言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 始まりましたね、西遊記!

<<   作成日時 : 2006/01/11 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 10

最近、息抜き記事が多いですけど・・・^^;
以前の記事 【西遊記かぁ。懐かしいなー。。・゚・(ノ∀`)・゚・。】 で取り上げた新しい“西遊記”が始まりましたね^^
ねこねこも見ました!
初回視聴率も好調な滑り出しだったみたいです。

「西遊記」29.2%で初回放送フジドラマ史上4番目!
SANSPO.COM記事 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200601/gt2006011104.html
9日にスタートしたフジテレビ系月9ドラマ「西遊記」が、初回視聴率で29.2%を記録(ビデオリサーチ、関東地区調べ)。フジテレビドラマ史上歴代4位の初回視聴率となったことが10日、分かった。

平成13年に放送された「HERO」(木村拓哉・松たか子主演)の33.4%、同9年の「Love Generation」(木村拓哉・松たか子主演)の31.3%、同8年の「ロングバケーション」(木村拓哉・山口智子主演)の30.6%に次ぐ高い数字で、ドラマ視聴率低迷化が続く昨今としては、まさに快挙。(記事文中より抜粋)



悪役のメイクとか、アクションシーンとか、
あぁ、これこれ。この感じよねぇ。
・・・って思いながら観てました。
作り全体が『懐かしい』感じでしたね。

香取慎吾ファンのねこねことしては、やんちゃな感じがとっても似合っていて嬉しかったのですけど、深津絵里の三蔵法師はちょっと女っぽすぎるかなぁ・・・なんて。

微笑むシーンとか、目元口元にやっぱり色気がでちゃうもんなんですかね。
あくまでも玄奘三蔵は男性ですから、ちょっと色気の種類が違うような気がする。

でも、初回の最後で緊箍児(きんこじ/あの金の輪っかですね)をかぶった孫悟空を緊箍呪で懲らしめるシーンでは、唱える声がすごくよくって惚れぼれ。


あと、イメージが変わったのは沙悟浄ですかね、やっぱり。
岸部沙悟浄はぼんやり、おっとりしたイメージ(もしくは妖怪らしかった、と言うか・・・)でしたけど、
内村沙悟浄は知恵者の雰囲気。それにずいぶん武闘派で(笑)。
武闘派なのはともかく、知恵者な感じっていうのは“元・天界人”のイメージが強くなったと勝手に解釈することにしてみた^^;

Wikipedia『沙悟浄』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%99%E6%82%9F%E6%B5%84
もとは天界で捲簾大将を預かる身。天帝の宝である玻璃を割ったことで天界を追われ、南瞻部州・唐土の流沙河で人を喰らう妖仙となった。ある日、天竺に経典を取りに行く人物を探していた観音菩薩と出会い、慈悲を乞うと、「沙悟浄」という名と戒律を与えられた。
         (中略)
中国では天界を追われた天界人であることは同じだが、地上界では妖怪ではなく僧侶となっている。


アクションシーンはさすがにウッチャンなので、一番板についてましたねー^^
慎吾ちゃんも頑張れ。


これから回を重ねるごとに、どんな風に熟成していくのかとっても楽しみです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
三蔵法師は 男性 or 女性?
お正月があけて、なんだか、ひたすら忙しく過ごしました。 ...続きを見る
Gallery&E-Shop アリアST...
2006/01/11 10:10
西遊記
フジテレビのドラマ「西遊記」、初回視聴率29.2%。 快調な滑り出しですな。 開始前の番宣もチカラ入れとったし、キャスティングもかなりエエし、当然といえば当然。 ワシも見たけど、& ...続きを見る
雅王の遠吠え
2006/01/11 13:17
西遊記視聴率好発進!歴代4位!功名が辻は苦戦発進!西遊記と言えば・・
フジの看板、「月9枠」の新ドラマ「西遊記」が始まった! キムタクも登場して、29.2%! 歴代4位の高視聴率での発進となった。 一方、大河ドラマ「功名が辻」は、北条時宗以来の、視聴率20%割れ発進! 視聴率は関東地区で19・8%、関西地区で18・7%とのこ... ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/01/11 19:17
西遊記 第一話 焔の国
それは、まだ空に龍が飛んでいた頃の物語。 三蔵法師(深津絵里)がこの世に平和をもたらすというありがたいお経を持ち帰るため天竺へ旅立った。 ...続きを見る
テレビお気楽日記
2006/01/12 01:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私も見ました。見ながらも、どうしても頭の中で『モンキーマジック』や『ガンダーラ』が流れたりして(笑)。
慎吾ちゃんの悟空、やんちゃ加減がちょうど良くて、意外と(失礼)はまり役でした。でもあのスケボー風の筋斗雲ちょっと・・・。
でも面白かったです。これからも期待できそうです。
彦勘助
2006/01/11 16:40
コメントありがとうございます。

同世代ですか!
あの頃は、誰しもはまりましたよね!

どうしても、昔のイメージが強すぎて比較してしまう人が多いようですが、やはりそれは、それとして、平成の西遊記として、色を出して行けばいいと思います。

これを機に今後もよろしく御願いします!
「感動創造」
URL
2006/01/12 00:29
>彦さん
あぁ、ゴダイゴの呪縛が(笑)

あの雲、やっぱ気になりました?
私もです!スケボーっていうかスノボっていうか^^;

何故あーなったのか・・・何かの伏線だと・・・思いたい(笑)
ねこねこ
2006/01/12 05:10
>「感動創造」さん
いらっしゃいませ^^
コメントありがとうございます。

かつての西遊記に負けず劣らず、キャラがいい感じなので楽しみですねー。

こちらこそ、今後もよろしくお願いします^^
ねこねこ
2006/01/12 05:13
ガンダーラ、ガンダーラ..♪いやね、ほんと比較してしまうんだよなあ、やっぱり夏目雅子がよかったとか(苦笑及び合掌..)。嫁はんとぶちぶち言いながらでも最後まで見てました。嫁はんに言わすとぶちぶち言いながら最後まで見る私はかなりそれを気に入ってる認定となるそうです(笑)。
ただ、かとりくんの長回しのセリフが..脚本家さん、もう少し考えてほしいなあ。それと確かにきんとうん、あれは雲であるべきです(笑)でもこのクールは結構楽しめそうでうれしいです。
ファイブ
2006/01/12 07:57
「感動創造」さん、はじめまして。
多分同世代です。ドリフの西遊記までご存知だったとは。♪ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンが三蔵〜♪な〜んて。
ちなみにもう一つ、マンガ界の巨匠・手塚治虫さんの『悟空の大冒険』ってのもあったんですが・・・古過ぎました?
夏目雅子さんの玄奘三蔵。気品があって良かったですよねェ。まあ、深津絵里さんの玄奘三蔵が悪い!と言う訳ではないのですけど、でもついつい比較しちゃいます。
でも今回の配役もけっこう揃っていて、楽しめそうですね。
彦勘助
2006/01/12 11:10
きのう、ここまでねこを西遊したかも。
ねこねこと滑り出しを西遊したかったの♪
BlogPetのねね
URL
2006/01/12 14:04
>ファイブさん
>長回しのセリフ

あはは。大見得切るのがちょっとぎこちないと言えばぎこちなかったですね。
「息を呑む」ような斬新さは初回ではなかったですけど、これから楽しみです。

ねね!よし、天竺行くか(笑)
ねこねこ
2006/01/12 14:26
みなさんほんと意見がさまざまですね!!夏目さん懐かしいなぁ!!八戒はとん平ではなく西田さんですね!!人形劇のかとちゃんも好きだったなぁ!!
お気楽
URL
2006/01/12 19:51
>お気楽さん
人形劇のは、キャラの顔がドリフのメンバーの顔になっててすごく好きでした^^

最近同年代の人たちがきっと企画の主導権を担う地位になったから、懐かしいシリーズがいっぱいなのかなーなんて思ってます^^
ねこねこ
2006/01/12 20:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
始まりましたね、西遊記! 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる