言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 海洋基本法が成立。ちゃんと機能すればいいけどな( ゚Д゚)y―┛~~

<<   作成日時 : 2007/04/22 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

20日の出来事ではありますが、海洋基本法が参院で圧倒的多数にて可決、成立したとのこと。
日本をぐるりと囲む海では色々な懸念事項が現在進行形でありますが、そのうちのいくつかについて当ブログでも思ったことを過去に書いてきました。
例えば竹島のこと、東シナ海の資源のこと、尖閣諸島、北方領土、領土問題に絡んだ漁業関係者の被る状況などなど。
これまではそれぞれの案件に関連があっても、担当省庁がそれぞれ違うという状況だったりしましたが、これで一括して担当できることになります。


…ちゃんと、機能すれば。


■海洋基本法 ようやく整う海の「司令塔」(4月21日付・読売社説)
YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20070420ig90.htm
 ようやく海洋立国としての推進体制が整う。遅きに失した感は否めないが、実効性のある組織を構築し、戦略的な海洋政策を企画、立案、遂行しなければならない。

 自民、民主、公明3党の議員立法による海洋基本法が圧倒的多数の賛成で成立した。7月にも施行される。

 基本法は、海洋政策を総合的、計画的に策定し実施する国の責務を明記し、海洋基本計画の策定を義務づけた。

 海洋政策を推進するため、内閣官房に首相を本部長とする「総合海洋政策本部」を設け、「海洋相」を新設する。

 海洋政策本部が“司令塔”となって海洋政策を国家戦略として体系化し、一元的に遂行できるようにする。それが基本法の狙いである。

 政府は、一体となって海洋戦略を立て直し、日本の海洋権益を最大限活用するための手だてを講じる必要がある。

 ただ、海洋政策本部には、全閣僚が参加する。事務局も各省からの寄せ集めとなる。外務、文部科学、農林水産、経済産業、国土交通、環境、防衛など省の縦割りの弊害が、そのまま持ち込まれるようであっては、到底、海洋政策本部は機能しまい。

 首相、海洋相は、強力なリーダーシップを発揮し、各省の利害調整を図り、東シナ海でのガス田開発、竹島周辺の海域調査問題などにも戦略的に対処しなければならない。

 海洋基本法とともに、日本の排他的経済水域(EEZ)におけるガス田開発や試掘などの安全確保を目的とする海洋構築物安全水域設定法も成立した。

 国土交通相が、海洋の掘削施設から半径500メートル以内の範囲で「安全水域」を設定し、許可を得ていない船舶の侵入を禁止できるようにするものだ。

 日本のEEZ内で企業による試掘作業が中国側から妨害された時、海上保安庁がそれを排除するための根拠となる。

 1994年発効の国連海洋法条約はEEZ主権国に「安全水域」設定を認めている。中国など主要国は安全水域への入域を禁止する国内法を整備しているが、日本は海洋政策を統括する省庁がなかったこともあって、それを怠ってきた。

 先に温家宝・中国首相が来日した際の日中共同プレス発表には、「双方の海洋法に関する諸問題についての立場を損なわないことを前提として」、共同開発を進めるとある。

 海洋基本法、海洋構築物安全水域設定法の成立で中国との交渉を進める環境も整った。これを日中間の懸案を解決する契機にしてもらいたい。

まずはよかったです。
竹島の件をはじめ、国が動けない故に地元が様々に対策を行っている問題もありますが、今後は国の確たる方針の下で動けるようになるのかも…と希望を持てます。

ですが、逆にこれまでそれぞれの地元が努力して積み上げてきたことが、国の政策や方針とぶつかることも考えられます。
これまでの地元の努力を生かしながら、有効な政策を練って頂きたいものです。


ちなみに、海洋政策本部の本部長が首相。
その下に海洋相が新設されましたが、YOMIURI ONLINEの別の記事によると、
『政府・与党内では、「海洋政策相」を国土交通相が兼務する案が検討されている。』
と書かれてます。

兼務で決定となれば、国土交通相の役割がこれまでよりも重い意味を持つことになりますね。
(今でも国土交通省は外局に海上保安庁がある組織ですし、安全保障会議のメンバーでもあるわけで、国内に限らず対外的な部分でも重要なポジションなのでしょうけど、より一層ということで。)
とりあえず初代は現国土交通相の冬柴氏がその任につくことになるのかなぁ。


……大丈夫か?(笑)
なんかなぁ、東シナ海のガス田問題はこれから民間企業の試掘やら何やら始まるのでしょうが、竹島とかの既に地元で何らかの形になってきているものについては、これまで頑張ってきたことが引っくり返されなきゃいいけどなぁ…なんて。

余計な心配で済めばいいけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか・・・久しぶりの書き込みになっちゃいましたね。さてさて・・・。
海洋基本法が成立!よし!って思ってたんですけど、でも安倍総理、従軍慰安婦問題とやらを積極的に認めるような発言しちゃったでしょ?
たぶん安倍総理のブレーンの計算があってのことなんでしょうけど、でもイマイチ理解できないんです。
だから最近は(大丈夫かな、この人で)って思っちゃってます。
彦勘助
2007/04/24 09:57
>彦さん
アメリカの主要紙のインタビューですよね。
これについては、産経新聞の阿比留瑠比記者のブログが興味深いので、よかったら読んでみてください。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/156726/

日本語特有の曖昧な言い回しを、米紙にいいように訳された感が…^^;
で、日本語が分かるはずの日本の新聞は、元の発言よりも米紙に書かれた発言を大々的に取り上げているという不思議なことになっているようで(笑)
この件については、安倍総理の発言よりも、議連の訪米が中止されたのが腹立たしいところです。

今回のインタビューでは、特に憲法について「お前らが作った憲法は時代遅れ」とはっきり言えたところがポイント高いです。これまでアメリカの報道機関に対して、そんなことハッキリ言う総理はちょっといなかったので。
ねこねこ
2007/04/25 15:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
海洋基本法が成立。ちゃんと機能すればいいけどな( ゚Д゚)y―┛~~ 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる