言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 投票率67.08%!(°д°;;)イッパイ・・・

<<   作成日時 : 2005/09/12 10:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

皆さん、投票お疲れさまでした。
投票所によっては、なんと行列になった所もあったようですね。
やはり、今回の選挙は投票率上がりましたね。地域によっては70%を超えたところもあったようです。

東京新聞記事 http://www.tokyo-np.co.jp/00/kgw/20050912/lcl_____kgw_____005.shtml

争点が非常に分かりやすかった、ということと小泉首相の演出による劇場化効果というか、広く有権者の興味を惹きつけたということがまず原因の一つだったと思います。

その他にも、「どうやら今までみたいに任せっきりではダメみたいだぞ」という危機感が漠然と有権者に広がったってこともあるでしょうね。
ねこねこも今回強烈に興味を持ったのは、
「どうも今までみたいに誰がやっても同じ、ってのとは違うみたいだぞ」

と感じたから。


フタを開けてみれば、小泉自民党の圧勝という結果に。
中には「より大勢に流される日本人の特質が前面に出てしまった選挙だった」というまとめの意見もあるようですね。

ねこねことしては、多くの人が
「日本は変わらなくてはいけない」
という認識を持っているから、こういう結果になったと思います。
そして日本が変わる方法のとっかかりとしての郵政民営化に
「まず、やれ」
という判断を下したんだと。具体的に実現可能になっている改革は、今のところこれだけだしな、っていうところかしら。

残念なのが民主党。もう少し頑張ってほしかった。
ねこねこは小泉自民党支持ですが、民主党の中にも良い政治家はいっぱいいるんですよね。
ただ、基本理念にどうも不安がありすぎる。
野党としてはいてもいいけど、今政権を握ったら本当に取り返しのつかないことになるんでは?っていうところ。
民主党内の個々の政治家を見ると、
「この人が民主党員でなきゃ投票するんだけどなぁ」
って人がいっぱい。しかも、個々の政治信条を見ると極左めいた方〜実は右だよって方まで、一つの党内でハバがありすぎ。
多様性は尊重するべきことですが、安定して改革を進める為には障害になりかねないし、紛糾した挙げ句何もできませんでしたって可能性もある。

民主党の出番はまだかなーり先かな、と。
次の代表が誰になるかによって、国民が今後政権交代に関する選択肢を持てるか、その芽がなくなるか、ここにも日本の行く先を左右する重要な転機がくるでしょうね。
ここで終わりじゃないんで。
自民党がおかしなことになった時、政権交代できる力のある政党がないっていうのは国民にとって不幸なことですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感です。民社党も幅が有り過ぎますが自民党も色々。どちらの党も世代間での違いがあるように思います。55年体制時代の方には早く引退していただきたいです。
田舎者
2005/09/12 10:44
>田舎者さん
コメントありがとうございます^^
そうですね、ねこねこも世代間の違いは年々広がっているように思います。
政党がどのようにあるべきかという認識も、もう明らかに変わってきてますしね。
野党も反対だけしてればOKみたいな認識では、党の存続自体が危ういんだということが分からない方は第一線から退くことになると思います。

政党内での幅はある程度なきゃ困りますけど、ものには限度ってものが^^;
大きな幅を派閥でどうにかまとめてた、っていう時代が終わる象徴的な選挙だったのかも。
ねこねこ
2005/09/12 11:27
>「日本は変わらなくてはいけない」
>という認識を持っているから、こういう結果になったと思います。
>そして日本が変わる方法のとっかかりとしての郵政民営化に
>「まず、やれ」
>という判断を下したんだと。

私もそう思います。
確かに「大勢の意見に流される」はあったかもしれません。
ただ、自分自身こんなに関心を持って臨んだ選挙は今までにないです。
多くの人もそうでしょう。
いろんな根深い問題が山積みですけど、ああでもないこうでもないという議論ばかりで時間が過ぎるのはもっと問題。
「とにかく早く手を打たなければならない」という危機感が、多くの国民の心を揺さぶったんじゃないでしょうか。
さかちゃん
2005/09/12 13:08
衆議院が“郵政解散”した時、民主党の岡田・菅両氏がニヤニヤほくそ笑んでる映像がTVで流れてました・・  俺は「こいつら真性の馬鹿なんだ」と呆れて見てました。  民主党の得票の多くは自民党への“批判票”・・ これを自分達への“積極支持票”と、どうやら本気で勘違いしていたんですね・・  彼ら、自民が割れれば“漁夫の利”があるとあの時期は単純に思ったんでしょう!?

実際は、小泉総理が造反議員の選挙区へ次々と“刺客”を送ったところで既に勝負がついていた。 自民執行部への“批判票”は今までの様に民主には流れず対立軸の“造反派”にいくのが素人の俺にも予想がついた。  つまり、今選挙は「自民を壊す」だけでなく「民主(岡田&菅)潰し」でもあったわけだ。  また、今回は“自民単独過半数”のおまけまで付いた。
公明も今までの様な怪しい法案は出し難いだろう・・・。
「取り過ぎたな・・」神崎が“いやらしい”しかし“本音”を洩らしていた。    
心配といえば、人権擁護法案・外国人地方参政権反対で勢力的に活動していた城内実の落選と、同じく頑張っていた古川禎之・古屋圭司、そして平沼氏等の今後だ・・・
レインボーマン
2005/09/12 17:44
入力ミス: 勢力的→精力的
*Re :レインボーマン
2005/09/12 17:51
>さかちゃんさん
こんばんは。本当に日本は『待ったなし!』の状態ですものね。
今回の選挙で小泉首相は、国民に対してこれまで漠然としか捕らえられていなかった問題の深刻さを訴えた、いや問題を国民に突きつけて喝を入れた、とも言えるでしょうね。
小泉首相の政治手法や郵政民営化の詳細について、世論は不安も大きいようですが、『国民一人ひとりがきちんと考える』機会になったという意味で、日本にとってターニングポイントになったと思います。
ねこねこ
2005/09/13 00:17
>レインボーマンさん
こんばんは^^ 初めまして・・・かな?

>民主党の得票の多くは自民党への“批判票”・・ これを自分達への
>“積極支持票”と、どうやら本気で勘違いしていたんですね・・ 
>彼ら、自民が割れれば“漁夫の利”があるとあの時期は単純に
>思ったんでしょう!?

旧態依然とした認識の政治家は、みんなそう思っていたでしょうね。
『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』と言いますが、今回の民主党の選挙戦を見ていると、敵を見くびり又己を省みないといった印象がありました。今回は自滅でしょう。
かつ小泉首相も最初から民主は相手にしてないって言うか・・・^^;
ただ他の政党に比べれば、政権を担当できる可能性が一番高いので、力を付けて欲しいです。代表が変わって、『国家主権の移譲』なんていうおバカな政策理念を手放して頂くことが第一条件ではありますけど。

外国人参政権については、ねこねこも大反対です。
城内氏は残念でしたけど、本当に必要とされている人材は何だかんだ言っても、また国民の求めに応じて復活すると思ってますので。
ねこねこ
2005/09/13 00:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
投票率67.08%!(°д°;;)イッパイ・・・ 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる