋が広がり始めた。

 チリ・サンティアゴで自宅軟禁状態のフジモリ氏は現地時間27日に出馬表明。「両親のふるさと日本に恩返ししたい」と強調した。同党の亀井静香代表代行(70)も28日に都内で会見。会見中に国際電話を掛け、フジモリ氏は「北朝鮮問題や国民の安全を守るため立候補する」と日本語で抱負を語った。

 大統領時代の市民虐殺事件などでペルー当局から訴追され、チリ最高裁が引き渡し審理中。ペルー当局などは「逃亡しようとしている」と立候補を批判するが、フジモリ氏は「引き渡し審理からは逃げない」と言明。

 亀井氏は「フジモリ氏の出国は認められてしかるべき。チリは選挙活動に支障ないようにするのは当然」と主張した。

 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長(60)は「わが方にも一度打診がありお断りした経緯がある」と記者団に明かし、フジモリ氏が日本での出馬を積極的に画策していた可能性を示した。

ところでそのフジモリ氏、ペルー国民に対しては、HPでこんな↓ことを言ってます。

■フジモリ氏、ペルー国民に参院選出馬をHPで報告
YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070629i403.htm?from=main4
 【サンティアゴ=中島慎一郎】参院選への立候補を決めたフジモリ元ペルー大統領(68)は28日、インターネットのホームページを通じてペルー国民向けに出馬を正式に報告するとともに、いずれはペルー政界に復帰する意向も示唆した。

 フジモリ氏はホームページ上のビデオ映像で、大統領時代に日本から学校や道路建設などで総額約30億ドル(約3700億円)にのぼる支援を得たと強調。「日本との新たな架け橋となることで日本からの支援を増やすことができる」と、出馬への理解を求め、「(ペルー)発展への道を再び一緒に歩むため、戻ることを約束する」と訴えた。

 一方、ペルーのガルシア大統領は28日、「国民がどう思うか。大いに失望した」と批判。同日付の有力紙レプブリカは「引き渡し逃れは明らか」と非難し、コメルシオ紙も芸者姿のフジモリ氏の似顔絵を掲載するなど、ペルー国内では出馬反対の論調が強まっている。

「おらが村」の国際版といったところでしょうか。
日本からの莫大な支援金を手土産にして、ペルーでの勢力拡大を図るという心積もりもあるでしょう。現在でもフジモリ派は、ペルー政界で一定の規模を維持しているそうですし。

この話を受け入れた国民新党については、もうorzとしか反応のしようがなかったのですが。
そんなに候補者が見つからなかったのでしょうか^^;
それ以前に、日本の国政選挙をどう考えるのかという部分で、大いに疑問です。

フジモリ元大統領が訴追されている問題については、ペルーでのことなのでよく知らないのが正直なところですが、いくら日本国籍をお持ちだと言っても相手は一国の元大統領ですよ?
『フジモリ氏の出国は認められてしかるべき。チリは選挙活動に支障ないようにするのは当然』
という亀井氏の発言は、他国の司法当局に対してあまりにも失礼じゃないのかな。

ねこねこが真っ先に考えてしまったのは、仮に当選しても出国ができなかった場合、議会に参加できない議員に対する報酬はどうするのかということ。我ながらイヤだわぁ、世知辛くなっちゃって^^;
「制度の不備は、その時に考えればいい」
くらいに考えてるのか、それとも参院選の目玉にするつもりで、当選するとはハナから思っていないのか。
外交や法務も含めて非常に重要な問題が関わってくる件について、そんな行き当たりばったりな…というのが正直なところですね。

一事が万事と言いますが…
こういう考え方が年金の「今ある金は今使ってOK♪」みたいなことを招くんだよ。
とりあえずやって、後のことは後で考えればいいやって、仮にも国の政治の一翼を担う人間の考え方ではないですね。

いやぁ、政権政党から出て行ってくれてよかった(笑)
そんな危機意識のない政治家、これからの日本にはもう要らないもん。


で、この件も前回の記事と同様、
「“他国との政治的関わりの強い人物”が日本の政治に関わることがどういう意味を持つか」
というテーマにおいて、ひとつの参考事例になりそうだなと思いました。

まったく、日本の政治は誰のための政治なんだ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
出馬のことを書いてるのかな?
BlogPetのねね
URL
2007/07/03 15:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
まさか票が入るとは思わないけど… 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる