言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカも泣き入り中ですなぁ(;゚Д゚)

<<   作成日時 : 2007/01/17 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

今日は底冷えがする一日でした。
お天気がどんよりしてたせいもありますが、私もちょっと体調を崩してまして。
昼夜逆転生活は、本当に体に良くないですね^^;
そんなふらふらな感じで今日は泣き入り中のブッシュ米大統領。

■ブッシュ大統領、死刑執行を「報復殺人のようでまずかった」と批判
イザ(共同ソース) http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/35375/
 ブッシュ米大統領は16日、米公共放送(PBS)のインタビューで、イラクのフセイン元大統領に対する死刑執行のやり方が「まずかった」とイラク政府を批判、「失望したことをマリキ首相に伝えた」と語った。
 大統領は、フセイン元大統領が法廷できちんと裁かれたにもかかわらず、「死刑執行が報復殺人のようになってしまった」と明言。イラク政府が刑の執行を急いだ上、執行の模様を撮った映像が流出したことなどを念頭に「イラク政府が統一と前進を望んでいることを米国民に説明するのが困難になった」と述べ、米国のイラク新政策遂行にも悪影響を及ぼしているとの認識を示した。(共同)


フセイン元大統領の死刑執行は確かに異様に早かった。
我が家では「死人に口なし」がもっぱらの見方だったけど?
むしろアメリカがそう望んだのではなかったのかしらと思ってました。


大体、「法廷で裁かれたにも関わらず」っていうけど、フセイン元大統領の言動も“この裁判自体を認めない”というものだったし、いわゆる紛争解決手段としての裁判ではなかったわけで。
「処刑のための手続き」としての裁判だったのはみんな分かってるでしょう。
特に、東京裁判について考えたことのある人は、ちらっとそんなことを思ったのではないでしょうか。


アメリカが戦争を終わらせたがってるのは分かりますけど、
(増派を決めたのだって、手の引き際のテロに対する睨みをきかせるためでしょう)
私のように専門知識なくこの記事を読んだ印象は、
「え、アメリカ、卑怯じゃないそれって?」
といった感じ。


米国内でも逆風が吹き荒れてるだけに、収拾をつけるのが大変みたいですけど、
今回の発言はあまりにもわかりやす過ぎなんではないかしらねぇ。


そうそう、米軍増派のニュースを見て、旦那さまがぽつりと一言。
「まだやんのか。ベトナムだな」

いやまったく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
フセイン元大統領と比較するのは気が引けるのですが、でも私も『東京裁判』を連想してしまいます。何年経ってもアメリカって国はやることが同じだな、と。
そしてベトナム戦争の再来。私もそう思いました。
さらにイラクの核問題もあるし。もう泥沼ですね。
彦勘助
URL
2007/01/19 16:51
ねねが底冷えしたかも。
BlogPetのねね
URL
2007/01/21 10:42
>彦さん
フセイン元大統領が暴君であったとしても、24年間一国を統治できたのには反政府派の弾圧以外にも理由があったのではないかなぁと思うんですよね。
結局、アメリカはイラクの民主化を日本の戦後処理をモデルにやったとか聞きますが、今回の件では、日本で言うところの「東条」を処刑したのではないというところが失敗なのではと。

後処理の経過によっては、『アメリカ=世界の警察』の構図が変わっていく可能性もありますから、日本も立ち回りが難しくなりそうです。
首相官邸が欧州との連携を深めているのも、そこら辺が頭にあるからかも知れませんね。
ねこねこ
2007/01/22 08:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカも泣き入り中ですなぁ(;゚Д゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる