言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のジャーナリズム全体の課題かな。┐( -"-)┌

<<   作成日時 : 2005/09/08 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

先日のエントリーでも取り上げた、朝日新聞の不祥事。
これまでも度重なる不祥事がありましたが、先日の取材メモ捏造によってついに時限爆弾が炸裂した感じですかね。
ようやく責任者による記者会見があったようです。

東京新聞記事 http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20050908/mng_____sya_____007.shtml

社長コメント全文はこちら↓(中国新聞に掲載されたもの)
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005090701003108_Detail.html


ネットの世界では、もう既に新聞やTVの報道に関する信頼性は失われつつありますが。
朝日新聞に限らず、どこの報道機関にも不祥事が起き得る危険性が潜んでいるのではないか。

事実報道だけであれば、どこの報道機関が掲載・放映するニュースなど内容にはそれ程差違は出ないでしょう。
でも、それでは商売にならない。
そこで、記者が足で稼いで来たよそでは掴んでいない情報がポイントになる訳です。
または社説や論説、解説などでそれぞれの会社のカラーや立場を明確に出すとか。

ところがね。今の報道って、記事にも個人的な見解が盛り込まれてしまって情報としての価値が低いんですよね。

それが最も顕著なのはTVのニュースショーかな。
キャスターが個人的見解を述べるのは結構ですが、事実報道とは明確に分けてほしいなぁと思う今日この頃。
インタビューやディベイトともなればキャスターが司会者にもなる訳ですが、そこにも中立性が全く見られないですね。
自分が主張してどうするよ?

ニュースショー自体には賛成なんですよ。
新聞で言う社説的なものとして。エンターテイメント性があるのも面白いし。

ただ、そんな番組しかないってのは問題ですよねぇ。

新聞・TV両方に言えることですが、面白い内容作りにかまけるあまり報道の質がゴシップレベルにまで下がるのは勘弁してもらいたい。
ましてや今回の朝日新聞のように、記者自身が“功名心”で不正をするような社内体質(社内の評価基準)は、情報を受け取る側には大迷惑でしょう。

読者・視聴者側にも、ワイドショーやゴシップを期待する姿勢がありますが、それは報道の一側面でしかないので、揺るぎない基本姿勢を改めて確立してもらいたいですね。

★2005/09/08 21:34 追記★
TV番組娯楽系コーナーも破綻しているようでした・・・
しかも情報番組でっせ。↓おねばさんのブログに詳細記事ありますよ〜↓
【おねばのエール】http://ameblo.jp/sakurasaku0634/entry-10004125084.html
もう勘弁してほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヤラセ報道と高校野球部喫煙
NHKとフジテレビのヤラセ報道が相次いで明るみになった。 NHKは台風14号の被害を誇張するために、梨畑に収穫していた梨をばら撒き、さも台風の被害によって枝から落ちたように演出された絵を撮っていたところを同業他局に見つかった。 ...続きを見る
かきなぐりプレス
2005/09/09 00:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも〜TBありがとうです〜しかも記事の中でも紹介してもらって、いや〜嬉しいって言うか・・恥ずかしい文で申し訳ないです(汗
おねば
2005/09/08 22:30
>おねばさん
いやいや、何をおっしゃいますか。いつも楽しい記事なんで前々から紹介しようと思ってたんですよ^^
これからもよろしくお願いしますね。
ねこねこ
2005/09/09 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本のジャーナリズム全体の課題かな。┐( -"-)┌ 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる