言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS イラク陸自、撤収決定(・∀・)つ旦~オツカレサマ

<<   作成日時 : 2006/06/21 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

これから撤収なので、陸自の方々の無事帰国と、活動を拡大する空自の方々の無事を改めて祈りつつ書きます。
私は日本の高い技術と士気をもって、立派に働く隊員の方を誇りに思います。
派遣にあたって、アメリカやその他の国々のどんな思惑が作用していようが、
彼らの実績は彼らの努力の賜です。
不慣れな砂の地、万が一攻撃された場合の身動きの取れなさという不安。
そんな中で積み上げた実績と、現地の方と築き上げた信頼は、色々な意味で日本全体にとっても尊い経験だと思います。


■首相がイラク陸自撤収命令!7月末までに完了へ
SANSPO.COM記事 http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200606/sha2006062105.html
小泉純一郎首相は20日、イラクに派遣している陸上自衛隊部隊の撤収を決定。これを受けて額賀福志郎防衛庁長官は活動中の第10次派遣隊などに撤収命令を出した。撤収は英、豪軍と同時で、早ければ来月末までに完了したい考え。

陸上自衛隊の派遣は16年1月に当時の石破茂防衛庁長官が派遣命令を出して以来、約2年半で終結する。会見した首相は、派遣隊が活動するサマワを州都とするムサンナ州の治安権限が多国籍軍からイラク新政府に移ることを挙げ「復興支援活動は一定の役割を果たした」と述べた。

自衛隊のイラク派遣について「国連決議に基づいて行ったさまざまな措置は正しかったと思っている」と強調。同時にイラクへの支援は今後も続ける考えを示した。

額賀長官は閣議後に「できるだけスピーディーに撤収したい」と述べ、防衛庁は撤収作業支援のため新たに約100人をクウェートに派遣、うち10人前後をサマワ入りさせる。

また、クウェートとサマワ近郊間で物資を運んできた航空自部隊C130輸送機3機の活動は、国連や多国籍軍などへの「安全確保支援」に軸足を移してバグダッドなど北部に運用地域を拡大、活動を継続する。首相は国連職員の輸送にも当たる考えを示した。

★首相「支援継続」…イラク大使が謝意
イラクのジュマイリ駐日大使は20日、陸上自衛隊派遣隊の撤収決定を受け、首相官邸に小泉首相を訪ね、これまでの復興支援活動に謝意を伝えた。これに対し首相は「引き続き支援の手を差し伸べていきたい。イラクの人こそが国を造り上げ、日本は外から支援したい」と述べた。

◆陸上自衛隊元北部方面総監の志方俊之・帝京大教授(安全保障論)の話
「自衛隊は憲法の枠組みで多国籍軍に入るのは難しい状況の中、給水や医療活動などに汗を流すことで現地の人々に感謝され、米国との関係もうまくいった。イラクに新政府が発足した今が潮時で、撤収時を狙うテロに気をつけて無事帰ってきてもらいたい。小泉首相は今こそサマワに赴き、自衛隊員を激励してほしい」

ようやく我が家にTVが戻ってきまして、昨夜はニュース番組にかじりつき(笑)

陸自撤収のニュースでは、隊員の方をぐるっと取り囲んだ子どもたちと
隊員の方が次々に握手する光景を見て、ちょっとじーんときました。

せっかくじーんと来てるので、以下のサイトもご紹介。
【The Globe Now: サマーワに架けた友情の架け橋】


防衛庁長官が撤収作業支援部隊を送ると即座に表明したのも、
国としていい動きだと思います。

ただ、報道記事の中で
「一発の銃弾も使わず、一人の殉職者も出さなかったのはよかった」
という発言を取り上げているものもありますが、
それがいかに『他国の軍隊』の協力を得た結果であるかも
きちんと記事にしてほしいと思ったりもします。

イラクの人たちの中には
「何で復興途中で帰っちゃうの?」
という人たちもいるようですが、そこは小泉総理が言うように
「イラクの人こそが国を造り上げ、日本は外から支援したい」
ということや、今後必要とされる支援活動を民間支援にスムーズに移行することができるように、テロを国全体で排除して、自国の政府による治安の安定にも努力して欲しいということを強く伝えていくことが大切だと思います。
政府はしっかりフォローして、陸自の活動成果を今後に生かしてほしいですね。

まぁでもきっと、陸自の人たちと一緒に働いた人は、なんとなくでも
「自分で国を作る、援助を受けながらも自分たちの生活は自分たちの手で復興することが大切」
ってことを分かってくれたんじゃないかなぁ・・・なんて思ったりはするのですけど。
(それは甘いか?・・・でも、伝わっているといいなぁ。)


そして相変わらず不可解な対応をしているのが、またもや民主党。

■民主代表、首相との会談拒否・イラク陸自撤収
NIKKEI NET記事 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060620AT3S2000M20062006.html
 小泉純一郎首相は20日午前、首相官邸で公明、共産、社民の与野党党首と相次いで会談し、イラク南部サマワに派遣している陸上自衛隊の撤収方針を伝えた。ただ民主党の小沢一郎代表は会談を拒否。小沢氏は党本部で記者団に「内閣として自ら判断した以上、自ら全うすればよい」と語り、首相ペースに巻き込まれることに反発した。

 小沢氏は首相との会談に応じない理由として、政府から国民新党、新党日本に会談の呼びかけがないことを挙げ「両党は小なりといえ国会に議席を持つ。首相は気に入らないと思うが、好き嫌いで政党間の問題を気ままに行うことは許されない」と首相を批判した。

 さらに「全員集合して何か決めたかのような手法を取るが、責任をあいまいにする悪い手法だ」と強調。政府・与党との対決姿勢を強める中、首相との会談に応じることで陸自撤収の「共同責任」を負わされる形となるのを嫌ったようだ。

・・・(゚Д゚)ハァ?

空自の支援拡大の責任に対して連座したくないってことか?
撤収支援部隊の派遣に関する責任に対して連座したくない?

まさか・・・撤収自体に「うちは関係ない」って態度じゃないですよね?
主要政党の党首を呼んで会談することに対して
「政党の選り好み」って言うんですかそうですか。

まさか・・・ねぇ?
野党第一党の代表の行動としてどうなのよ?
会談してその時に言えばいいじゃないの。
撤収時の安全対策は万全なのか突っ込むくらいしたらどう?


小沢代表の真意も、総理の真意同様、私のような一般人には
外から眺めて推測することしかできませんが・・・。
これは・・・ちょっと。

こういう人が政権とったら、有事の時なんて現場を見殺しにするんだろうな
対策が遅れそうで不安だなと、直感的に思っちゃったんですけど。

※2006/06/21 23:34追記
フセイン元大統領の弁護士が拉致・殺害されたというニュースが。
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200606210025.html
撤退に関して混乱や影響がないよう祈ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イラク陸自撤収決定!
イラク陸自撤収、20日に正式決定 ...続きを見る
DANGER
2006/06/24 21:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
エエ話やァ〜(ホロリ・・・)
こういうニュースこそマスコミは報道すべきです。
彼ら自衛隊員が日本という国家の代表として、どれだけ素晴らしい活動を行っているか。
そして、その安全を支えてきた各国の軍隊の方々の姿を。

戦後60年。日本は素晴らしい、そして他国に誇れる『自衛隊』を作り上げたのだと、胸を張って言えますね。あの中途半端な、苦しい立場で(涙)

あと1ヶ月。何事もなく帰国して欲しいものです。
彦勘助
URL
2006/06/21 18:43
新聞社によっては、撤退決定とでかでかと見出しを出していたところがありましたが、撤退と撤収の日本語の区別の付かない所がありましたが、無事に撤収してほしいものです。
ZEZE
2006/06/21 19:03
友人は空自なので、どうなるんだか。
行ってるかどうかも聞いてないんですがね。
おばちゃん何も言わないから日本にいるかな。

ともかくご苦労様です。
一般人じゃ出来ないことですもの。
無事に帰られることを祈ります。

小沢さんは自分が何言ってるのか
わかってないんでしょう。
責任の一端でも担がされるのが嫌で
後で突っ込む準備でしょう。
ずるい人はトップには立たないでね。
眠り姫
2006/06/21 21:05
>彦さん
彦摩呂さんみたいだ(笑)

現地の住民の方も色んな考え方の人がいると思いますから、歓迎しない人も歓迎してくれる人もいると思うんです。
マスコミは両方を報道すべきです。

日本の自衛隊の復興支援は、私たちが思っているよりも評価が高いようで、それは「敗戦の焼け野原からあんなに復興した」っていうイメージもその底流にあると思うんです。

日本が今後国際貢献や自衛隊のあり方を考えていくとき、これは大きな財産だと思います。

そう言えば、悪逆非道だと言われてきた戦中の日本軍や政府も、実は教育とインフラ整備を主眼に植民地を治めてきたことがネットの情報で知られてきましたよね。

日本ていうのは、基本的に「ものつくり、まちつくり」(+凝り性)な性質なのかも。
ねこねこ
2006/06/21 23:11
>ZEZEさん
ほんっとに、マスコミはやれ日本語の乱れだなんだと言いながら、自分たちが言葉の意味を破壊するのがお好きなようですよね。
自衛隊の活動だからというだけで、彼らの努力を無にするような報道のあり方には、非常に憤りを感じます。

無事に帰ってきた時には、陸自の方々が意気消沈させられることがないことも、彼らの無事と合わせて祈りたいです。
ねこねこ
2006/06/21 23:18
>眠り姫さん
空自の方ですか。まだまだご家族の方や周りの方は心配ですよね。

今回の小沢代表の態度は、今回撤収が決まった陸自の方や継続して任務に当たられる空自の方、それにそのご家族や周辺の方々に対してあまりにも失礼だと思います。
ねこねこ
2006/06/21 23:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イラク陸自、撤収決定(・∀・)つ旦~オツカレサマ 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる