言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS そうですか、やはり日本より中国が大切ですか( ;゚Д゚)y─┛~~

<<   作成日時 : 2006/11/06 09:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

揚げ足を取られることが心配だった「核論議」についての発言。
野党があれこれ言ってるだけならまだマシだったんですけど、二階氏が野党連合の批判に同調してしまったようで。
今後責任を問われるのは、一体どっちになるんだか。


■核論議、二階国対委員長が首相の責任論に言及
Sankei Web記事 http://www.sankei.co.jp/news/061105/sei001.htm
 中川昭一政調会長や麻生太郎外相が核論議を提起した問題で、自民党の二階俊博国対委員長は5日、NHKの討論番組で、「誤解を招きかねない発言であり、重要な立場の人は慎むべきだ」と批判、「任命権者の責任を問われる事態になりかねない」と述べた。安倍晋三首相の任命責任に言及することで、中川氏らを強く牽制したものだが、臨時国会への影響を考慮し、核論議を押さえ込もうとする与党内の動きは週明けからさらに加速しそうだ。

 「非核三原則は国是だ。日本は好戦的な国ではないとようやく理解されるようになったのに、国会中に急にこういう議論を持ち込むことについて少し考えてほしい」

 二階氏が番組でこう切り出すと、公明党の漆原良夫国対委員長も「首相の指導力が問われることになりかねない」と同調。これに意を強くした野党側も「日本が核保有すべきだという誤ったメッセージを国際社会に大きく広げる」(高木義明・民主党国対委員長)、「安倍内閣は核武装検討内閣だ」(穀田恵二・共産党国対委員長)などと中川バッシングを繰り広げた。さらに野党側はこの問題に関して衆院予算委員会での集中審議を求めた。二階氏は集中審議の開催は拒否したが、「自民党は『自浄作用』を必ず発揮する」と述べ、核論議そのものが、「不浄なもの」との考えを抱いていることをうかがわせた。

 核論議をめぐって、安倍首相は政府・与党内で正式に議論することはないとしながらも「議論を封殺することはできない」と述べ、自民党の中川秀直幹事長も「中長期の意見を封殺してはいけない」と同調している。

 二階氏の発言は、佳境を迎えている教育基本法改正案の審議などへの影響を最小限に抑えようとの意図があるものとみられるが、逆に野党側に格好の攻撃材料を提供した形になった。

 二階氏と安倍首相は、かつては対中外交や人権擁護法案への対応をめぐり対立したこともあり、「二階氏は存在感を示すために計算ずくで発言した」(自民中堅)との見方も出ている。

 二階氏は5日、記者団に「国会議員に言論の自由が保障されるのは当然だが、何を言ってもいいわけではない。まあ賢明なリーダーたちなので心配ないでしょう」と語ったが、核論議で自民党幹部が野党と同調したことは、与党内の新たな波乱要因となりそうだ。

こんなことが与党内の波乱要因になってたまるか(笑)

二階氏はもはや超有名な媚中派として名を馳せてますから(一部では“江沢民の飼い猫”とまで呼ばれているようですがw)、どこの誰に遠慮しているのかはここで指摘するまでもないでしょう。

大体、核論議は国民の側にこそあるべきで、与党内でいかに今議論を抑え込んだところで、今後国民側での議論が進んでいけば一定の手順に従って政府は国民にその是非を問うことになるでしょう(私自身は今現在反対の立場ではありますが)。
その時になって、政府が何も準備ができていない、世論の盛り上がりに対して何のレスポンスも返せない、そういう状況こそが怖いと思うのですが。

二階氏の発言では、
国会中に急にこういう議論を持ち込むことについて少し考えてほしい

なんて言って、「今すぐ核武装するための議論が進められてしまう」という雰囲気を、故意なのかそうでないのか醸し出しているようですが、決してそうではないことは中川政調会長、麻生外相両氏の一連の発言を一般報道レベルで見聞きしていれば分かることです。
対外的にも両氏が直接説明をするなど、戦略的発言である意図を友邦国には伝えていますしね。
戦々恐々としているのは中国くらいのもの。

議院の現実的な運営を(ある意味密室で)担う国会対策委員長で、しかも与党側の人間が、野党の従来型の「国会審議妨害」じみた批判をあえて呼び込む意味が分からない。
それでなくても、今国会は前回から積み残しされた重要法案が目白押し。
教育基本法、防衛庁の省昇格、国民投票法案…3つもの国のありようを根本から左右する法案が控えているんです。

この二階氏の発言が、記事に書かれているように「存在感を示すこと」(…ていうか誰に対して?w)を狙ってなされたものであれば、今後野党の質問がこのことに集中して本来審議されるべき事柄が後回し、もしくは充分な審議ができなくなった場合、その責任は重大です。
麻生外相の罷免を言い出した、さっぱり今の状況が見えてない方もいましたが、どうしてきっちり仕事をしている有能な外相を罷免しなければならないのでしょうね(あれだけの仕事ができる外相が、近年日本にいたでしょうか)。
むしろ余計な対立を盛り上げるような「仕事」をしている、与党国対委員長を更迭した方が話が早いんでは。


ここまでの一連の発言群を見ていて思うに、この「核論議」、中国への牽制と共に日本国内での踏み絵みたいですな。
以前の記事で中川政調会長の最初の発言を「後で真意を弁明しなければならないとは軽率」と書きましたが、「踏み絵」が狙いだとしたら、現政権も小泉政権の後継にふさわしい釣り名人。特亜だけではなしに、国内でも始まったのかという感じ。今国会は釣堀国会か(笑)

二階氏がこれまでの印象を利用して釣りの仕上げをし、野党が国の大事を軽視していることを印象付けて参院選を有利に運ぼうとする戦略であれば、それはそれでえらいハイレベルな釣りですが、それなら国会での審議に影響が出ないようにお願いしたいものです(まぁそんなことはないでしょうが)。

それにつけても、議論の必要性を提起しただけで
「自民党は『自浄作用』を必ず発揮する」

だなんて、まるで不祥事の扱いですね。
政治家が本来の仕事をしてこんな扱いとは、北朝鮮に侮られても仕方がないような気がしてきました。
それに、「政府で議論がなされれば、それは決定事項に直結」みたいな傲慢さも透けて見えるのがイヤ。ここは中国じゃありませんので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
麻生外相の反撃?「APECで5カ国協議を」
先日の北朝鮮の声明への反撃でしょうか?麻生外相が15日からベトナムで開かれるAPECの閣僚会合で日本、米国、ロシア、中国、韓国の5カ国外相会談を呼び掛ける考えを明らかにしました。これによって北朝鮮を除く6カ国協議のメンバー国が揃う事になり、日本を対象に... ...続きを見る
株9.Net
2006/11/06 22:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん、自民党って深謀遠慮がなさそうでありそうで・・・ってトコだからなァ。だから今回の騒動も『釣り目的』ってのもアリかも、と思ってしまいますね。
私個人としましては日本の核武装には反対です。でも最近は『絶対反対』という立場が揺らぎ始めてきまして・・・。それもこれも特定アジアの皆様のおかげで。ただ、やっぱり心情的には「反対」だなァ。
核兵器の本当の恐ろしさを知っているのは被爆国である日本であり、また原爆を落した当事国のアメリカでしょう。他の国は恐らく「通常平気の協力なもの」ぐらいにしか考えていないのではないでしょうか?中国はもとより、ソ連崩壊後のロシアなんて以外とヤバイかもしれませんよ。
ましてや北朝鮮・韓国に至っては『キ○ガイに刃物』どころか『キチ○イに機関銃』でしょう。
ただその上で、あえてハッタリ?としての「日本の核武装論議」も有りかな?と。もうちょっとね、日本が周辺諸国の横暴に対して『本気で怒るぞ』というところを見せてもいいと思いますよ。
『寄らば斬るジョ(`ヘ´#)』みたいな。
彦勘助
URL
2006/11/06 12:00
江沢民さん、どんな猫じゃらしを持ってるんだか。お金?
チャイナドレスのくっ付いた大き目のものでしょうか。
やっぱりと言えばやっぱりの二階さんの発言。
何かに擦り寄るために国を売るなんて・・・。
日本のために働けよ!

核、議論が進んで保有することになると
本気で思ってる国民はいませんよね。
隣国に覚悟と言うものを見せるには良い題材です。
これ以上馬鹿やると、日本も考えそうだ・・・。
そんな風に北や中国に警戒してもらったら儲けもの。
本物が無くても議論だけで『核の傘』になりうる。
ほんとに欲しいのは、平和な日本。9条じゃ守れない。
ねむ
2006/11/06 13:53
ねねは、ネットで野党など問われるのは
ネットで大きい野党などを心配された!
BlogPetのねね
URL
2006/11/07 17:42
ほんと、この話も最近でてきた割にはおなかいっぱい。なんで議論しちゃいかんのよ。もっと建設的に、理論的に、核武装はだめですよって言える人はいないんですかね。

二階さんには、最近流行りのコンバージョン+増築改修リノベーションで3階もしくは地下1階をつくってあげるから、そこでこもってなさい。

私は、核武装もありかなーと前から思ってます。でも世界平和という夢の実現に向けて、それが本当に有益なのかどうか、よく考える必要があるとも思ってます。その考えと矛盾するのかもしれませんが、理想は核兵器の廃絶であり、全ての戦争がこの世からなくなることも希望します。人間として当然の思いとして。でもそんなことはありえないという現実論もよくわかります。平和って、難しいなー。
ファイブ
2006/11/07 22:32
すいません、2回こめしちゃいました。削除してください(涙)。
ファイブ
2006/11/07 22:36
>彦さん
>自民党って深謀遠慮がなさそうでありそうで・・・ってトコ

これまでが根回し政治主体でしたからね。表に見えてきた時には、大筋でもう合意できてる、みたいなところがそう見えていた面もあるでしょうね。結構ウラは怖いと思うんですけど、それが表側で議論をすることが当たり前になってきたことで見えるところに漏れ出てきたとか…^^;

日米以外は「通常兵器の強力なもの」という認識なのでは…というのは、私も時々そう見えることがあります。知識やデータとしては分かっていても、実体験としての怖さを知らないという印象がありますね。
戦後日本が、国としてアメリカに対してその罪を問わなかったことも大きいかも。

…核論議が進んでいくと、こういうこともテーマのひとつに挙がってきますから、それを都合悪く思う人たちはまだまだ増えそうです。
ねこねこ
2006/11/08 00:57
>ねむさん
えぇ、そりゃもう、またたび粉をたっぷり含ませたねこじゃらしでしょうよ(笑)
これまで国民がそういうことを知らなかったがために、発言の責任を追及されて更迭されていった「日本の」政治家がどれだけいることか…。
改めて自らが無知・無関心だったことを反省しています。

最近、「日本は平和だな」とちょっぴり揶揄を込めて書くブロガーさんや、掲示板の投稿をよく見かけますが、それだけ国民の中での危機感というのは高まっているんだなぁと思います。
9条が今の形で存在する限り、日本は身動きが取れないし、それを何とかしようとしてこれ以上無理な解釈がまかり通ることこそ怖いです。なんか、動けば動くほどドツボにはまるっていうか…。
ねこねこ
2006/11/08 01:29
>ファイブさん
頂いたコメントの重複分、削除させていただきました^^

実際、核武装するかしないかという結論は、今のところ関係ないんですよね。それは議論の結果であるべきだから。
広く議論をすることは、より良い結果を導き出す過程を共有することですよね。政治家の本来のお仕事なんですけどねぇ。仕事放棄の政治家はもはや不要です。
中川政調会長と麻生外相を応援しましょう^^

ねこねこは、核廃絶について、人類全体の存続を賭けた課題だと思っています(こうやって書くと、何かスゴイ大上段に構えてる感じだなーw)。なので、核不拡散・核兵器削減・平和利用の厳しい管理の下に、全世界が国家や地域の枠組みを超えて移行すべきだと思ってます。更に、エネルギー問題と環境問題を盛り込んで、IAEAの役割を強化すると、紛争も覇権主義ももっと下火になりそうな…。

でも、どこの国も「自分の国が存続できれば後は知らん」が基本ですからねぇ^^;
ねこねこ
2006/11/08 07:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そうですか、やはり日本より中国が大切ですか( ;゚Д゚)y─┛~~ 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる