言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに見た、クイズミリオネア^^

<<   作成日時 : 2006/01/19 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日、お正月スペシャルの続編で、北村弁護士のチャレンジを放映してました。
最近まで一回も見たことなかったんですけど、年末の放送で堺正章が出ていた時、応援の小堺一機と司会者のみのもんたとのトークが面白くてねぇ。
今日もやってたので、ついつい見ちゃってました。
そうそう、今日見てて初めて知ったんですけど、小泉孝太郎が1,000万獲得したんですね。知らなかったー^^;


あ、そうそう、何で今日の記事にしてるかっていうと、
北村弁護士が1,000万円チャレンジの問題で、考えてるときにぶつぶつ言っていたことでちょっと色々思ったから。

応援は娘さんと丸山弁護士。丸山弁護士は目の前のテーブルにお銚子とお猪口を置いて、一杯やっちゃってましたが^^;
1,000万円チャレンジまでは、割とスムーズだったかなぁ。

あ、『紫式部の就いたことのある職業』
A.料理人  B.家庭教師  C.書記官  D.陰陽師
については、「えぇ〜?知らないものなの?」くらい思ってしまいました(笑)。
興味のある分野は、人によって様々ですね^^

んで、肝心の1,000万円チャレンジの問題が以下。
Q.教員の初任給を基に 初代首相 伊藤博文の年俸を 現代に換算した金額は?
  A.450万円  B.4,500万円  C.1億4,500万円  D.4億5,000万円


北村弁護士の答えを導き出すまでの呟きなんですけど、私はこれを聞いて「意外とロマンチストだなぁ」と思いました。
えぇと・・・記憶と急いで取ったメモが頼りなので、一字一句そのままではないですけど。

 「まず明治政府に金があったかどうかだよなぁ・・・」
      ↓
 「税収はあったのかな・・・。あ・・・ったよなぁ・・・」
      ↓
 「B.は今の首相と同じくらいだから・・・違うなぁ」
      ↓
 「すごーく多いか、すごーく少ないかどっちかだよなぁ・・・」
      ↓
 「明治維新・・・新しい日本を作る・・・金なんかいらない!・・・とか・・・」
      ↓
 「教員は新しい社会を支える人材を育てる・・・から・・・」
      ↓
 「・・・先生の給料は高くて・・・そうであってほしい!!

で、北村弁護士の選んだ答えは、 A.450万円 だった訳なんですけど、残念ながら不正解。

でも、何かその“人材を育てる”云々のあたり・・・ちょっと共感してみたりして。
まぁ、新政府樹立直後は政府要人と言えども、なんだかんだ言って持ち出しが多かったんだろうけどもさ。


その後紹介された内容としては、
内閣総理大臣の給与が始めて定められたのは、明治18年。
当時の教員の初任給は60円。
内閣総理大臣の月給が約800円なので、年俸はなんと9,600円

【資料】東京新聞『日々激動』 http://www.tokyo-np.co.jp/120th/henshu/gekidou/gekidou_040507.html

教員の初任給を基に現代の価値へ換算すると・・・


なななんとD.4億5,000万円!!
※2006/01/20 六等星さんにコメント欄にて正解を教えていただきました!
 ありがとうございました^^


??あれ?どっちだったっけ。
うわ。正解CかDか忘れた!!計算してみると多分・・・C?何か、Dだったような気もするけど・・・。
覚えてる方・・・教えてくださーい(ごごごごめんんなさい・・・大汗)



ともあれ、今とはケタ違いの格差。
それを「こらー!!」なんていう気はなくて。
要するに、そういう時代だった、そういうことですよねー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。北村弁護士でブログを検索してここへ来ました。

確か、答えは4億5000万円です。
結果的には残念でしたけど、最後まで逃げなかった北村先生がかっこよかったです。

六等星
2006/01/19 23:10
>六等星さん
はじめまして^^ようこそいらっしゃいました。

答えありがとうございます!
後で計算しようとしても、どーしても換算できなくって・・・^^;

北村先生、「お金じゃないんだ。最終問題まで挑戦したいんだ」ってきっぱり言ってたのが素敵でしたねぇ。
ねこねこ
2006/01/20 07:59
ウチの死んだジイちゃん、明治36年生まれで小学校教師してましたけど、よく愚痴ってました(孫の前で)。
「昔の、ジイちゃんの頃の先生なんてのはな、あ〜、『教育者は聖職者』だ!と言われて尊敬はされていたがな、あ〜、安い給料でガマンさせられたモンだ。」
その安い給料で子ども7人を育てたんだから、大変だったろうなァ・・・などと、三人の子持ちの彦さんは思ってしまいます。
あ、それから、明治の頃の政府関係者の給料って、とんでもなく高かったと記憶してますよ。それだけの高給を払うから、一刻も早く欧米に負けないだけの国を作れ!ってことだったのでしょう。
彦勘助
2006/01/20 14:19
>彦さん
でも、学校の先生って、社会的な地位は今と比べ物にならないくらい高かったですよね?
う〜ん、働く当人にしてみれば大変だったでしょうけど、お祖父様は誇りを持っていらっしゃったでしょう。もー今の事件を起こすような教師どもに爪の垢を煎じて飲ませたいです。

>それだけの高給を払うから、一刻も早く欧米に負けないだけの国を作れ!

当時外遊(って言っても、社会制度の勉強とか?)の費用は随行員も含めて自腹だったとか。・・・結局国を作るために自腹を切ってたっていうか、国自体脆弱だったからそこまで求められなかったっていうか。
結局明治維新がお公家さんと各藩の偉いさんの子息を中心に立ち上がったのは正解だったのかも知れませんね^^
ねこねこ
2006/01/20 18:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久しぶりに見た、クイズミリオネア^^ 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる