言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界文化遺産?えーと…( ゚д゚)

<<   作成日時 : 2006/10/13 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

人生初のFlash作りにハマってしまい、ニュースのチェックも疎かになってました^^;
そんなわけで、緊迫した情勢は刻々と耳にしていたのですけど、
なかなか記事を書くまでの知識や情報が得られませんでしたので、
今日は息抜きの話題ということで。
もう既に読んだ人も多いかも。


■漢方を「韓医学」で世界遺産申請 中国で猛反発
iza 記事 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/23106/
 韓国が中国の伝統医学である「漢方(中医学)」を「韓医学」と名前を改め、世界文化遺産の認定申請の動きが出ている。これに対して、中国内で猛反発が起き、対韓国感情が悪化しそうな雲行きだ。(矢板明夫)
 
 中国の華僑向け通信社・中国新聞社がこのほど、配信したもので、この記事を「広州日報」や「安徽日報」など多くの地方紙が転載。インターネットの反応も大きく、13日現在、重複分を含めて、約30万以上もの中国語のサイトがこの記事を転載している。
 
 このような中国での関心の高さの背景には、中韓両国間で、ここ数年、伝統文化をめぐり繰り広げられてきた激しい“抗争”がある。
 
 昨年11月、中国で2000年以上の歴史を持つ「端午の節句」(旧暦5月5日)が、韓国によって「江陵端午祭」との名前でユネスコ(国連教育科学文化機関)の「世界無形文化遺産」に申請、選定された。当時の中国メディアは「強盗にあった気持ちだ」などと一斉に猛反発した。
 
 ユネスコの資料などによると、中国は現在、兵馬俑、故宮、万里の長城など33項目の世界文化遺産の認定を受けている。旧正月や少林拳など約100項目は申請中だという。
 
 今回の記事では、「韓医学」と「漢方」の共通点や、世界文化遺産申請の具体的日程について触れていない。しかし、端午の節句で悔しい思いをしただけに、中国人の警戒感は強い。「固有文化を守るため、徹底的に抗戦すべし」と言った勇ましい書き込みがネット上に殺到している。
 
 中国の民間文芸家協会副主席の白庚勝氏は中国新聞社に対し「中国の文明は韓国、日本、ベトナムなどの周辺国に大きな影響を与えてきた。これらの国家と共有している文化も多い」と述べたうえで、「政府は世界文化遺産を申請する際、これらの国々が共有している文化を優先して申請すべきだ」と指摘している。

韓国のこういうやり口は、もはや嫌というほど見てきたので、
「あぁ。…また?」
くらいな感想なんですけどね。

中国はそういう貴重な遺跡や遺産がごろごろしてますよね。
7月頃の記事に、2000件の申請予定があるとか紹介されてました。
言ってみれば「遺跡インフレーション」な感じがなきにしもあらずですが。

いつも思うんですけど、韓国のやり方はえげつない。
以前、中岡竜馬さんの運営されていたサイトで教えていただいたことがあったのですけど、確かに韓国でも漢方が入っていて、その頃も「漢方ならぬ韓方」と呼ばれているということでした。

中国の漢方と韓国の漢方がどれだけ違うものなのかは知りませんけど、歴史的に見れば中国から渡ってきたものであって、特にその後朝鮮半島内で独自の形式に発達したものではないと思うんですよね。使われている材料だって共通するものが多いんだし。

そういう大幅に共通性のある状態で申請するのは、いかがなものかと思うんですよ、やっぱり。
そもそも「漢方」という医療技術体系が、文化遺産の扱いになるのかも怪しいところでは?

わざわざ呼び名を新しく変えてまで申請しようとしてますけど、呼び名をあれこれするうちに、その文化なり技術なりが入ってきた経緯というものをきれいさっぱり忘れてしまうんでしょうかねぇ…。
(そう言えば、文化ってワケじゃないですが日本の関わってることで、日本海の呼称とか、海底地形の呼称とかにもこだわってましたよねぇ。あぶないあぶない。)


こういうニュースが報道されても、肝心の日本人はまだ
「自分たちが誇りに思っていればいいんだ」
と言うのかなぁ…なんて、以前のことを懐かしく思い出しつつ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ここまでやるか!
 そもそも歴史的事実として、我が國や朝鮮半島などは歴代シナ王朝から多大な影響を受けてきており、それは医学においても例外ではない。 日本における「漢方」という言葉は江戸時代にヨーロッパ医学が伝わり始めた頃に、& ...続きを見る
ステイメンの雑記帖
2006/10/14 00:20
イスファハーンのイマーム広場 【海外移住計画中@ゆうの世界遺産レポート】
こんにちは、ゆう@海外移住計画中です。 いつもコメント ・ トラックバック ・ ランキングの応援本当にありがとうございますm( _今日も世界各地の海外移住&世界遺産レポートを配信します^^今日はイラン高原の世界遺産・イスファハーンのイマーム広場 - (1979年、文... ...続きを見る
海外移住計画中@ゆうの世界遺産レポート
2006/12/02 21:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
またですか・・・それも今度は中国に。もう何でもあり!ですねェ。
それを言ったら日本にも『漢方』がありますよ。しかも本場・中国の漢方とは違った形で発展しています。でもだからって『(日本式)漢方を文化遺産に』と考えるアホはいませんよ。
韓国にも日本にも『鍼・灸・按摩』がありますが、その大本はまぎれもなく『中国』です。
もう被害を受けた周辺国家がタッグを組んで、迷惑国家・パクリ国家・韓国を叩くしかありませんね。
いい加減にしろよ!って感じです。
こういう事ばっかりやってるから、逆に韓国独特の文化というか、誇るべき歴史が無い!って事を露呈させちゃってるんですよね。
彦勘助
URL
2006/10/14 05:36
きょう、チェックしたいです。
ねこねこの知識はチェックしたいなぁ。
ねこねこが緊迫された!
ねねが緊迫したよ♪
BlogPetのねね
URL
2006/10/14 13:36
>彦さん
この件では中国と共闘できるかなー?なんて思ったりもするんですけど、取り上げた記事の一番下の段が気になりまして。中国の民間文芸家協会副主席の白庚勝氏のコメントです。
「中国の文明は韓国、日本、ベトナムなどの周辺国に大きな影響を与えてきた。これらの国家と共有している文化も多い」
「政府は世界文化遺産を申請する際、これらの国々が共有している文化を優先して申請すべきだ」

中国から入ってきて、日本で独自の意匠や体系が確立されたものを、ちゃんと尊重してくれるか、結構心配だったりします^^;
ねこねこ
2006/10/15 00:09
前のネームで書いたことがあったかもしれませんが、日本の仮名文字さえ
韓国の影響…などと抜かす韓国人がいます。
日本で漢字を元にアレンジしたんだと言っても納得しません。日本の全てが欲しいんでしょうね。相手にするのも疲れます。
中国に触手を伸ばして、日本のように黙ってると思っているんですね。甘いなあ。お仕置きは中国にまかせましょう。
えっ?中国も日本文化を狙ってる?手始めは何になるんでしょう。
ねむ
2006/10/15 20:41
>ねむ さん
仮名文字が韓国の影響とは(笑)同じ漢字文化を持っていたことは認めますけど、日本は独自に発展させて平安時代には文学や書道としても確立してましたからねぇ。一緒にしないでほしいです。

結局、他者が作ったものを尊重できないことが、王朝交代の度に前代の文化を破壊するという歴史にもなったのでしょうし、独自の文化を背景にしっかりとした独自の国家として成り立つことができなかった原因のひとつなんだろうなと思います。

だけど、中国だって今の中共は過去の帝国とは別物ですし、著作権やライセンスといったものを無視する傾向にあるので、甚だ不安です。
日本文化を狙うというより、韓国の「ウリナラ起源」みたいなことを言い出したら、そりゃ日本文化の大元は6世紀〜7世紀頃の中国に大きな影響を受けてるのでほとんど持っていかれちゃいそうでしょう(笑)
文化や体系ってのはその過程と結果に意味があるわけで。著作権やライセンス無視ってのは、そういう成り立ちのプロセスを無視するってことだから…。やっぱ、何か不安^^;
ねこねこ
2006/10/16 09:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界文化遺産?えーと…( ゚д゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる