言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 相変わらずブレない人だなぁ(゚∀゚)

<<   作成日時 : 2006/11/08 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

小泉さんというのは、その役職と責任を肩から下ろした後もこの調子(笑)
復党問題の是非はともかく、やっぱり分かりやすくて好ましいなと思いました。

■小泉前首相「政治家は使い捨てだ」と1年生議員をバッサリ
iza http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/26699/
 小泉純一郎前首相は7日、自民党本部で開かれた衆参1回生議員の研修会「日本夢づくり道場」で、「政治家は常に使い捨てにされることを覚悟しないといけない。甘えちゃいけない。使い捨てが嫌なら国会議員にならない方がいい」と述べ、郵政民営化に反対し、離党した衆院議員らの復党に反対する一部議員を叱責(しつせき)した。小泉氏の後ろ盾を期待していた議員は、非情な「突き放し」にショックを隠しきれない様子だった。
 小泉氏は、ミュージカルの話題でにこやかにあいさつを始めたが、中盤で突如、選挙の話題に切り替えた。
 「握手やお酌をしているときだけが選挙じゃない。選挙民は日頃の行動から、この人は信用ができるかを見極めている」
 さらにボルテージは上がり、「政治家は使い捨てを嫌がってはいけない。首相の私もそうだった。1回1回選挙で使い捨てられることを覚悟しないといけない」と断言。最後は「邪魔する人はたくさんいる。敵はあまたなり。いさぎよくそういう気持ちで頑張ってほしい」と締めくくった。
 出席した約50人は、久々に対面した小泉氏の冷たい言葉に呆然(ぼうぜん)。復党反対派は8日、「復党問題を考える会」(仮称)の発足を予定しており、道場を前哨戦と位置づけていただけに、出はなをくじかれた形となった。ある議員は「次の選挙も何とか党執行部に守ってもらおうという甘い考えへの戒めだろうが、厳しい」と漏らした。
 復党反対派の急先鋒(せんぽう)である武部勤前幹事長も困惑の表情。道場の「塾長」として小泉氏の直前にあいさつし、「皆さんが戦った相手は古き悪しき抵抗勢力で、改革の敵だ。復党問題が出ているが、後戻りすることは絶対ない」とたんかを切っただけになおさらだ。
 安倍晋三首相は同日夜、首相官邸で記者団に「(小泉氏の発言は)常に自分の力で選挙に勝ち上がる気概を持てという意味ではないか」と述べた。

在任中、あの郵政民営化を問うた選挙で活躍し当選した新人議員に関して、派閥によらない政策での政治を目指すために、派閥に属さないことで被る不利益を払拭する「新人議員研修」を打ち出したことを有権者ははっきり覚えています。

マスコミや「小泉憎し」の人たちが、「所詮小泉派という新派閥」とずいぶん批判してたことも記憶に残っていますが、それを在任中にきっぱり否定していたことを裏付ける今回の発言です。本当にこの人は、ブレないですね。

この発言、私はあまり驚かなかったのですが、当の「小泉チルドレン」と呼ばれた人達はえらい驚いているようですなぁ。

■小泉前首相「政治家は使い捨て」…タイゾー議員「ショック」
スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061108-OHT1T00062.htm
 新人議員の育成を目的にした自民党の「日本夢づくり道場」の「道場開き」が7日、東京・永田町の党本部で行われ、小泉純一郎前首相(64)が「政治家は使い捨ての覚悟を持つべき」と発言。郵政造反組の復党問題で揺れる「小泉チルドレン」に“親離れ”を説いた。

 約50人の議員の前で、この日、道場最高顧問に就任した小泉氏は「政治家は使い捨てにされることを嫌がってはいけない。首相も使い捨て。甘えちゃいけない」と断言。復党問題を意識してか「邪魔する人がたくさんいる。敵はあまただが、志を持って頑張ってほしい」と続けた。

 昨年の衆院選で郵政民営化反対の「造反組」を落選に追い込むため、小泉氏自らが送り込んだ「刺客」たちにゲキを飛ばした形。しかし、現在、党内で「造反組」の復党容認論が高まりつつある微妙な時期だけに、チルドレンも“生みの親”の「使い捨て」発言にドッキリだ。

 佐藤ゆかり議員は「含蓄のあるお言葉でした」と大人の受け答えだったが、杉村太蔵議員は「ショック? そりゃそうですよ。使い捨てされないように頑張るだけ」と苦笑い。井脇ノブ子議員は「仕方ないのは分かるけど、やっぱり、小泉さんの言葉は冷たいな〜と感じた」と肩を落としていた。

結局「自分たちは“あの選挙”を経たから特別」というような甘えがあるのか、そもそも小泉さんの考えを真に理解できていないまま、その“業界”に入ってしまったのか…。
「○○だから、特に応援する」「○○だから、バックアップする」
というのは小泉さんが在任中から否定してた新派閥・既得権形成につながる行動だってのに、それをアテにしていたとは情けない。自分の保身のために、復党に反対してたのかよ?(笑)
それじゃぁやっぱり政治は変わりませんね。派閥と保身と政局と利権に終始して、国民の利益は置き去り。

間違えてはいけないのは、小泉さんの言う「使い捨て」とは「誰に使い捨てにされるのか」ってこと。
政治“業界”内からではなく、「有権者から使い捨てにされるのだ」ということ。
小泉さんが厳しいのではなくて、有権者が厳しくなっているってことです。小泉さんはそれをよく知ってるでしょう。たぶん、タイゾーくんやノブ子ちゃんなんかは、それ、分かってないだろなぁ(笑)

そもそも郵政に反対した人達が復党してくる時に問題にすべきは、
「何故、復党するのか・させるのか」
ということではないでしょうか。

彼らは、例えて言うなら、会社のプロジェクト自体を否定して、上司にメンバーから外された状態。上司は頓挫しそうなプロジェクトを株主総会にかけて必要か不必要かの決定を委ね、はずしたメンバーの代わりに若い人達を抜擢した、って感じかしら。

さて、はずされたベテランメンバーは一体今まで何をしていたでしょうか。
他の会社に移籍した者あり、周囲の人に対して上司の仕打ちをグチり続けた者あり、着々と再チャンスを掴むべく地道な努力をしていた者あり。
悲喜こもごもではありますけど、新規プロジェクトの立ち上がりとともに風向きが「やはりここはベテランを」という話になった途端、これまでさんざん上司や会社に関するグチを訴えてた人が、
「やっぱりね。自分に仕事が回ってくるのは当然」
っていう態度になるって、一般の会社でもそういう人、鬱陶しいと思いません?(笑)

「自分は、新規プロジェクトにおいて○○という仕事ができます!前回のようにプロジェクト自体を否定せずにしっかり働きますよ」
という態度を“復党する側が”表明してみせるのがスジってもんじゃないのでしょうか。
それが、自民党幹事長の発言などで見られる「復党の条件付け」に当たるのでしょうが、組織側から促すことではないですね。よほどの実力を持っている相手に対しては、個別にそういった話をすることはアリでしょうけど、本来なら復党を希望するそれぞれの議員が「何故希望するのか」を有権者・組織両方に向かってアナウンスしなければならないハズです。

じゃないと、有権者の票は集まりませんし、かと言って他に投票できる政党もないし…ってことで、また投票率が激しく下がる→組織票がその威力を発揮する、みたいな流れになってしまうと思います。

武部さんが何をしたいのかが、イマイチ見えませんが(この人は、単独だとホントに何したいのかが分かりにくいw)、『復党問題を考える会』(仮称)は、あの総選挙で何が大勝に結びついたのかおさらいすることから始めて頂きたいものです。

※2006/11/09追記
あいさつ全文、『さくらの永田町通信』さまで文字起こしされてました。
 2006/11/07付 『敵あまたなりとも』
ぜんぜん記事と印象の違う、愛情あふれた名演説なんですけど…。
読んでいて議員さんだけでなく、あらゆる人がそこから何か感じる言葉です。
是非ご一読くださいまし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アンチ小泉ブログが見事に釣られてます(笑)
小泉前首相が先日開かれた衆参1回生議員の研修会「日本夢づくり道場」で、「政治家は常に使い捨てにされることを覚悟しないといけない。」と述べたことを受け、小泉批判に繋がることなら何でも題材にして小泉を貶めてやろうと& ...続きを見る
★★反日ブログ監視所★★
2006/11/10 20:52
政治家は使い捨て―刺客の資格無し
昨日ニュースを見ていたら、小泉首相前首相が、郵政選挙で刺客として登場した新人議員に訓示した時の話が取り上げられていた。面白い発言だな、と思ったのでネット上のソースを探すと・・・ ...続きを見る
Tagebuch(たーげぶーふ)
2006/11/12 12:14
【政治】中川自民党幹事長「世界で反米闘争をやるのは南米の左翼政権だけだ。『南米か』と突っ込みたい」
1 名前:春デブリφ ★[sage] 投稿日:2006/11/21(火) 17:... ...続きを見る
ニュース落穂拾
2006/11/21 21:56
高級ソープ通いの政務官・・・・武士の情けで匿名
  さつき、ゆかり両議員が無断欠席 党内外からブーイングの嵐  だそうだ。「問題なのは、この2人だけではない。このところ小泉チルドレンの“幼稚っぷり”も次々に露見している。河野洋平衆院議長は30日、本会議場での議員のマナーに関し、逢沢一郎議員運営委員... ...続きを見る
現役雑誌記者による、ブログ日記!
2006/12/01 13:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>「握手やお酌をしているときだけが選挙じゃない。選挙民は日頃の行動から、この人は信用ができるかを見極めている」

その通りだと思いますよ。当たり前の事です。ただその『当たり前』の事が行われてこなかったのが今までの日本の政治です。だからこそ、今のような政治不信が広がったのでしょう。
でも最近は、ネットの影響・周辺諸国の(悪)影響もあって若い人の政治に対する関心が高まってきているように思います。
だからこそ、こんな当たり前の事が必要になってくるのでしょう。そしてそれを読んでいるのが小泉さんなんでしょう。

私は以前から国会中継の画面に、小さくでもいいから会議場で居眠りしたり遊んだりしている議員さんの顔と名前・それに選出した県の名前を出すと面白いと思うんですけどね。恥じ丸出しですから(笑)
彦勘助
URL
2006/11/08 13:41
>彦さん
国民にもその責任があります。
「おらが村に何してくれるか」
が、誰に投票するかを決める重要な要素だったわけで、どんなに国全体を見通して議論するに値する政策を持っていても、選ばれるのは「地元に利益を誘導できる議員」。それが利権を呼び、口利き談合を呼び、既得権にしがみつく政治屋ばかりの永田町にしてしまった訳ですね。
「誰に投票しても同じ」
という状況は、実は国民自身が作り上げた政治の形です。

最近のように様々な情報を共有することで、国民側が「中央の政治家は“国のために”何してくれる?」と考え始めたことは大きな成果ですね。

>居眠りしたり遊んだりしている議員さんの顔と名前・それに選出した県の名前を出すと面白い

それ賛成(笑)選出県名出すの面白いですね!
いやー、地元の恥をさらすことにもなりかねませんけど、それならそれでまた篩いにかけられるのでイイと思います^^
ねこねこ
2006/11/09 13:25
タイゾウやノブちゃんは議員は辞めたほうが良い。ノブちゃんは人間としていい人かもしれないから、他の方面で活躍してもらいたい、国の動向を左右する立場の資質はチョット足りないと思います。タイゾウ・?税金の無駄使いだし、一見大衆人気が有るように見えるけど、それは芸能的人気だ、自民党の印象を悪くする、即辞任させたほうが良い。
トトロ
2006/11/09 22:55
>トトロさん
ご無沙汰してます。コメントありがとうございます^^

ノブちゃんは、ホントは地方行政でものっすごい力を発揮するんじゃないかと思ってたりします。知事とか。福祉が充実しそう。人間的で実効的な福祉。バラマキじゃなくて。

適材適所といいますから、最も得意とすることや理念が「国」でやるべきことなのか、「地方」でやった方が効果のあることなのか、そういうこともこれから考えて欲しいなぁと思います。

えーと、タイゾウくんは…ニート・フリーターの区別をつけて出直していただきたいなと思います。その後あまり話題にならないですね。掲示板のほうも放ったらかしだー(汗)
ねこねこ
2006/11/10 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
相変わらずブレない人だなぁ(゚∀゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる