言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS “ミスター懲罰”て・・・w サンスポの記事タイトルに笑ったので取り上げます(;´∀`)

<<   作成日時 : 2006/03/02 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

永田議員の謝罪会見を見て、
「なんじゃぃねん、そりゃ!?」
と思ったブロガーさんも多いようなんですけど、
私自身は正直、もぅ記事にする気力も湧かずに
「はぁ、さいでっか〜」
と思ってました。議員も辞めないとか言ってるし。

だけどもさ・・・サンスポ、なかなかやるな。
このタイトルは見逃せないw

“ミスター懲罰”に歴史的処分!?
 永田議員に与党激怒、除名も
 SANSPO.COM記事
  http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200603/sha2006030201.html
前日2月28日の永田氏の謝罪会見。あれは“自爆会見”だったのか…。辞職コール、除名コールの嵐が国会内で一気に吹き荒れ始めた。

「個人的には、永田氏は許しがたい」。自民党の武部勤幹事長(64)は1日午前の民放番組に電話出演し、こう怒りをあらわにした。

武部幹事長の二男に3000万円を送金するようライブドア前社長の堀江貴文被告(33)が指示した、と永田氏が指摘したメール。民主党でさえこのメールが「ニセ物」と断定したにもかかわらず、永田氏は会見で「まだ調べる」などと未練と執着をのぞかせたためだ。

与党はカンカンだ。自民党は「永田氏と民主党の会見内容のズレが大きすぎる。そこを埋めてもらわないと」(国対幹部)として、公開質問状を民主党に手渡した。

メールはニセ物か本物かの見解▽ライブドアから武部幹事長側への金の流れが事実でないことを認め、謝罪する意思はあるか▽武部幹事長側への名誉棄損をどう回復するか−の3点を問いただしたもので、きょう2日までの回答を求めた。

さらに与党が既に提出している永田議員の懲罰動議について、自民、公明両党の幹部が国会内で会談したが、ここでも「会見は謝罪になってなかった」「除名は免れない」「本来なら辞職すべきだ」などと強硬意見が続出した。

衆院議院運営委員会の理事会で懲罰動議の取り扱いを協議し、この日の結論は持ち越したが、早ければ2日にも衆院本会議で懲罰委員会への付託が議決される運びになりそうだ。

懲罰は重い処分から(1)除名(2)一定期間の登院停止(3)公開議場での陳謝(4)戒告−の4段階。除名を求める声が高まってはいるものの、小泉純一郎首相(64)が「除名は死刑宣告になる」などと除名処分に慎重姿勢であることなどから、実際には「陳謝」処分で決着させるとの見方が有力だ。

仮に除名となれば、衆院では昭和26年の川上貫一議員(共産党)以来、戦後では2例目という超異例の不名誉な処分。

もっとも川上議員の場合は陳謝処分だったが陳謝を拒否して除名となった。“ミスター懲罰”とも称される永田氏だけに、同じ道を歩むか?

★小泉首相「言動の重大さを理解していない」
小泉首相は1日、永田氏の会見について「自分の言動に対して事の重大さを理解していないんじゃないか。(問題が)落ち着くまでもう少し時間がかかる」と重ねて批判。一方、武部幹事長が懲罰動議に関し「除名相当との意見が多い。特に公明党は厳しい」と報告した際は「その考えは了とするが、そこは懲罰委員会が慎重に議論するだろう」と、強硬論とは一線を画した。

除名処分には「巨大与党が強権的に決めたと受け止められる」(自民国対筋)との懸念があり、「公の場で謝らせる方が武部氏の名誉を回復できる」と陳謝処分を求める向きも少なくない。陳謝の場合、文言は懲罰委員会で決定する。(記事文中より抜粋)


ちなみに、川上貫一議員の除名処分があった際の議事録は以下のページをどうぞ。(ざらっと探してきたものなので、私もよくわかんないのですけど)
【国会議員の懲罰とその会議録(一部)】
 『第010回国会 衆議院本会議 第20号』
  http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tyoubatu.htm#o010

ざっと会議録を読んだ限りではありますが、
今回もし永田議員が除名処分になったところで、
当時の除名処分とはずいぶん性格の違ったものになりそうですな。

なんというか・・・
今回の件は、お粗末過ぎる、っていう意味で。

※2006/03/02追記
 衆院本会議場で、永田議員が武部幹事長に頭を下げに行き、
 前原代表が小泉総理・武部幹事長と握手をしているシーンが
 フジ『スーパーニュース』で放映されていました。

 井戸端会議所に関連トピック上げてます。ご意見をどうぞ。
 http://c.webry.info/at/meaou/current-issues/commentlist.htm?circleID=dcc68803c7&categoryID=3&topicID=1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
民主党が自民党に平謝り…
本日&quot;心理テスト&quot;を更新しました!今回は美容編です。 あなたに美容のためのアドバイス。ぜひ試してみてください。 ...続きを見る
Aliiyブログ
2006/03/03 19:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
サッサッと辞職しちまいな、民主党も永田を説得して自分から辞めさせたほうが党のためになるのにな。永田自身は会見で民主党を愛していると言ったから、愛の証をみせてくれと迫りなさい(笑)。ケジメをつけたあと民主党はもうケチのついた4点セットなんかいいから、4月から施行される電気製品についての法律の施行延長に挑んでもらいたいな。そっちの方が人気挽回になると思うよ。
トトロ
2006/03/02 19:13
>トトロさん
電気用品安全法の猶予期間切れの問題ですね。
確かにこれを鮮やかにやってのけたら、爆発的な信頼回復になりそうですよね!

ほんと民主党の戦略立案は間違ってる。
ねこねこ
2006/03/03 04:00
これって、武部さんの息子さんが、
「名誉毀損で訴える!」
って事になったらどうするんでしょうね?でもそれじゃ、武部さんにとってはやぶ蛇になっちゃうのかな?えっ?『電気用品安全法の猶予期間切れの問題』って何ですか?調べてみようっと。
彦勘助
URL
2006/03/03 10:17
>彦さん
ねこねこは昨日の夕方からの動きを見て、訴訟には向かわなさそうだと思ってます。
ヤブヘビになると言うよりも、訴訟によるメリットがないっていうことかなぁ。

と書いている途中で、公開質問状への再回答があったというニュースが。
「メールは偽モノ、送金疑惑は事実無根」
という内容だそうです。武部幹事長が
「今回の回答は評価できる」
とインタビューで答えてましたから、訴訟のセンは消えそう。
息子さんの独断での訴訟も多分ないんじゃないかなぁ。父ちゃんに影響がありすぎるから(笑)

電気用品安全法については、まとめページありましたのでURL置いときますね。
http://www8.atwiki.jp/denkianzen/

坂本龍一氏をはじめとする大御所アーティストも、日本シンセサイザー・プログラマー協会を通じて署名を呼びかけているようですよ。
ねこねこ
2006/03/03 12:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
“ミスター懲罰”て・・・w サンスポの記事タイトルに笑ったので取り上げます(;´∀`) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる