言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 報道特集を観て素朴な疑問。

<<   作成日時 : 2006/12/10 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

お買い物から帰ってきたら、TBSで『報道特集』をやってました。
今ちょうど観ながら書いているのですけど、素朴な疑問がわいてます。
報道と情報保護の両立の難しさというか…。
※今回の記事は純粋に視聴者の立場で感じた疑問であり、憶測や想像で記事を書いています。

放送内容は、特定道路財源の件(これはこれで興味津々なのだけど)と、北朝鮮の偽札の件。
疑問を感じたのは、
「北朝鮮脅威の技術
〜見分け不可能?の偽造紙幣」
と題した偽札特集の方です。

特集自体、結構面白いなと思いながら見ていたのですけど…。

特集の終盤、入手した偽札を鑑定装置にかける映像があり、札束の中に3枚(だったかな?)鑑定機を通過する精度の札が存在してました。
ところが、通訳だか売人だかは、「偽札だ」と言い切る。

そこで、偽造通貨鑑定家の松村喜秀氏が登場(2006年3月にも協力されてます)。
その鑑定結果をこと細かに放送しているわけです。
このこと細かな内容に疑問がわきました。


その鑑定結果、本物と比べてどこがどう違うのかを検証している上、
3月放送時に入手したものと、今回入手したものとを比べて、
「どこがどう“改良”されているか」
まで拡大画像で比べて、細かく放送しているんですね。

結果は、鑑定装置をくぐり抜け、専門家の松村氏ですら見分けることが非常に困難だったけれど、最終的には偽札と判定されたわけですが…。

穿った見方をすれば、3月に放送されて「ここが偽札見分けポイント」とされたところが改善されているわけで、番組側の意図はともかく、修正ポイントの情報提供になってしまっているのでは?という違和感を感じました。

一緒に観ていた旦那さまも、
「あれは…いくないねぇ…(・A・)」
私が「やっぱり?どしてそう思う?」と訊くと、
「だってこれ、例えばサイトのクラッキング方法を検証して放送してるのと同じじゃない?」

私はこれ、カード会社の審査基準をあれこれ検証して放送してるみたいだ…(´・ω・`)と、思ったのですけどね。
思ったことは大体同じだったようです。
いずれにしても、(・A・)イクナイ!!ことには変わりなし。


だからと言って、報道内容を制限したり検閲が復活したりということがあってはならないことですし、私自身そういったことに強烈な忌避感があります。
ですけど、情報というのが諸刃の剣であることは、今回の番組を見て考えさせられましたねぇ…。
「情報戦」という言葉が俄かに現実味を帯びて感じられた、とでも言うか…。

昔は徹底的に情報の開示・流通を制限することをもって、重要・機密情報を保護してきたわけですが、それではもはや国民側の不利益も大きいですし、技術者から見てもかなり困難なこの時代。
とすれば、他国が情報を“戦略的に活用”しているような芸当が日本もできるのかと…ちょっと心配してみたり^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
その「専門家」様こそ、偽札製造のブレーンだったのです!

・・・とかいうオチを想像して噴いたわけですが。
個人的には何か裏がありそうな気がしなくもないです。
根拠はないんですが、何しろ放送局が放送局なもので。
はづきち
2006/12/14 02:25
>はづきちさん
な、なんだっ(ry

…というのは置いといて、やはり彼の放送局は取材の仕方を見ても相当なコネクションがありそうだなとは思いましたよ。
偽造紙幣の売買や違法両替といった「裏社会」の取材にカメラを入れられるんだから…

いや、ホントに根拠はないんですけどね(笑)
ねこねこ
2006/12/14 08:58
全く馬鹿げています。肝心な所を引っ張るだけ引っ張って前回放送内容と対して代わり映えもせず、何を放送しているのかと腹立たしく思いました。実は、私は新しい判別方法を発見し、TBS『報道特集』にも連絡をしていたのです。この判別方法は警視庁お墨付きのNPO法人「ポリスチャンネル」HPが取り上げてくれ、記載されている方法なのです。
松村氏にも2週間ほど前、松村氏の拡大判別方法(お笑い)と私の判別方法の違いについてご連絡しましたが、何のコメントもいただけない有様です。そもそもアノ判別方法(縦、横の印字拡大で2次元)はまず、素人にはできません。しかも後追い技術で改良されてしまいます。
松村氏はアノ方法でスーパーノートを発見した最初の方だからテレビ局の法でも第一人者として扱っているのでしょうが・・・。
偽札流通を防止するには素人でも簡単に判別できることこそが重要なのにあれでは、「偽札が出た出た」と騒ぐだけの番組です。
私の方法は、素人でもプロ並みの(プロ同等)の判別ができます。しかも世界紙幣の判別までできます。
日本銀行本店情報局(資料送付後、直接電話回答)からも確認を頂いた方法です。
恵比寿子
URL
2006/12/24 03:02
>恵比寿子さん
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。
ポリスチャンネルには、白バイの走行技能大会の動画をよく見に行きます^^
あそこに掲載されるとはすごいのですね!
勉強させていただきます。

>偽札流通を防止するには素人でも簡単に判別できることこそが重要

本当にその通りです。旅行などでうっかり掴まされている人も結構いるのではないかと思います。各人が偽札などを掴まされないようにすることで、流通が防止できるならそれも制裁に繋がりますよね。
結局、テレビ局の目的は公共の利益からはずれている感じですねぇ。
ねこねこ
2007/01/01 17:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
報道特集を観て素朴な疑問。 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる