言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS ついにこんな授業までやる学校が出てきたか・・・世も末だねぇ(´Д⊂ヽ

<<   作成日時 : 2006/07/02 20:15   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 14

ニート約64万人・フリーター約213万人 計277万人。
このフリーターの中に、いわゆる派遣も含まれるわけ?
非正規雇用ということだったら、そうなるのでしょうが、
生涯賃金の差をまず提示して、
「こんなに損ですよー」
と子供たちに教えるのも、なんか歪んでる気がします。


■『ニート』『フリーター』 厳しい将来 小学校でも『予防授業』
東京新聞 記事 http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20060702/ftu_____kur_____000.shtml
 仕事を持たないニートや定職に就かないフリーター。背景はそれぞれ異なるが、正社員に比べて生涯の経済的な格差は大きい。そうした彼らの現実を知り、将来を考えてもらおうという授業が小学校で始められている。 (渡部穣)

 ■文科省が委託事業 

 「一生アルバイトをした人と正社員と、給料の差はどれくらいになるか? 二百万、二千万、二億。一つ選んで」。答えは平均で約二億円と告げられると「えーっ、そんなに!?」。子どもたちから驚きの声が上がった。

 川崎市立小倉小学校の六年生の教室。先月中旬、ビジネス専門学校講師の鳥居徹也さん(40)が、総合学習の時間に講義した。内容は「フリーター・ニートになる前に受けたい授業」。クイズ形式で積極的な発言を促し、テンポの良い語りで子どもらを引き込んでいく。

 文部科学省の委託事業として、鳥居さんは昨夏から全国八十以上の中学校と高校を回った。「小学生でも理解できる」と助言され、今年から小学高学年に枠を広げ、同小は初めての授業だった。

 「フリーターにはボーナスがない」「退職金がない」。鳥居さんは次々とアルバイトが“損”な例を示した。ニートについても「親の甘やかし」や「失敗や挫折」などの背景を挙げ、自立に向けた精神的な支えの大切さや、失敗を恐れず努力することの意義を訴えた。

 「フリーターって大変」「苦手な勉強も頑張ってみようかと思った」。授業が終わった直後に前向きな感想を述べる児童が多く、鳥居さんは手応えを感じた。

 ところが、授業後のアンケートで「フリーターになってもいいと思った」と答えた子がいて、驚いたという。鳥居さんが「ハンバーガーが百円で食べられるのは、安いお金で長時間働いてくれるフリーターのおかげ。すべて正社員なら、五百円になっちゃうかも」と話したのに対して、「ハンバーガーが高くなるのは嫌」と受け止めたのだ。

 「子どもは純粋で、ストレートなんですね」と鳥居さんは頭をかいた。中高生には全くなかった反応という。

 小学生にフリーターらの話は早すぎるという声もある。しかし、鳥居さんの授業を行った東京都中央区立阪本小の向山行雄校長は、「会社員は満員電車に揺られて、くたびれた中年のイメージしかない子が多い。自由気ままに暮らしている若者をカッコイイと思う子に『フリーターは見かけほど楽じゃない』という事実を伝えるだけでも意味がある」と話す。

 ニートの自立支援を行うNPO法人「育て上げ」ネット(東京都立川市)も金融会社の支援を受け、今秋から中高生向けの出張授業に乗り出す。「ニート予防を目指した金銭教育プログラム」と名付け、準備を進めている。「金銭教育を通じて、一人暮らしでいくらかかるのかなど、生きる力を身に付けてほしい」と工藤啓理事長。

 ニート問題に詳しい玄田有史・東大社会科学研究所助教授は「社会に出れば、税金や年金の支払いなどの義務を負う。早いうちからリスクの感覚を知り、学んでもらうことは役に立つはず」と話している。

 ■全国で約277万人に

 ニートとは、Not in Education、Employment or Trainingの頭文字(NEET)を取った造語。進学も就職もせず、職業訓練も受けていない15−34歳の若年無業者を指す。厚生労働省の2004年の推計でニートが約64万人、パートやアルバイトで暮らすフリーターは約213万人いるとされる。

 ニートやフリーターは経済的自立が困難で、非婚率が高い。少子高齢化や若年労働者の減少に拍車をかけ、年金など社会保障の支え手が減る不安が指摘されている。国は、「若者自立塾」や「ジョブカフェ」の創設など就職支援に力を入れ始め、来年度から年長フリーターの正社員化にも取り組む予定だ。

いや別にね、親が「働いて稼いだ金で食うのはどういうことか」を教えられない以上、必要なことだとは思うんですよ、確かに。

だけど、これは何だか非常に不健全な気がするんですよね。

ニートとフリーターをごっちゃにして話すなんぞ愚の骨頂だし、
パート・アルバイトと派遣をごっちゃに話すのも無理があったりする。
そもそも「みんなー、大人になったら正社員になりましょうねー」みたいな
夢も希望もない授業をやってどーする?(笑)


なんというか・・・ただでさえ不足している伝統工芸などの後継者とか、
板前修業を長年積んだ職人さんとか、
芸術家とか音楽家とか学者とか・・・etc.etc.・・・
今後数十年で壊滅しそうな勢いの授業ですよねぇ。

こういう授業を受けた子供たち、卒業文集とかで「将来の夢」を書かせたら、
「一流企業で正社員になる!」
とか
「安定した収入の公務員になる!」
とか書くんでしょうかね、みんな。いやだねぇ。

すでに「総理大臣になる!」みたいな夢や「医者になる!」とかなんて
「大変なだけだし、楽しくなさそうだからヤダ」
なぁんて子供から言われてそうです。
(近頃海上保安庁の潜水士になりたい子は多いみたいですけど^^)


以前は大学生くらいになると、
「もう将来の自分が見えちゃってヤダよねぇ・・・」なんて
同級生と話したりしましたけど、今や小学生ですらそうなのかしら。
高校生くらいまでは、何度か将来の夢を上方修正したり下方修正したりしつつも
基本的には「なりたいものになれる!」っていう気持ちがあったし、
親や先生もそう応援してくれてた。
「これだけのハードルがあるけど、越えられるかどうかは自分次第だぞ」
って。


なんだかね、今の子たちが可哀想になってきますよ、こういう新聞記事読むと。
これだけ情報があってモノも食べ物も溢れてて、
欲しいものが何でも手に入るようでいて、
本当に大切なモノはひとっつも手に入らない、みたいなね。

星の王子さま』じゃないけど、
「本当に大切なモノは目に見えないんだ」

社会人になったら、それこそ目に見えないものの価値は
数字の前に膝を屈するしかない瞬間てのがいくらでもあって、
そうやって大人は夢をひとつまたひとつ失っていくわけだけど、
子供の頃自分がなりたかったものっていうのは
「今更無理」と分かっていても、ずぅっと心に残っているものでしょう?

それを懐かしんだり、それを持ち続けているからこそ打ちひしがれたり、
逆に持ち続けているから頑張れたり・・・
そういう「経験」が大人を魅力的にするわけで。


・・・そんなことを考えながら、記事を書きかけのまま
夕飯の買い物に行ってきました。
スーパーに七夕の笹が置かれていて、既に短冊がいっぱい。
書いているのは子供に限らないみたいでしたが、
ざっと見たところ
「お金持ちになれますように」だの
「お父さんから300万円が早くもらえますように」だのと・・・_| ̄|○

や、もちろん「スイミングで○級になれますように」とか
「漢字がたくさん書けるようになりますように」とか
「剣道が上手くなりますように」とかもありましたけどね(笑)


話の流れで旦那さまに小学校の頃、何になりたかったか聞いてみました。
「大工。・・・なんでだか忘れたけど」

子供の頃に思う『なりたいもの』に理由なんてないし、いらないでしょ^^
ちなみにねこねこは、宇宙飛行士になりたかったよ。
星の王子さま (集英社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
社員とバイトとパートさん
今日は暑かったっすねェ。あまりの蒸し暑さに、今年初めてエアコンを入れました。冷房は嫌いなんで『除湿』にしてるんですけど、やっぱ涼しいわ。確か今朝の某・岩崎さん(オイ!)の番組で『午後から天気が不安定で、雨が・・・』って言ってなかった?岩崎さん、天気いー... ...続きを見る
慶文堂 ひま人日記
2006/07/03 13:25
マカ
マカにはバランス良くビタミン、ミネラル、アミノ酸が含まれており、その栄養価の高さからアメリカの宇宙飛行士の宇宙食としてもマカが使用されています. ...続きを見る
広い大地へ健康的な生活へ
2006/07/07 18:37
この競馬投資法は、シャレになんない!!
この競馬投資法は、今までのありふれたものとは、次元がちがいますわ。競馬って、100%勝てるなんてありえないのはご存知のとおり。でもこのやり方って…しかも、全額返金制度ありですよ。そう、全くリスクなし。買っちゃいました。とりあえず、実践... ...続きを見る
タケちゃんの気ままに生きる
2007/10/01 12:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
なんて夢の無い授業してるんだろう。
二億円に過剰反応させるのも・・・。
基準も先生自身とニートの比較?
どうせなら、職業全般を教えるとかしろ!
と多少強気に。
小学生の頃、夢は一杯ありましたよ。
小説家・考古学者・政治家・宇宙飛行士。
もちろんどれにもなってない。
一つづつ消えていきました。
サラリーマンが悪いんじゃなく、先生には
『そんな仕事もあるんだあ。』てぐらい
子供たちに選択肢を並べて欲しいですね。
眠り姫
2006/07/02 21:30
続けて一言
『何か少子化対策の政策みたいに
自己満足の授業じゃない?
絶対効果ない・・・と思う。』
眠り姫
2006/07/02 21:34
 川崎でしたか。夢のない、てか夢を壊す授業をさせてしまって、市民として申し訳なし。(´・ω・`)

 なんつーかね、サラリーマンなんて数ある職業のひとつに過ぎないわけで。むしろ『鶏口牛後』の意味を教えるとか、せっかく川崎なんだから南部の工場地帯や、中北部の中小零細企業(ウチの会社もそのひとつ(^◇^;))とかの職場を見せるとか、北部にまだまだ残る農家を見学させるとか、普段目にしない第一次・第二次産業の現状をもっと見せてやる方がよっぽど生きた授業になると思うんですけどねぇ。

 ちなみにワタシはパイロットになりたいとか思ってたわけですが、高校の時に視力がガタ落ちになって断念。物書きってのもいいなぁとか学生の時は思ったりもしましたが、結局はあっさりと親の会社を継いでたりします(笑)。

 七夕の短冊っていえば、ウチの近所のスーパーでも笹立てて願い事書いた短冊をたくさん吊ってますが、その中に子供の字でこんなのが。

「もっと家族と仲良くなれますように」

・・・カミさんと一緒に思わず涙しましたよ。。・゚・(ノД`)・゚・。
KWAT
URL
2006/07/02 21:56
現実には生涯所得の差を知らなかったのだから、それでも一定の成果はあったとおもう。
さらにそのうえで、夢を持つことの重要さを教えることになるとおもう。

むしろ問題の切り口としては、自分の生涯所得という「私」の話題が子供たちに一番訴求力をもってしまうことではないか。この問題に対しては、生涯所得の話よりも所得再配分のような「公」の話をすべで、それが問題の本質だろう。年金や税収がないと税金を払う人がいないとおじいちゃんが死んでしまうという程度でいい。そういう話して子供たちが聞く耳をもたないとすれば、それこそが問題だと思う(山手線に乗ったのでここまで)。
tesa
2006/07/03 08:30
>眠り姫さん
記事を読んで愕然としましたよ、夢がなさすぎて。学校でやることじゃないですよね。
『自己満足』・・・その通りだと思います。子供たちにこんな授業をやるのではなく、ニートや引きこもりの子を持つ親にやれと思います。
ねこねこ
2006/07/03 10:40
>KWATさん
いやぁ、東京都中央区でもやってるみたいですし、もっと取り入れる学校が出てきそうですね。
「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、こんな愚にもつかない授業をやるより、社会科見学や企業見学させる方がよほどマシです。
・・・結局教える側の問題でしょうねぇ、いつものことですけど^^;

しかし七夕の短冊・・・切ないです
。゚(゚´Д`゚)゚。
ねこねこ
2006/07/03 10:45
>tesaさん
お忙しいところありがとうございます^^

子供が「何かになりたい」と思うとき、まず収入ありきではおかしくなるんですよ。
職業によって収入は違いますし、生涯賃金だって変わるでしょう?それぞれの職業が社会に対して負う意義というのも違っていて、色んな職業が複雑に関わりあって社会が成り立っていることをまず教えないと。

所得再配分や税金・年金については、もっと小学生の頃から詳しくしくみを教えていいと思います。社会に対する義務と責任を教える意味でも。
ねこねこ
2006/07/03 10:53
けっきょくは『仕事』というものをどのようにとらえるか?と言う事だと思います。
お金もうけの手段としてだけ考えれば、そりゃあ一流企業に入社して沢山貰った方がいい。
せめて正社員になって、きちんとお給料を貰った方がいい。
でも仕事の意味ってそれだけ?
自分の興味・才能を発揮できる職業。他人のために何かをする職業。技能を追求する職業・・・そういった職業の選び方もあってもいいんじゃないか?そう考えます。
仕事=お金、ととらえるからこそ(親といれば食っていけるし、別に働かなくてもいいや)という考えになっちゃうんじゃないんですかね。
彦勘助
URL
2006/07/03 13:33
けっきょくは『仕事』というものをどのようにとらえるか?と言う事だと思います。
お金もうけの手段としてだけ考えれば、そりゃあ一流企業に入社して沢山貰った方がいい。
せめて正社員になって、きちんとお給料を貰った方がいい。
でも仕事の意味ってそれだけ?
自分の興味・才能を発揮できる職業。他人のために何かをする職業。技能を追求する職業・・・そういった職業の選び方もあってもいいんじゃないか?そう考えます。
仕事=お金、ととらえるからこそ(親といれば食っていけるし、別に働かなくてもいいや)という考えになっちゃうんじゃないんですかね。
彦勘助
URL
2006/07/03 13:34
帰りの電車からです(笑)。

職業にはご指摘のように自己実現と生計維持の2面があり、現実には、二者択一でなく総合判断がいい結果を生む。すごい楽しいけど喰って行けないのはまずいが、かといって金はもうかるけど楽しくないのもだめだろう。そういう判断が円満にできるように仕立てていくのが教育だから、どちらもバランスよく教えてやるべきだと思います。
tesa
2006/07/03 22:09
>彦さん
いわゆる「手に職」っていうのが、割と軽く見られてますよね。
サービス系の仕事が現代社会では主流とされているから、余計そうなのかもしれません。
ねこねこ
2006/07/05 16:32
>tesaさん
うちの旦那さまも
「この授業の切り口自体は、面白い」
って言ってました。
結局はバランスと、年齢による社会との関わり方によって「どこにより重きを置いて教えるべきか」っていうことが大切なのかも知れませんね。
ねこねこ
2006/07/05 16:35
(フリーターが居なくなったら)100円のハンバーガーが500円になる。この小学生は鳥居より百倍、頭が良い。

ミカン男
2013/06/26 19:20
>ミカン男さん

コメントありがとうございます。

鳥居氏の立場であれば、そこでこの子に教えてあげたいのは、フリーターの多くが正社員になったらなら、全員が400円のハンバーガーを当たり前に買うようになる、ってことですかね(笑)

この子がその視点を覚えていたなら、きっと良い経済学者になるでしょう。
ねこねこ
2013/06/26 19:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ついにこんな授業までやる学校が出てきたか・・・世も末だねぇ(´Д⊂ヽ 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる