言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS つーか、新聞って曜日指定配達できないのかな( ・ω・)

<<   作成日時 : 2006/04/13 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

実は、ねこねこんちは新聞取ってません。
旦那さまの方針です。
勧誘が来たら、「必要ならこちらからご連絡しますので」と無下に断ってますw
かと言って、ネットでは拾いきれないネタを拾えることもある新聞。
妻としてはやっぱ時間のあるときは時々読みたいのです。
(実は特売のチラシはいらない)
ので、欲しいときは近所の販売店で直接買います。
(朝日・読売・毎日が徒歩15分圏内に揃ってますので)


それとは関係ないかもしれないですけど、こんなニュースを。


■自民党、新聞特殊指定で議員立法の検討チーム設置
YOMIURI ONLINE記事 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060412i416.htm?from=main4
 自民党は12日、新聞の同一紙・全国同一価格での販売などを定めた「特殊指定」の撤廃を公正取引委員会が検討している問題で、新聞の戸別配達網の維持や、国民の「知る権利」の保障のための新たな議員立法の検討チーム(高市早苗座長)を、党新聞販売懇話会(会長代行・中川政調会長)の下に設置した。

 公取委が独占禁止法に基づく告示で定めた特殊指定の枠組みとは別の法的な枠組みを作り、公取委に対抗するもので、早ければ今国会での法案提出・成立を目指す。

 与野党内では、「特殊指定が撤廃されれば、戸別配達網が崩壊し、国民の『知る権利』や活字文化が脅かされる」として特殊指定の維持を求める声が大勢を占めている。しかし、公取委は「過剰規制だ」などとして特殊指定撤廃を断行する構えを崩していない。

 高市座長は12日、国会内で記者会見し、「公取委の竹島一彦委員長は、国民の代表である私たちの意見を冒とくした発言をしており、立法府として法的に担保できる枠組みを作りたい」と表明した。議員立法の形式については、「新しい法律を作るか、文字・活字文化振興法に条文を盛り込むか、独禁法に切り込むか、技術的な検討から始めたい」と語った。

 公取委の上杉秋則事務総長は同日の記者会見で、「法律で告示で(特殊指定見直しを)できると書いてあるのに、それをどう止めるのか、私には分からない」と述べた。


この件で、面白い記事を見つけました。
戸別配達網の維持は本当に不可能なのかを推察すべく、新聞社の財務諸表を見たいと調べてみた個人記者さんの記事です。

■新聞の再販制度と特殊指定はホントウに必要か?
livedoorニュース PJオピニオン記事
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1477416/detail

ふーん、公表してないんだぁ。


・・・って、えぇ?公表してないんだ、新聞社って?
上場企業は大抵新聞かHPに公表するのにね。

あっ、そもそも株式公開してないか、新聞社って。
株主の意向によって内容が偏向しないように・・・というタテマエみたいですがw


ところで、「活字文化が脅かされる」って本気で思ってるのかなぁ?
“活字文化”というのが活版印刷ってことなら、まだ分かりますけど。

ネットで活字読んでます。
本で活字読んでます。

“読めても書けない”現象は確かに問題だと思いますけど(自分も含めて^^;)、新聞がなくなったら文字に接しないということは私個人はありませんね。


法律云々はともかく、我が家はネット配信のニュースと“必要なら買う”新聞紙面で一応生活と世間様の事情を「知る権利」にも困っていないことを前提に、強引に話をしてますが^^;


素朴な疑問。

どーして新聞って週に1日とか2日とかの契約ができないのでしょう?


素人が考えうる理由としては、

週1日の契約金額では配達までの経費が賄えないから、とか。
各配達員が配達先の家を覚えて配送してるのだから、週1日とか2日では決まったルートにならないから、とか。
何曜日はそこの家、何曜日はここの家、とか戸別配達では対応しきれないから、とか。


・・・んじゃ、店舗販売にすれば?とかね、思うわけで。
コンビニとかで各主要紙を選べればより便利に。
定期購読契約のお得意さんだけ、ルート配送すればいいんじゃないかなぁ・・・なんて思ったりして。

そうすると、一戸ずつの距離が離れる地域だったらどうするか?
いまや郵政民営化されたことで、郵便物の配達も今後どうなるか分からないのに・・・と思ったアナタ!
そこにビジネスチャンスが!!(笑)

郵便、新聞、宅配、食料品、日用品・・・etc、契約先のお宅には何でも届けます!・・・っていう戸別契約宅配なんて出てくると、一挙に解決するかもですよ。

そのうちヤマト運輸さんあたりが地域ごと、自治体ごとに契約したりしてね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
つーか、新聞って曜日指定配達できないのかな( ・ω・) 言うだけならなんとでも。/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/10 02:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
きょうはここにネタっぽい連絡するはずだったの。
BlogPetのねね
URL
2006/04/13 13:30
元、新聞配達員としてお答えします(´ω`)
週1の配送はやろうと思えば出来ますよ。毎日、決められた地区を配達して回ってますから。ただ、うちとしては週1のお客って嫌ですね。だって、面倒じゃない(゚∀゚) ってのが本音なんですが、まあ、管理が難しい。新聞に広告を挟んでいるおばちゃんも、日にちによって数を変えるのって管理が大変です。
月曜日が50部、火曜日が90部というように、曜日によって配達の部数が変動するのは管理が大変。また、誤配の恐れもあります。毎日きちんと配達するには均等な部数で、毎日同じお宅を巡回するのが一番間違いがない方法なんですね。ですから、週1や週2といった契約はやらないんじゃないかなって思います。
それと、お客様によっては、時間にうるさい方もいます。決まった時間に家の外に出て配達を待っているんですよ。そういったお客さまは決まった時間に配達しなければなりません。時間管理の面からいっても、難しいかと思います。
リリー
2006/04/13 22:14
>リリーさん
ありがとうございます^^
やっぱり管理が大変なんですよねぇ。そうじゃないかと素人なりに思ってました(笑)
時間管理も厳しいのは知りませんでした。

うーん、やっぱり販売店まで買いに行かないとダメかぁ。
ねこねこ
2006/04/14 00:06
>郵便、新聞、宅配、食料品、日用品・・・etc、契約先のお宅には何でも届けます!・・・っていう戸別契約宅配なんて出てくると、一挙に解決するかもですよ。

田舎じゃ本当に出てくるかもしれません。そのうち必要になりますから。
都会の人には信じられないかもしれませんせんが、田舎の山間部の地域では、車がないと生活していけません。
しかも若い人は町へ出て行ってお年寄りだけ、なんて家が増えて来ています。今はまだいいけど、彼らもそのうち車の運転もままなら無くなってきます。
そうなった時に、こういうサービスがあれば非常に便利でしょうね。う〜ん、真剣に考えたりして・・・。
彦勘助
URL
2006/04/14 11:21
>彦さん
都心部郊外も同様です。
近所の商店街が大型ショッピングセンターに押されて壊滅状態ですし、コンビニでは賄えないものもあります。

以前バイク便の仕事をしていた頃、年配の男性から「○○という店であれとこれとそれ買ってきて」という依頼が入ったことがありました。
いつも電話があるだけで、運賃の折り合いがつかずに実際の仕事にはならなかったんですけど、需要はあるはずです。

集荷の手間やコストの問題はありそうですが、軽自動車便で自治体契約すれば、配送には問題なさそうですし。

更にドライバーが介護士の資格や救急救命士の資格を持ってたり、彦さんみたいにマッサージ師の資格を持っていたりすると、業界内で新しい商売になりそうですよね。
ねこねこ
2006/04/15 10:54
前の仕事が某ネコの運送会社でしたが、引っ越しの時期は、凄かったですね、車を止めてさぁ仕事を始めようかと降りたら、朝日と読売の販売員が転出か転入か聞いてきて、転入だったら色々お土産をお客さんに渡してましたね。
彦勘助さんの意見が理想ですけど、色々しがらみがありますから、現実では無理ですね、
読売と佐川が組んで佐川の補完的なことをしていたので(飛脚メ−ル便を読売の配達人が配ってます)、自分がいた頃は郵政との攻防で、経費を削られてぎりぎりでやっていたので。主にメ−ル便はパ−トが配達していた現状では、総合的なことが無理です、分社化してお互いの連携が出来てないのでとても無理ですね。


ZEZE
2006/04/16 01:19
>ZEZEさん
経験からの情報をありがとうございます^^

>郵政との攻防
その頃バイク便やってたと思います。
弱小零細会社では、とてもとても参入できるようなシロモノではなかったので、指くわえてみてましたよ、当時の社長が(笑)

某ネコさんとこは本当に企業努力が凄くて、自分らの業界の仕事をどんどん食われましたから、ひょっとしたらできるカモ・・・なんて思ったんですけどね^^;
ねこねこ
2006/04/16 01:51
 ↑ 自己つっこみorz
>郵政との攻防
これ、コンビニバトルでしたね。
信書の取り扱いの件と超勘違い。

ZEZEさん、大変失礼しましたm(_ _)m
ねこねこ
2006/04/16 02:16
そうです、上層部は強気でしたが、かなり、取扱店を取られてました。その為かベテランが切られて、大学受験の子供がいるのに人とか平気で首にしてましたから、それが嫌で辞めたのですが、変に留意を求められて、なかなか辞められなかったです(^^。
どうも、あの感覚にはついていけなかったですね。
ZEZE
2006/04/17 02:25
>ZEZEさん
大手は大手で大変だったのですねぇ。

そういう時って、必ず人件費の高いベテランさんが切られちゃうんですよね。
私も以前違う業種でしたけど、そういう状況を仕事場で経験したことがありまして。
「経験」っていう財産を企業は簡単に切り捨てるよなぁ・・・と物悲しく思ったことがあります。
ねこねこ
2006/04/18 20:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
つーか、新聞って曜日指定配達できないのかな( ・ω・) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる