言うだけならなんとでも。

アクセスカウンタ

zoom RSS 人を刺すのにためらいはない・・・のか?Σ(゚д゚lll)

<<   作成日時 : 2005/08/24 03:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

中3男子生徒、警部補を刺す。拳銃を奪うのが目的。

NIKKEI NET記事 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050823STXKC067423082005.html
asahi.com記事 http://www.asahi.com/national/update/0823/TKY200508230371.html
YOMIURI ONLINE記事 http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050823i312.htm

asahi.comの記事によれば、「拳銃を奪って自殺しようと思った」とか。


実際のところはこれからまた報道されるんでしょうけど、そもそも人を刺すことにためらいはなかったんだろうかと。

刺殺事件自体はそれ程珍しいことでもないようですが、
大抵の場合感情が激した挙句に気づいたら刺してたヽ(´Д`;)ノとか
もみ合いになって結果的に刺しちゃった((;゚Д゚)とか
そんなパターンが多いようです。

現在報道されている内容から見える状況は、
「夏休みの自由研究の課題で取上げたいので」
という近づき方と言い、あえて警部補が自分に背中を見せる状況を作って刺したことと言い、冷静そのものの印象を受ける。

しかも、刺されるまでの約30分間、警部補は資料を見せたり日頃の仕事について話したりしている。対面して話をしていて、それと分からないくらい普通な様子だったのか?


普通、相手が余程のことをしない限り、対面して話した人を刺したりなんてできないものでは?
通り魔的に手当たりしだい刺しまくるっていうのと違って。
相手の生活背景が少しでも分かる状態で、自分の目的の為だけにためらいなく人を傷つけることができるっていうのは・・・どうだろう。

自殺のための拳銃を手に入れたかった、という動機も大きな問題だが、
人を傷つけることをためらわない価値観っていうのも相当大問題ではなかろうか。

これまでの少年犯罪だと、弱者を狙って・・・という印象があった。
それが、いくら拳銃欲しさからだって警察官を襲おうという発想が凄すぎる。
普段事件なんて起きない地域の駐在所だから、「勝てる」とでも思ったのか。


天晴れなのは、刺された警部補。
重症を負っても職務は果たしてるあたり、日頃の鍛錬がどれだけイザっていう時に役立つものなのか身をもって証明してますねぇ。感心。
無事に回復することを心から祈っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
またか!少年犯罪
14歳の少年が、警官を襲撃する事件 が起きてしまった。 ...続きを見る
おねばのエール
2005/08/25 06:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとう〜
>人を刺す
普通は血を見ることは怖いことのはず。
刺すという行為も、出来るもんじゃない。
切羽詰まってとか、逆上してとかそんな心理状態でやるわけでは無く、
計画的、ある意味沈着冷静に事を成すところが、恐ろしいですね。
おねば
2005/08/25 06:27
>おねばさん
こちらこそ、ありがとうございます。
そう、普通はそうなの。本来なら頭でいくら考えようが、実際に計画を練ってみようが、イザって時は心理的にストップがかかるはずなんですよ。
社会性だとかいわゆる“良心”だとかによって。
そのストッパーが正常に機能していないことが、ホントに怖いです。
ねこねこ
2005/08/25 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
人を刺すのにためらいはない・・・のか?Σ(゚д゚lll) 言うだけならなんとでも。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる