言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS だから、信用できないんだってば。つД`)

<<   作成日時 : 2005/09/20 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

一体いつまで引っ張る気なのか、北朝鮮。世界はそんなにヒマじゃないぞ。

6カ国合意 一夜で暗転 『軽水炉』米朝食い違い
東京新聞 記事 http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050920/eve_____kok_____000.shtml

北朝鮮、核廃棄の前提として軽水炉要求
CNN記事 http://www.cnn.co.jp/world/CNN200509200001.html

ま、今回も北朝鮮の要求がそのまま受け入れられるわけもないが。

ねこねこ作、例え話。
昔々、ある所に一人の男の子がいました。以前から色々な事情で、周りの大人ができるだけ気にかけてきた子です。その子が、ある日を境に剥き身のナイフを持ち歩くようになりました。

「危ないから、そのナイフをこっちへおよこし!さあ!」
と周りの大人が言ったところ、当人はそれを隠して
「持ってないよ!なんだよぅ、勝手に人の部屋のぞくなよぅ!!」
と言う。よくよく話し合ってみると
「違うんだよ。ナイフは持ってるけど、前はちゃんと鞘におさまってたんだ。それに、人に投げつけたりするんじゃなくて、ボクはナイフを使って、鉛筆を削りたいだけなんだよ。だけど、収める鞘がもう古くてボロボロになっちゃったんだ。」
と言う。
兄弟が、
「じゃぁ、ボクの鉛筆削りを使ったらいいよ。貸してあげるから」
と言ったが、それでは納得しない。どうしてもナイフが使いたいと言う。
それならば、と大人たちは、
「じゃぁ、一旦ナイフをこっちに貸してごらん。前から見てて思ってたんだけど、いい子にしてたら、ちょうどぴったりの格好いい鞘を作ってあげられると思うんだよ」
と提案した。
その子も「ホント!?鞘を作ってくれるのかぁ。格好いいやつだよね!」
と、大乗り気。

そして、大人が
「分かってくれてよかったよ。さぁ、ナイフを貸してごらん。」
と言ったとたん、その子は叫んだ。
「ダメだよ!!鞘が先だよ!!!」


・・・・・・_| ̄|○

しかしね、これで百万歩譲って軽水炉が提供されたとしよう(まずありえないが。)
それを今の北朝鮮の国力で、正常に動かしていけるのか?
きちんとメンテナンスして事故発生を防ぐ有効な安全策がとれるのか?
その費用は自分で出すんだよ?

絶対無理。 (゚Д゚;)

万が一のことがあれば、日本も影響なしってわけにはいかない。
大事故ともなれば、日本だけじゃなくて地球環境へ与えるダメージはどれ程になるか。

せめて最低限正常に運営できるだけの基礎がなければ、そもそも成り立たない条件だと思うが。

マンガの話で申し訳ないが、
『沈黙の艦隊』(かわぐちかいじ)で、作者が主人公に言わせた言葉がある。
「核兵器の持つ本質的な脅威とは、核兵器を持つ者への不信感に比例して高まるのです。つまり、私(主人公)への不信が私の核への恐怖です」


だからと言って、今の国際社会において「信用ある国」が必ずしも保有している訳ではないが、それは一旦横に置くとしよう。
明らかにその信用をもう既に失っている相手に、核を持たせることは、それが現時点で兵器の形をしていなくても世界的な脅威、自殺行為であることに間違いはないと私は思うが、どうだろう。

この点はアメリカもよく分かっている筈だ。
だから、軽水炉提供の具体的な時期をどうしても今提示するわけにはいかなかった。
とにかく核査察を受け入れさせて、その後はあれこれ理由をつけていつまでも実現化しない夢をみさせておこう、くらいに考えてるかも知れない。
核がないとなれば、今後半島統一の動きが加速しても、リスクが一つ減るわけだし。

一つ言えることは、この問題が解決しない限り、日本は国交正常化に踏み込むべきじゃない。
ただ“合意した”ってことだけで動き出せば、後々とんでもない危険なお荷物を背負い込むことになりかねないんだから。

沈黙の艦隊 全16巻セット 講談社漫画文庫
沈黙の艦隊 全16巻セット 講談社漫画文庫

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
6カ国協議。。。
北:軽水炉の言及がない核放棄の共同宣言を受ければ、金主席の政権は危ない。軍が主導権をとるクーデターにより韓国及び日本は戦火にまみえる事につながってしまう。 韓:それには耐えられない。 中:米国が署名しないのなら、戦争が始まる責任は米国が取らなければならない。 こんな裏話があったのでは。。。。 ...続きを見る
ikeday1な日々
2005/09/22 07:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
だから、信用できないんだってば。つД`) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる