言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS ほのぼの。同じ教科書のことでも、友好国ならこうなるのですね(゚∀゚)

<<   作成日時 : 2006/03/28 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

殺伐とした近隣特定国の動向をウォッチングしていると、
気分まで殺伐としがちな今日この頃^^;
国対国でもこんなほのぼのとした話題があるじゃありませんか。
今日はモンゴルとの“友好国”同士ならではの話題を。


■首相、朝青龍・白鵬らを称賛…モンゴル首相と会談
YOMIURI ONLINE記事 http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20060328i313.htm?from=main3
 「日本の大相撲はモンゴル力士に圧倒されている。いずれ、朝青龍と白鵬が東西の横綱になる日がくるかもしれない」

 小泉首相は28日、モンゴルのエンフボルド首相と首相官邸で会談し、最近のモンゴル出身力士の奮闘ぶりを称賛した。

 先の春場所での朝青龍、白鵬の活躍に触れると同時に、「二人に負けないよう頑張ってもらいたい」と日本人力士の巻き返しに期待を表明した。

 一方、エンフボルド首相は、モンゴルの物語を掲載した日本の小学校の教科書があることを踏まえ、モンゴルの教科書にも日本の昔話を載せたい意向を伝えた。小泉首相の今夏の公式訪問を求め、「どの物語がいいか、それまでに決めてほしい」と要請した。

 また、エンフボルド首相は、「大モンゴル建国800周年」にあたる4月から12月末までの間、日本人の渡航者に対する短期査証を免除すると表明した。


基礎データは外務省HPをどうぞ^^(以前の記事でも紹介したかも)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/mongolia/index.html


小学校の教科書に載っているモンゴルのお話って・・・
「スーホの白い馬」
かなぁ。お子さん向けのサイトだと思うのですけど、こんなサイトを見つけました。

【広がる「スーホの白い馬」】 http://www.ale-net.com/tokoton/mongoru/su-ho1/index.html
おはなしのあらすじ http://www.ale-net.com/tokoton/mongoru/su-ho1/ohanashi/hanashi.html
(いずれも【ALE-Net】さんより)

ちょっと悲しいモンゴルの民話なのですよね。
馬頭琴という楽器の由来を紹介しているお話でもあります。

馬頭琴については【馬頭琴世界(モリン・ホール ワールド)】を是非どうぞ。


さてさて、日本からお返しできる昔話といったらなんだろう?
日本の昔話って、結構悪役が残酷なことするからなぁ・・・(笑)
いやいや、それも「生活の教え」を盛り込んでいるからなんでしょうけどもね。
(ちなみにグリム童話なんかも、原本はかなーり大人向けに残虐ですよねぇ。シンデレラをいじめた意地悪な継母と二人の義姉は、最後には鳩に目をくりぬかれるわ、そもそも義姉のうちの一人なんかガラスの靴を無理やり履くために踵切り落としてますからねぇ・・・)



・・・と、つらつら考えててふと思いついた。

『笠地蔵』
ではいかがかなものかと^^
他者を思いやる精神が、結局は自分を助けることになる・・・っていう話だし。
つーか、日本人の子どもに読ませたいような気がしてきた(鬱)


あぁでも、「スーホの白い馬」みたいに主人公が子どもの方がいいのかな。
それとも、朝青龍を彷彿とさせるような主人公の出てくる話があったら、そっちの方がいいのかな?

みなさん、何かオススメのおはなし、ありますでしょうか?


何かよさそうな民話や昔話をご存知の方は、
首相官邸のご意見箱へメールしてみてはいかがでしょう?

いつもいつも厳しい意見が集まるでしょうから、
首相官邸の受付者もちょっとほっとするかも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【歓迎】モンゴル首相【来日】
非常に地味なニュースであんまりマスコミにも取り上げられていないようであるが、実は ...続きを見る
里山で月を眺めつつ、お茶でも飲んだら。
2006/03/29 09:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。ってそんなお久しくもない(笑)?
日本の昔話はなにがいいでしょうねえ。鶴の恩返しも結構哀しいしなあ。昔話かわかりませんが、半日村っていかがでしょ?絶対教科書にのってましたよね。あっでも環境破壊につながるか(汗)そのまえに、半日→反日(笑)、いかんブラックだ。

しかし、モンゴル出身力士はすごいですね。日本人力士にもがんばってもらいたいけど、朝青龍のあの不敵な顔、仕切り最後の右手を上げてパーンとまわしをたたく姿、かっこいー!ちなみに野球好き的思考でいうと、彼も‘松坂世代’です(笑)
ファイブ
2006/03/29 07:48
あの絵本よく読みました。
物悲しさがいい感じで、日本人にも理解できる内容でした。大陸文化とはいえ、間の国よりも日本と似た感覚があるようですね。
まんが日本昔話をカタログ代わりに見せて
選んでもらうのも手ですよ。
眠り姫
2006/03/29 13:07
昔話ではないかもしれませんが、『泣いた赤鬼』なんてのはどうでしょう?
イヤ・・・原作者が山形出身なもので(^_^;)ゝポリポリ
彦勘助
URL
2006/03/29 17:58
>ファイブさん
お久しぶりです・・・かな?やっぱり(笑)
いつでも歓迎ですよ^^

「半日村」って絵本でしたっけ。
でも、すごくいいかも。
一人の少年がきっかけで山を動かす話じゃなかったでしたっけ。“一人の力は小さくても、みんなが興味を持って一緒にやれば大きな力になる”みたいなメッセージですものね。

都市部はもう昔ほどじゃないらしいですが、遊牧生活から始まったモンゴルの方たちに、分かりやすいかも知れませんね。

ところで朝青龍、ねこねこはトーク番組とかに出てる姿も好きです。
土俵とはまた違う、本当に優しくておちゃめな性格が(・∀・)イイ!!
ねこねこ
2006/03/29 22:53
>眠り姫さん
カタログ案いいですね^^
膨大な量の民話や昔話、あと上でファイブさんや彦勘助さんが出してくれたおはなしはカテゴリ的には童話になるのでしょうし、厳選するのも大変かも^^;

だけど、今回色々考えていて他国から求められた時、「あれもこれもそれも、いっぱいありますけど、どれがいいですか?」って見せることができる日本の文化を、改めて誇らしいと思いました^^
ねこねこ
2006/03/29 23:03
>彦さん
『泣いた赤鬼』なつかしい!
山形の方が書いたおはなしだったのですね。
(ちなみに作者は浜田廣介氏)

一応童話になるようですが、最後に青鬼が永久に自分の元から去ってしまったことを知った赤鬼が「うわーん、うわーん」って泣いたシーン、すごく覚えてます。

“本当の誠実さ、優しさとはどういうことか”を考えさせられるお話ですよね。

うーん、どれもイイなぁ。
小泉さんが何を選ぶのかが楽しみです^^
ねこねこ
2006/03/29 23:13
広い近隣などをウォッチングした!


BlogPetのねね
URL
2006/03/30 14:35
いいなァたまにはこんな安らぐ話が欲しい、ジンギスカンは義経だったと言う、嘘みたいな本当みたいな、嘘の話があるけど、いつの日か日本とモンゴルが力合わせて漢民族を征服しよう、春の夢でした。
トトロ
2006/04/01 17:29
>トトロさん
ね?いいニュースですよね。

モンゴルと力を合わせたら、特亜3国挟み撃ちで一挙に粉砕ですね(笑)
ねこねこ
2006/04/01 21:56
アルバイトはじめました+.(・∀・).+$ http://jn.l7i7.com/
私だ
URL
2011/12/26 12:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ほのぼの。同じ教科書のことでも、友好国ならこうなるのですね(゚∀゚) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる