言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS あぁ、そう。だから?(゚Д゚ )

<<   作成日時 : 2006/09/15 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

あぁ、鬱陶しい。
いや、別に私は反米ではないですよ。
むしろ小泉さんが頑張った「気持ち悪いほど親密な」日米関係を活かして、
今後日本の『戦後』を確かな歩みにすべきだと思ってます。
日本の安全保障には今のところ絶対不可欠な国ですし。
だけどもうね、日米関係に溝を入れたいとしか思えないんですわ。

■米下院委員長、「遊就館」の展示内容見直し求める
YOMIURI ONLINE記事 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060915ia01.htm
 【ワシントン=五十嵐文】米下院国際関係委員会のヘンリー・ハイド委員長(共和党)は14日、日本と中韓両国など近隣諸国の関係に関する公聴会で、靖国神社に併設されている展示施設「遊就館」について、「ここで教えられている歴史は事実に基づいておらず、訂正されるべきだ」と述べ、展示内容の見直しを求めた。


 遊就館をめぐっては、旧日本軍の行為を正当化しているといった批判が日本国内でも出ているが、米議会有力者が公式に歴史観の見直しを求めるのは異例。

 ハイド委員長は「西洋の帝国主義からアジア、太平洋の人々を解放するために日本が戦争を始めたと若い世代に教えているのは困ったことだ。日本の植民地支配を受けた人々は、誰も日本を解放者とは見なしていない」と述べた。

 このほか、公聴会では、トム・ラントス議員(民主党)が日本の首相による靖国神社参拝について、「北東アジアの緊張を引き起こし、米国の安全保障上の利益を傷つけている」として、参拝中止を求めた。

さて。どこがどう事実に基づいていないのか。
「事実に基づいていない」というのは、アメリカ側の見方でしょうがと
言わずもがななことを言ってみたくもなりますね。

ヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長が、小泉総理の靖国参拝についてあれこれ言っていたのは記憶に新しいですが、一々中韓のようにそこを突っつくと、何かトクをする方なんでしょうか(笑)

一方でアーミテージ氏は「集団的自衛権」について議論すべきだとか言ってましたっけ。
アメリカってのは、つくづくムシのいい国ですな。
その議論が紛糾する原因の現憲法9条は、アメリカが日本の牙を抜く為にお膳立てしたものじゃありませんでしたっけね。

日本は、相も変わらず敗戦国なのであり、被占領国なのですなぁ。
いや実は、ねこねこは「日本の戦後」を考えるに当たって
「マッカーサーはホント巧くやったよな」
とこれまでずっと思ってきたわけでして、
こういう米議会の重鎮(?)が、舅のイヤミみたいにねちねち言うのを見ると
つくづく溜息がでてきてしまうのです。

何よりも、現在の日本の政治というのが、
「中韓に阿る政治家」
     or
「アメリカに阿る政治家」
の二者択一になっていて、
「だったらアメリカだろ、どうやったって」
という選択でここまで来ざるを得なかったというのは、もう致し方ないことで。

けれど、最近の風潮からいくと、やっぱりここ一連の米議会関係者の発言は、
「日本はいつまで敗戦してればいいんだよーーーっ」
という気持ちを非常に刺激するものではあります。

やっぱ、有権者のこれからの指標としては、
「今後、“日本としては”どうする?」
という考え方の政治家を見極めることに尽きるのではないかと。


あと、いちいち話題になる遊就館については、ねこねこは、国が運営する「近代戦争資料館」というものが必要かなと思ってます。

実は、博物館兼歴史学・考古学及び民俗学に関する調査研究機関としては
国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)
があります。(最近は 「佐倉連隊にみる戦争の時代」なんていう特別企画をやってたそうな)

ですが、学問・調査研究機関に重きを置いているようで、
あくまでも国内の各時代とその関連を「学術的に調査・公開」する場所、という印象です。

現在戦後61年ですけども、これが100年となったらここに加わるかもしれません。
ですが、ねこねこが考えるのは、どっちかっつーと学問に振ってない資料館なんですね。んもう、ただひたすらに関連資料を集めて展示してるっていう(笑)

日清・日露戦争くらいからでいいんですけど、関連資料として写真・手記・遺書・公開可能な公文書(締結した条約とか、覚書とか)を全部集めてデータベース化し保存、現物公開と。
第二次大戦については特に、現在被災地で保存・展示されている原爆資料なども、現地は現地として写しなりと持ってくる。
各地で保存されている空襲被害についても、残されている記録を残らず持ってくる。
沖縄戦についても、現地保存の記録なんかも残らず持ってくる。
東京裁判に関しては、現在残っている記録と関係者のその後の著作、
戦地だった拠点各地で行われた公判記録、そういうものまで徹底的に。

写しでいいんです。郷土の記憶として伝えることを妨げてはいけません。
あくまでも、「歴史の記録を国の責任において、バックアップデータとして保存する」ってことでいいんです。

んで、遊就館もそこに移設して、国がきちんと管理すればよろしい。
(文部科学省に管理を任せるのは甚だ不安だが^^;)

最近不思議に思っていたのが、第二次大戦の資料、結構バラけて保存されてます。
だから、各地域の個々の状況としてよく保存されてはいるけれど、
「一つの国の歴史の一時期に起こったこと」として
全体を大きく捉えることが難しいのではないかと。

それは、地域が被ったそれぞれの事象に対して、
それこそ地域毎の「価値観の揺れ」によって
出来事の本質が見えにくくなることに他ならないと思うんですよね。

軍属からの見方、政治家からの見方、庶民からの見方、
当時併合されていた他国人からの見方(それ自体解釈が割れてるし)、
それこそもう色々あって、どの見方が強いかによって
「自国の歴史上どのように位置づけるべきか」
が揺れに揺れてしまうんですね。

これでは、もうどうにもならないんです。
日本も先に進めない。
いつまでも関連各国の思惑に振り回されなきゃいけない。

先に、進まなくっちゃ。
…なぁんて、考えてみたのですが、いかがでしょうか(ノ´∀`*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
立ってるものは親でも使え(苦笑)
+++++++++++++++++++++++++++++++++  <吉野家>牛丼再開「待ってました〜」 ...続きを見る
偕楽園血圧日記
2006/09/20 21:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカも戦争当事者だということを
忘れてるんでしょうね。
慰安婦の問題まで持ち出したとか。
戦後のオンリーさんたちの件もあるのに。
言う言葉全て自分たちにも返ってくる
そんな当たり前の自覚も無いわけです。

中東での(対テロ?)戦争だって、
現地とアメリカでは捉え方が違うのだし
物差しの違いは自分らも認めろよって
…どの口が言うのか。
自国の戦争博物館全部回ってからにしろ。
アメリカの議員さんにも
お勉強の足りない人がいるんですね。
眠り姫
2006/09/15 23:35
ヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長・・・この人の名前は、韓国の新聞にたびたび出てきます。
彼は明かに韓国寄りの議員さんなんでしょう。
ただ『アメリカよ、オマエが言うか?』って話なんですけど・・・。
あの戦争でのアメリカの残虐な行為なんて、原爆をはじめとしてたくさんありますよ。それをいちいち穿り返されたいのか?って気がします。本来であれば、アメリカはアレコレ言う立場に無い、という事が分かっていないようです。
でもそんな事を言ってると、いつまで経っても戦後なんて終らない。その辺り、もう少し大人だと思ってたんですけどねェ。
尻馬に乗って、また韓国が騒ぐだろうなァ、アホらし!
彦勘助
URL
2006/09/16 06:08
おひさしブリーフ。ちょーしょーもないことを言ってしまうくらい、かなりのいそがしパターンにまた陥ってまして(苦笑)平均睡眠が3時間台突入です。

確かに、近代戦争資料館、必要かなあと思います。おっしゃるように当然イデオロギーなどに左右されず、歴史の記録として。
しかし、遊就館は遊就館でいいと思う。他国から何やら言われるもんでもないと思うし、それはそれであっていいんではないかと。

もひとつ、はっきり言ってこのジキルだかハイジだか知りませんが、うざいっすよ。どの口がんなこと言うんだか。奴隷制度のもと発展し、アジア、アフリカ、太平洋と植民地支配で今の繁栄の基礎をつくりあげた人工国家が何を言うんだか。まず自分達がしてきた搾取の歴史を振り返ってから発言しなさい。ほんと頭にくる次第。

さあ仕事しよ。
ファイブ
2006/09/16 11:02
日本は、米国をはじめたくさんの国々と友好的に外交を展開すべきだとおもいますが、平和主義という国是をしっかりと持って頂きたいです。
長田ドーム
2006/09/17 14:59
>眠り姫さん
慰安婦の件は、この記事を書いた直後にニュースサイトで読んで、呆れ果てました。
中国のロビー力は凄いですねぇ。

結局のところ、現地の見方を認めると都合が悪いということなんでしょうが、それを言い合ってると収まるものも収まらないんですよね。困ったもんです。
ねこねこ
2006/09/17 16:29
>彦さん
ハイド委員長って、確か奥さんが韓国出身じゃなかったでしたっけ?(よく知らないですけど…)いわゆる「知韓・親韓派」の人みたいです。

誰が何を言ってもいいんですけど、戦後築いてきた関係にヒビを入れるような発言は、決してアメリカの為にはならないと思うんですけどね。
アメリカと日本の間に溝ができると得をする立場の人だったりするのかな。
ねこねこ
2006/09/17 16:50
>ファイブさん
お仕事お疲れサマンサです(これもしょーもないっすね^^;)。体を壊さないように、どうぞ気をつけて下さいね^^

そうかぁ…、遊就館はそのままがいいかぁ。
そうかも知れませんね。
そういうイデオロギーに左右されない「記録の保管庫」があって、広く公開されていれば、遊就館があれこれ言われることもなく、もっと気兼ねなく(?)いられる気もしますし^^

私はハラが立つというか、ハイド委員長が靖国参拝についてあれこれ発言してから、ちょっとアメリカという国を見る目が変わりましたねぇ。
ねこねこ
2006/09/17 17:16
>長田ドームさん
現に友好的に広く外交を展開していますが、「平和主義」を違えようと思っている国民はいませんよね。
むしろ「平和主義」に囚われるあまりに、他国からつけ込まれがちであることに危機感が募ります。
ねこねこ
2006/09/17 17:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あぁ、そう。だから?(゚Д゚ ) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる