言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外や意外。ガソリンスタンドは地震にも火災にも強い!?( ・∀・)つ〃∩ ヘェー

<<   作成日時 : 2006/05/28 18:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 13

一旦火がつけば大爆発なイメージのガソリンスタンド。
最初記事タイトルだけ見たときはびっくりしたのですが、
読んでみて「そういうものなのか」と思ったのでご紹介。


■大規模災害/ガソリンスタンドを被災住民の支援拠点に
(Docomo携帯配信ニュース URLなし)
大地震など大規模災害のときに、ガソリンスタンドを被災住民の支援拠点にしようと、全国石油商業組合連合会が、全国に約4万4000店ある加盟スタンドのネットワーク作りを始めた。被害の情報を集めて提供したり、休憩所として利用してもらうという。石油元売り会社も系列スタンドを支援拠点にする取り組みを始めており、被災者支援の拠点整備が広がりそうだ。

スタンドは、危険なイメージがあるが、95年の阪神大震災でもほとんど被害はなく、新潟県中越地震では自家用車で避難生活を送っていた被災者にガソリンを供給し続けた。消防法による厳しい建築基準があり、タンク上の地盤は厚さ30センチの鉄筋コンクリート、それ以外の敷地も同15センチのコンクリートで覆い、建物は耐火構造が義務付けられている。さらに、高さ2メートルの防火塀で敷地を囲むため、火災にも強い。

同連合会傘下の47都道府県の組合のうち、13都道府県の組合が、被災者に飲料水などを供給する拠点とする協定を自治体と結んでいる。同連合会は、全国のスタンドのネットワーク化で、こうした取り組みを充実させる。災害時に給油できるスタンドの情報や人的被害、周辺の被害をすばやく把握するため、関連情報をデータベース化するほか、自家発電などを備える災害対応型スタンドを現在の59店から今後5年間で2300店に増やす。

一方、元売り最大手の新日本石油は、首都圏直下型大地震を想定した総合防災対策を策定。首都圏に約1700店ある系列スタンドのうち100店を避難所の役割を果たせるようにしていく計画だ。

日本は古来から木の文化なだけに、火は怖いものと言われてきました。
江戸時代なんか、放火は死罪だったし。
大地震の時も、建物の倒壊とともに「火が怖い」と。

それだけに、爆発物や可燃物を扱う建物は、相当に厳しい基準なのですね。
しかも店を作る時だけじゃなくて、店舗が営業を始めた後も消防署の方が定期的にチェックに来ます。むかーしバイトしてたガソリンスタンドでも、大分厳しく見られていたような記憶が。

せっかくネットワーク化するなら、建物なんかの一斉チェックもいいかもね。
特に支援ステーションになる店は、万一不備があれば徹底的に直す構えでお願いしたいものです。


ところで、「火が怖い」のは確かですが、災害が収まった後はどうかと言えば、
外部からの支援が到着するまでの間、火があるとないとでは大違いですね。

火が使えればお湯も沸かせる、
寒い時期なら暖も取れる、
夜間の照明にもなるし、
熱湯があれば消毒もできる、
(手に入れば)食材を加熱することもできるし。

そういう時にガソリンスタンドは灯油やガソリンなどの
燃料備蓄庫としても上手に活用できれば心強いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バキュームカー【田舎暮らし白書】
田舎暮らしで困ることも少なくなってきた。それだけ田舎暮らしに馴染んでいる証拠なのだが、先日はさすがに困った。実家の前の道はとても狭く、車がすれ違うことはできない。したがって、対向車が来た場合は、どちらかの車が人... ...続きを見る
田舎暮らし白書
2007/10/10 21:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
ま、言われてみれば確かに強いでしょうね。気がつかなかったけど(^▽^;)
コンクリートでガッチリと守られた要塞みたいなモノなんですね。

以前どこかで「地下室は地震に強い」みたいな記事を読んだ事がありますが、似たようなモノなのかな?
そうそう、汲み取り式のトイレも地震に強い、なんて話も・・・σ(^◇^;)ハハ、スミマセン・・・
彦勘助
URL
2006/05/29 17:58
>彦さん
ねっ、普段意識しないから意外でしょう?(笑)

地下室の安全性については、ファイブさんにお任せするとして^^、トイレについては、昔の日本の建物だとあの狭いスペースに柱が4本立ってるから潰れにくいので安全、と聞いたことがあります。
しかし汲み取り式だと、床が抜けると違った意味で“大惨事”な気が・・・。
ねこねこ
2006/05/29 23:41
ハハハハ・・・(^▽^;)

ま、昔のボットン便所だったらそうだったかもしれませんが、今の(ウチは未だに汲み取りです)トイレはコンクリートに覆われた巨大な便槽?みたいですから、大丈夫なんじゃないんですか。

昔はね、木の板一枚下は・・・まさに地獄でしたσ(^◇^;)
彦勘助
URL
2006/05/30 13:20
ガソリン貯蔵タンクは道路から何メートルか離れていないといけないんだけど、道路が拡幅された結果、その距離が取れなくなった時はどうするか。ガソリンスタンドの負担でタンク移設工事をしないといけない、というのが最高裁判所の立場です。ガススタかわいそう(状態責任)。道路拡幅によって公衆全体が恩恵を受けるのだから、道路設置対象の土地収用(実際は地主と契約して土地を買上げる)と同じく、移設費用は国が負担してもいいと思うんだけど。しかも、車を運転する立場からすれば、道路が広くなるとその道沿いのガススタには寄りにくいから商売上がったりで、状態責任は酷にすぎます。
tesa
2006/05/30 22:35
>彦さん
そっか、今はコンクリート槽なんですよね(汗)
昔のトイレとか、山小屋のトイレとか、そーいうイメージが強くて^^;
下がコンクリート槽、狭い面積に対して4本の柱・・・耐震性は最強です(笑)
ねこねこ
2006/05/31 09:42
>tesaさん
>ガソリンスタンドの負担でタンク移設工事

そう言えば、私がバイトしていたスタンドの場所が、道路の二股分岐の中洲にあって、片側のバイパス化拡張工事の時に何かモメてたような・・・。そういう問題があったのかも知れません。しかも数百メートルの間に3軒スタンドが並んでた場所でしたし。

全額国負担は難しいにしても、5割負担くらいはしてほしいところですね。
ねこねこ
2006/05/31 09:57
お久しぶりです。地下に関してはお任せあれ(笑)

地下というのは、前も申し上げましたが、特に日本ではかなり堅固に作られます。たとえば、地下3階地上30階の高層ビル、使用されるコンクリート、鉄筋の量は、地上と地下ほぼ同じかもしくは地下の方が多かったりします(基礎除く)。

さらに、トイレですが、公園とかにありますよね、いわゆる公衆トイレ。あれはかなり堅固につくられていますので、地震の時に逃げ込むのには有用です。ちと臭いかもしれませんが。
ファイブ
2006/06/01 13:14
>ファイブさん
ありがとうございます^^ 当てにしてました(笑)
何度聞いても素人としては驚きます、そのコンクリートと鉄筋の量。
地下室の場合、怖いのは上が崩れて他に脱出口がない場合かなぁ。

しかし公衆トイレがそんなに頑丈だったとは!
近くにビルがあった場合、大きな地震だと頭上からガラスが大量に降ってくる恐れもありますし、屋外で地震に遭遇したら緊急避難場所として頭に入れておくのはいいですね。

緊急時用品に消臭スプレーも必要かしら(笑)
ねこねこ
2006/06/01 17:19
必要でしょう(笑)

まあ笑い事じゃなく、阪神大震災の時はトイレがえらいことになって、その臭気で体調崩す人もいたくらいですし(これはファイブの実体験:私はなりませんでしたが:苦笑)、災害時のトイレ対策ってのはかなり重要でしょうねえ。ただ、行政でもできる範囲が限られますから、民間企業も巻き込み、無災害地域からの援助としてのトイレ及び下水道仮設備敷設の展開の仕方なんてのもリスクマネジメントとして考えてほしいなあと思います。かく言う私めも震災時に仮設トイレの敷設やら回収やら手配してましたから。

地下に関しては、地震でやられるとすれば相当な地震なのでおそらく上部構造物もやられちゃってるので。。それより水の方が怖いでしょうね。九州とかでもあったじゃないですか、数年前に。あれをケアーした方がいいでしょうね。
ファイブ
2006/06/01 21:14
>ファイブさん
あぁ、やっぱり現場の人の話は、本当に役に立ちます。ありがとうございます。

トイレの問題は、本当にやるべきですね。
復興までの衛生環境にも大きく影響しますしね。

そう言えば、無印良品で非常用持ち出し袋を売ってるんですけど、被災した方々の貴重な意見を取り入れているそうです。
これまでの非常用袋になかったウエットティッシュとかも入ってて、「あぁ、そういうもんなんだなぁ」と思ったり。

現場に密着した対策とか準備って、どうしても行政だけだと目が届かない部分が出てきます。色々な業種の民間企業が積極的に企画・参加して貢献してほしいですね。
ねこねこ
2006/06/01 23:49
>ファイブさん
大事なことを忘れてた!

地下での水の怖さなんですけど、ねこねこは上部が崩壊しても脱出口があれば・・・なんて考えていて行き詰りましたorz
脱出口の出口に何かしら障害物があったら、同じことになっちゃうなと。
むむむ。水対策として何が必要なんだろう?
ねこねこ
2006/06/01 23:56
それは、たぶん今のままではどうしようもないので排水構造を帰るしかないんですね。実際、近年の極局地的集中豪雨に対し、建築基準法他で規定されている雨水の想定量(すいません、事務屋なんで実はあまりきっちりとした言葉はわかってないんで:苦笑)、つまり面積に対する想定される時間雨量ってのを大幅に拡大していく傾向にあります。流れ込むものを大きめに想定して、大きく排水できるようにする、ということですね。ハード面で何とかするしかないような気がします。地崩れより水の流れ込みの方が時間的にはるかに速いですからねえ...
ファイブ
2006/06/02 11:33
そう言えば、集中豪雨の時の冠水がここ数年ひどくなってますよね。地面の保水能力が低下していることも原因かとは思うのですけれどね。

やっぱり排水構造自体の整備が必要ですか・・・。時間がかかりそうですねぇ。

ところで、偶然明石市の建築士さんのHPを見つけまして、「災害に遭ったときの基本のキ」とも言えるコンテンツが載ってました。
面白いのでURL分割にて紹介しときますね。
http://www.ads-network.co.jp/
tokusyuu/t-19/t-19-01.htm
ねこねこ
2006/06/02 15:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
意外や意外。ガソリンスタンドは地震にも火災にも強い!?( ・∀・)つ〃∩ ヘェー 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる